くいいじ 上巻

著者 :
  • 文藝春秋
3.75
  • (54)
  • (88)
  • (97)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 697
レビュー : 99
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163708706

作品紹介・あらすじ

どうにも止まらない自らの「喰い意地」を描いた、安野モヨコ初の食べ物エッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 食べ物にまつわるエッセイ。
    この方は漫画家さんなんだけど、文章も上手。
    ものすごくこだわりがある、というわけではないのだけど、
    ものすごく丁寧に調理をして、食べることを楽しんでいるのが
    読んでいて気持ちいい。
    締め切りが迫ればジャンクフードやら、出前物を食べるけれど
    それもただ食べるだけじゃなく、やっぱり楽しんでいる。楽しいエッセイ。

  • おしゃれ画報の楽しそうな文章と、イラストが好きな方にはおすすめ。
    ヒット漫画家とカリスマアニメ監督のおしゃれ鎌倉ライフ~?みたいな人はやめとけ。
    みくしーの日記じゃないんだから、読んでいる人を意識して書くのは当然だと思うんです。
    私はこういうの好きだ。
    ベジタリアン(単なる食習慣というか偏食みたい、とんこつらーめん食べるから……って綾波かよ)の監督と肉食女子の筆者の食ライフは大変そう。
    甘いものが嫌いな辛党の奥さんと、甘いものだいすきーな旦那さんの組み合わせって、めるへんめーかーさんの読み切りであったわ。愛し合ってるけど別居してた王様と王妃様、子供心に食生活の違いって大問題なんだと理解した覚えがありますが、愛があっても譲歩がなければ続けていけないのね。
    そういった意味で、このお二人というか筆者はかなり譲歩しているのかな、と思いきや、その違いをちょっと楽しんでいる様子。

    でも、いまどきの編集さんって料理もできんといかんのね。
    とってもおしゃれでおいしそうでした。

    装丁かわいいんだけれど、いちいち箱から取り出さないといけないのが億劫かも。

  • やっぱり安野さんはおもしろいなあー!立て続けに2回読み返したほど。
    連載が進むにつれてこなれた安野節が出てきていい味に出てます。挿絵もいい。安野さんのセンスが好きだ!
    上等じゃないって謙遜しておられるけどとてもまっとうな食文化を持ってらっしゃるんだなと感じます。一方でジャンクフードへの情熱も隠さないのが人間くさくていいな。
    早く下巻も読みたい!

  • (2018/10/4読了)
    文庫化されたのを見て気になってた本。私が図書館で借りたのは、文庫でもなく、こんなに可愛い装丁のではない本。だけど、発行と上下巻に分かれていることが同じ。
    「くいいじ」というタイトルに惹かれたのは、自分も食べることが好きというより、くいいじが張っていると思うから。作中に、童話のおおきなかぶから、力を合わせることを学ぶところ、安野さんは食べ物としての大きなかぶを記憶しているという。ヘンゼルとグレーテルの話で、パン屑やお菓子の家に気持ちが傾いていた私と重なる。
    さらに、食べ物のことを考え出すと止まらなかったり。
    安野さんはお料理下手と謙遜されてるけど、安野さんが下手なら、私の作っているものはお料理ではない。やっぱり、食べ物の本を出す人は、お上手なのだと思います。
    続けて下巻を読みます。

    (内容)
    どうにも止まらない自らの「喰い意地」を描いた、安野モヨコ初の食べ物エッセイ集。

  • 食エッセイが好きな方におすすめのエッセイです。

  • 安野さんの断食話に妙に納得。
    断食後とてつもなく食べたい欲求が沸いてきたら、食べるのでなくバカみたいに調べるとと欲求が満たされて、満足する。
    私は、大学生の時猛烈にスープカレーにハマり、週5ペースで食べていたので、バイト先でカレー好きの同僚と美味しいカレーを求めて札幌を巡りました。もちろん今でもカレーは好きですが、寝ても覚めても食べたいと思う程の情熱は無くなってしまいました。あの時欲望のままにカレーへの探求を進めたから、現在カレー欲は人並みになったんだろうなと納得しました。
    とにかく私は、ハンバーガーが食べたくなりました。食べることが好きな人には、共感できる内容です。

  • たまたま図書館で借りたら安野さんのサイン付きで嬉しかったです。
    ほんの装丁が好き。料理評論家でもグルメでもないという前置きも好き。
    私もグルメではないけど私なりの食に対する決まりというか、譲れない好みのようなものがあるので共感できました。

  • 安野モヨコさんのエッセイはどれも好きですがこれも面白く読みました。本人は美食家ではないと念を押していますがかなりの食通だと思いました。美味しいお店や行きつけがいくつもあるし自分でも作るし仕事中の出前にもこだわる。読んでいるとお腹がすいてきます。

  • うーむおいしそう。
    甘いものが苦手、という人々の感覚がいまいちわからない…というか信じきれないような気持ちがあったけども、そういうものなのだな、と納得した。
    あと旅館の菜食主義者のメニュー、試してみたくなりました。

  • 食べることへの思い入れ、共感できました。
    私も食をもっと見つめなおそう。

全99件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。「働きマン」「さくらん」「ハッピー・マニア」などの作品がある。「シュガシュガルーン」で第29回講談社漫画賞を受賞。現在『AERA』で「オチビサン」を連載中。

「2019年 『鎌倉オチビサンポ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安野モヨコの作品

くいいじ 上巻を本棚に登録しているひと

ツイートする