絵のある自伝

著者 :
  • 文藝春秋
3.71
  • (14)
  • (26)
  • (20)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 191
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163747002

作品紹介・あらすじ

過ぎたことはみんな、神話のような世界-なつかしい子ども時代のことから、『街道をゆく』の司馬遼太郎さんのことまで、色彩豊かな、世界的人気画家の心の情景。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 画家、安野光雅さんがご自身の半生をご自身の挿絵入りで綴ったまさに「絵のある自伝」
    もともとは日本経済新聞の「私の履歴書」欄に寄せた文章に、今回、大幅改稿大幅加筆して本にしたもの。
    安野光雅さんの絵って素敵なんですよね♪
    いくつか本も持っていますが、この「自伝」の文章を読んで、安野さんの物の見方、感じ方にすごく「いいなぁ~」と思ってしまいました。
    安野光雅さんは大正15年(昭和元年)島根県生まれ。書かれているのは時代からいってまさに昭和史そのものなのですが、寅さんのようなお義兄さんがいたり、炭鉱で朝鮮の人たちと一緒に働いたり、兵役の時の話や教員時代と、時に可笑しかったり、ジーンときたり、ホロリとさせられるエピソードがたくさんあります。
    自然を、社会を、大人たちを、人間を見つめる安野光雅さんの、視点がいい。
    『街道をゆく』の装画を描くために、作者の司馬遼太郎さんと旅をした思い出など、とっても興味深い内容でした。もちろん安野さんの挿絵もよかった♪

  • 「旅の絵本」つながりで、読みました。
    書かれている絵にホットしながら、読みやすい文章だなと・・
    海外旅行や結婚・空想など、興味ひかれる内容でした。
    自伝なので、古い時代のこととなりますが、親世代と重なりもしますので、読めることに感謝します。
    津和野へ出かけることがあれば、安野光雄美術館へ、寄りたいとおもいます!

  • 安野さんが大好きである。「旅の絵本」は全部持っていて、家族と隠れたキャラクターを捜して、ウォーリーより知識を要求される分大人も深く楽しめる。数学に関する対談やエッセイも好きです。
    そんな安野さんの自伝ですもの、読まなくては!
    安野光雅は、こうして出来たのだ!という感じで、安野ファンにはオススメです。

  • 人に歴史あり。昭和のほのぼの子ども時代から、戦中の苦労話、外遊話もやさしい語り口で穏やかに読める。ABCの本の裏話など面白かった。(ほかのところでもっと語ってるみたいだけど)

  • よさげ

  • 大正15年生まれ(=昭和元年)の著者の幼年時代から今日に至るまでの自伝エッセイ集。2011年2月(たまたま東日本大震災の前の月)掲載の日経新聞「私の履歴書」をベースに別紙掲載のいくつかのエッセイを加え加筆したものだとのこと。37の小品の一つ一つが人生の断片のスケッチで、印象的な数々のエピソードや挿絵と相俟って、まさに絵のある自伝となっている。
    著者はこの本の中で、記憶力は創造性とは関係ないというようなことを述べられていたが、この本を読む限りご自身の記憶力は相当なものだと感じた。最後の章でご自身の空想癖(妄想とは違う)について述べられているが、この空想力こそが記憶力と創造性の触媒として働いているように思った。
    特に印象的な章を一つ挙げるとすれば、「つえこのこと」を挙げたい。恵まれない境遇にありながらいつも笑顔を絶やさなかった幼馴染みのつえこに六十年ぶりに再会する話だが、著者の幸福観、人間観がよく見て取れて、著者の絵を見るときのように優しい気持ちになれる。

  • 絵のある自伝、特設サイト
    http://bunshun.jp/pick-up/anno-jiden/

    「過ぎたことはみんな、神話のような世界」

    数年前にテレビで特集番組をみた。もともと絵がすきで絵本を図書館でよく借りていたけど、もっとすきになった。この本を読んだら、書くものもすき。もっと読みたい。

    うちには図書館へ行くのがすきで行くたびに検索したり予約したりの小学生がいて、あんなに図書館を楽しんでいていいなあ〜と思いながら、私はなんとなくな雑誌みたいなものをなんとなく借りていた。でも、こんど図書館へ行ったら検索機で「著者名で検索」するんだ〜♪


    あ!!このひと、誰かと顔が似ていると思ったら、かかりつけの小児科の先生!私もお世話になっている。。だって私の辛い咳、「治してやるから」って、ほんとにあの辛さから救ってくれた。信頼している。

  • 個人的には「トリックアート」の印象が強いのですが、文筆家・画家さんが本業、というべきなのでしょうか。
    よくある「時系列に整然と」書き連ねられたものではなく、1つの関心事は一通り触れて、また時代は戻って、みたいな書き方に最初は少し戸惑いましたが、本来はこちらの方が自然だよな...と感じさせます。
    題名の通り、随所に絵があり、思い出とリンクしています。
    妻が購入した本だったので余り強い関心なく読み進めましたが、自然と読み進めることが出来てしまう。 作者の技量と人柄によるものでしょうか。
    安野さんファンにならば、文句なくお勧めします。

  • 2014年10月5日
    有名で憧れの画家。大正15年生まれ。昭和元年。揖斐のおばさんと同じ年。
    懐かしい時代の記憶。
    文章はちと読みづらい。ふくみのある恋心や浮気心のところは曖昧で私にはよくわからない。
    絵がずっと好きだったんだ。外国に早くからいってたんだ。教師やってたんだ。旅の絵本、欲しい本でした。素敵な絵がたくさんあって、手に入れたい本でした。

  • 自伝が好きだ。古くはハイゼンベルグ、最近はマンデルブロー。特にお気に入りは、梅棹忠夫と河合隼雄、雅雄。どこで、どういう人たちと出会っていたのかという交友関係を知るのが楽しい。安野さんの絵本は、数学がらみで読んだものが多い。森毅、野崎昭弘との共著など。「ABCの本」も持っている。この本にまつわるエピソードが秀逸だ。なだいなださんがパリでこの本を見つけて日本に持ち帰り、福音館に持ち込んで早く契約を結んでこの本を出せという。編集者の方が、奥から安野さんの本を持って出てきたときには、顔から火が出たことだろう。さて、なにげなく読んでいた本書。突然にも、村松武司という名前が目に飛び込んできた。村松さんの編集者としての最晩年に入社したての私は出会うことになる。もともと詩人らしいということしか知らずに、新宿ゴールデン街などに連れて行っていただいた。流しのジローさんも紹介いただいた。そういえば初期の「数理科学」の表紙は安野さんの絵だった。私が、ご一緒させていただいていたころは、田中清さんの版画だった。我が家にも素敵な版画が1枚ある。

全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

安野 光雅(あんの みつまさ)
1926年、島根県津和野町に生まれる。BIB金のリンゴ賞(チェコスロバキア)、国際アンデルセン賞、講談社出版文化賞、菊池寛賞などを受賞。1988年紫綬褒章を受章し、2012年文化功労者に選ばれる。
主な著作に『ふしぎなえ』「『旅の絵本』シリーズ(全8巻)」(福音館書店)、『本を読む』(山川出版社)、『小さな家のローラ』(朝日出版社)などがある。いまなお『旅の絵本Ⅸ』、『いずれの日にか国に帰らん』など新刊を続々刊行。ほかにも多くの書籍の装丁を手がける。
2001年、津和野町に「安野光雅美術館」、2017年、京丹後市の和久傳の森に「森の中の家 安野光雅館」が開館。

絵のある自伝のその他の作品

安野光雅の作品

絵のある自伝を本棚に登録しているひと

ツイートする