いつもの世界が輝きはじめる36の方法 パリジェンヌ流おしゃれライフ

著者 :
  • 文藝春秋
3.91
  • (16)
  • (22)
  • (15)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 179
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163748009

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 生まれ変わったらパリジェンヌになる、という友人を思い出した。でもパリジェンヌが皆、私たちが想像するようなパリジェンヌではないだろう。


    パリの恋人(ファニーフェイス)や麗しのサブリナのオードリーはパリジェンヌではない。パリジェンヌそのものと思っているジェーン・バーキンは元々英国人…
    でも岸惠子はもうパリジェンヌでいいじゃないか。日本人でもパリジェンヌになれるってことか。

    私もアヌーク・エーメかフランソワーズ・アルディになれるもんならなりたいです。ドミニク・サンダもいいです。あと、ロシュフォールの恋人たちやアメリでもいいです。アメリってことは黒髪おかっぱでもいけるじゃないか。

  • これは参考にならない。

  • 2017年18冊目。

    見栄や世間体を気にして暮らすのではなく、もっと自分の内側の五感、センスに素直に暮らすこと。

  • カラフルに自分のために生きようー

  • 可愛いイラスト満載で憧れのパリを垣間見
    レシピを参考に取り入れたいです。

  • パリジェンヌ流のお洒落。
    お金をかけなくてもちょっと小粋に雰囲気を変えることはできます。

  • パリジェンヌのおしゃれな生活がイラストで読みやすかった。

    参考になる箇所がいくつかあった。

  • パリの窓は縦長である。インテリアの縦長を強調することに納得。

  • ちょっとしたことを彩って生活を豊かにする本
    風呂上りにおいしいお酒のみながら
    まったり眺め読みたい

  • 正直、内容は限界に近づいてきている感があるが、やぱ何かおもしろい

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

女子美術短期大学卒業。大手企業広告のグラフィックデザイナーとして勤務。その後、イラストレーターとして独立。化粧品パッケージや広告キャンペーン、女性ファッション誌、CMなどで多数の女性イラストレーションを手がけたのち、渡仏。パリの高級百貨店、LE BON MARCHEでの個展を開催するなど、多才な活躍を経て、帰国。現在はパリ在住4年の経験を生かした著書、商品企画を手がけるなど活動範囲を広げている。著書に、『パリ流おしゃれアレンジ!3 靴からはじまる着こなしの魔法』(KADOKAWA)など多数。

「2020年 『大人の恋愛ライフ ときめき再デビュー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

米澤よう子の作品

いつもの世界が輝きはじめる36の方法 パリジェンヌ流おしゃれライフを本棚に登録しているひと

ツイートする
×