つなみ 被災地の子どもたちの作文集 完全版

著者 :
  • 文藝春秋
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163754208

作品紹介・あらすじ

18万部のベストセラー『つなみ』完全版。岩手、宮城、福島の子どもたち総勢115人の感動の作文集。大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 地震後一ヶ月の頃に書いた作文
    まだまだ残る地震の恐怖が拙い文章から伝わる
    家族をなくした、家をなくした、友達をなくした、避難所の苦労、どの子も大変な状況にありながら、もらったプリンがおいしかった、とか、友達と遊んで楽しかった、など、ささやかな楽しみを持とうとしていた

    そして、前を向こうという言葉、自衛隊の皆さん、たくさんの方への感謝の言葉がたくさん書かれていた

    福島の子どもたちの作文が新たに加わっていた
    彼らの被災はなかなか終わっていない
    避難先を探す旅、避難先でのいじめ、被爆の恐怖
    地震がきっかけではあるが、人災に苦しめられているとしか思えなかった

    彼らが地震を忘れることはない
    しかし、少しでも心穏やかな日が、彼らにたくさん訪れますようにと思う




  • 子ども目線での東日本大震災。拙い文章に籠められた思いと、編者の聞き取りによる作文に籠められなかった思いを知り、胸がつまる。地震・津波に遭い避難生活を送る子ども達の前向きさや明るさも知ることができた。避難所で友達と遊ぶ楽しさを書く小中学生が多く、本当は楽しいことばかりではないだろうに、救われるような気がした。原発事故に起因する避難は、他の地区とは別の過酷さだ。避難所を転々とさせられ、より遠くへ避難した子(家族)は、謂れのないいじめ・中傷に遭っていた。受入側の態度に、それがごく一部だったとしても憤りを感じる。

  • 朝の礼拝の紹介本です。

  • 3月11日今日は何の日『東日本大震災』この一冊‼︎

  • 子ども達が思いを書いて吐き出す。それを読んだ人々の気持ちが静まる。有難う。。。

    文藝春秋のPR
    「2011年6月に発売し、18万部のベストセラーとなった文藝春秋臨時増刊『つなみ 被災地のこども80人の作文集』。この作文集に携わったジャーナリストの森健氏と作文を書いた子どもたちは、2012年の大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。
    本書は宮城、岩手の被災地の子どもたちの作文に加えて、原発事故に苦しみ、震災から1年あまりが経過した現在も、故郷に戻ることができない福島県の警戒区域に育った子どもたち、30人の作文を加えた、つなみ作文集の完全版である。
    東日本大震災による津波に直面した子供たちが、地震の瞬間や、津波を目の当たりにした時に何を感じたのか。家族や親友を失った悲しみ、避難所の暮らし、そして今、何を支えにしているのかを綴ってくれた文集です。 福島編では、震災から1年余を経ても、原発事故と放射能の問題で故郷に戻れない子どもたちの心情が作文によって綴られています。
    ●3・11地震の瞬間、津波の恐怖
    ●家族・親友を失って
    ●避難所のくらし
    ●これからのこと
    110人以上の子どもたちの作文の内、およそ半分は直筆の文章を原稿用紙のまま掲載してます(それぞれ写真と解説文つき)。 」

  • 資料ID: W0169308
    請求記号: 369.31||Ts 75
    配架場所: 本館2F書架

    大宅壮一ノンフィクション賞

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

森総合研究所 代表・首席コンサルタント

「2021年 『地方自治体のリスク管理・危機管理――内部統制、コンプライアンスから防災・BCPまで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森健の作品

つなみ 被災地の子どもたちの作文集 完全版を本棚に登録しているひと

ツイートする
×