空が香る

著者 :
  • 文藝春秋
3.38
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163720906

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短歌や詩をもとに呼び起こされる記憶をシーンレスな作者の研ぎ澄まされた感覚で拾い上げ、彩り豊かに書き起こしたエッセイ。

    ☆☆☆
    言葉豊かに書き上げられているけど、必要以上の美化に辟易して途中で止めてしまった。

  • 滝涼し神ありとせば濡れてゐむ

  • In this collection of essays, Sannomiya observes the seasons using only her sense of hearing, touch, and smell, and by doing so, succeeds in drawing the reader into a positive and loving perceptual world.

    Sannomiya became what she calls "sceneless" at the age of four after a botched eye operation. This term signifies that while she cannot see the scene in front of her, she can create her own imagery in her mind. By repeatedly using the word "sceneless" in her works, she has tried to popularize the term to replace more common expressions like "visually impaired" or "disabled."

  • ああ、自分の生きる世界はこんなに美しいものなのかと
    はっとさせられる本で
    自分の五感を、ないがしろにしてる自分に気づかされる。

全4件中 1 - 4件を表示

三宮麻由子の作品

ツイートする