この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義

著者 :
  • 文藝春秋
3.80
  • (74)
  • (131)
  • (103)
  • (10)
  • (5)
本棚登録 : 1129
レビュー : 122
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163758008

作品紹介・あらすじ

生き残りのカギは「教養」です!「日経新聞」人気連載ビジネスパーソン、学生から大反響。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実は原爆を開発していた日本。世界地図から見える領土の本音。日本国憲法は改正すべきか?紙切れを「お金」に変える力とは…本書はあの池上彰氏が東京工業大学で行った講義を書籍化したものです。面白かったです。

    東京工業大学といえば、僕の身近にも1人進学をした人がいて、彼はコンパスを使わずにフリーハンドで円を描くという特技の持ち主で、無論、理数系の分野ではものすごく優秀な人でありました。読みながら彼のことを思い出し、もう会うことはおそらくないだろうなと思いながらページをめくっておりました。

    本書は僕も初めて知りましたが、あの池上彰氏が東京工業大学に教授として赴任し、リベラルアーツの講義を1年間に渡って行い。それを活字化、書籍化したものです。授業のはじめに
    「頭はいいけど『世間』に弱い」
    「『経済にうとくて』と言い放つ某首相を輩出した」
    といって学生たちを笑わせつつも、将来研究に関する分野や、『ものづくり』の最先端を支えるであろう彼等を相手に「教養という名の世界地図」というものを示しており、世間というものがいったいどうなっているのか?『教養』というものはどういうものか?ということについて縦横無尽に語られており、出来れば僕も聴講生として、授業を聞いてみたいなと思ってしまいました。

    授業の中身は就職活動をする学生にはきになるであろう「悪い会社・優れた経営者の見分け方」やここ最近は特にこの問題が新聞などをにぎわせる「領土問題や反日運動にどう対処すべき?」さらには「年金には入ったほうがいいのか?」本当に多岐にわたっており。読んでいてとても面白かったです。

    後半部にはいま、事件が風化し始めてこの問題を知らない世代が出始めたことに大変ショックを受けましたが、理系大学の最高峰だからこそ語られてほしかった「なぜ優秀な理系学生がオウム真理教に?」というお話や、即興のプレゼンテーション形式で賛否両論の活発な議論が行われた「君ならサムスンに移籍するか?」という技術者としての野心と『愛国心』に揺れる微妙なテーマを取り上げるくだりは『さすがだな』と思わずうなってしまいました。

    僕はこれが日経新聞に連載されていたときは読み飛ばしていたのですが、これが今回書籍化されたことによって、その内容に触れることが出来ました。それは本当にありがたいと思っていますし、ここに書かれていることが理解できればニュースなどを見ていても『あぁ、あのことを言っているんだな』と納得できることが多いでしょう。

  • 高校生以来ほとんど手を付けなかった国際情勢の話題を一気に整理してくれた本。社会系の知識がほぼない俺にとってはちょうどいいくらいの内容だったし、社会系の勉強に興味をもった。面白いし学べば学ぶほど味が出る。でもやっぱアラブあたりの話は分からんなぁ・・・

  • 池上彰さんの本なので、非常にわかりやすいです。世界の今が分かります。ご一読を。

  • 学問を続けるには、池上氏のようなわかりやすいナビゲートと、わかりにく過ぎてもとにかく食らいついてやろうというモチベーションの2つともが重要だ。前者だけでわかりきったようになるのも危険、後者だけで方向を誤った孤軍奮闘してもあんまり意味ない。

  • 池上先生が、東工大の学生に向けた講義の文字起こし本。

    全体的に、テレビの池上さんのノリだが、最終章の「日本の技術者がサムスンに行く話」での学生たちの議論の頭の良さにほとほと感心した。
    うちの大学では絶対にこんな鋭い議論にはならないような。。。

    さすが、日本を代表するエリートがいる大学の学生たちであった。

  • 正しいことを自分で見つける。物事を批判的に受け止めることが大切。
    固定観念に汚染されないように、自分の目で見て、自分の頭で判断する。
    アメリカの大統領戦は政策だけでなく、宗教も絡んでいるとのこと。そういう視点で見なければならない。
    宗教に鈍感では世界を見られないことがよく分かる。
    中国の国の成り立ち等も興味深く、読み進められた。
    社会は絶え間なく動いているので、時に立ち止まり、まとめて考えることが大切だ。

  • 「池上彰 経済」でamazonで検索。

  • 池上さんが東工大で担当することとなった教養授業「知の世界地図」をそのまま一冊にまとめた内容。今の(昔も?)授業は15回きっちりやらなければならないので、本書もそのまま15章で成り立っています。基本的には、現代社会的な内容で、当時の時事ネタを若干掘り下げて、その本質から分かりやすく伝えるという池上さんらしい内容。まさに「週刊大学生ニュース」。理系の学生も専門以外でも、社会の仕組みや歴史などについて最低限これぐらいの知識と関心は持って欲しいというような内容です。そして、大学生になったばかりで受けるならとても楽しそうな授業です。こう言うの大学教員だと個々の内容を専門的に深ーく掘り下げてた内容の授業がいくつかあることになる。そうなると結構自分で苦労して理解して、それぞれに内容を咀嚼し結びつけていく課程が必要で、それは知的訓練という意味では必要ですが、まぁとっかかりとしてはこのような授業もあると嬉しいでしょう。本書は、授業をしながらその内容を日経新聞で連載し、それをあっという間に文藝春秋社で出版という見事な連係プレーだったようです。さすが池上さん。

  • 家庭でも家計簿とか続いたためしがない。そのせいか企業・経済学の章が難しすぎてちんぷんかんぷんでした…(汗タラタラ…)一番最後の学生たちのプレゼンテーションも、レベルが高くて驚き。

  • 池上彰氏が、東京工業大学の2年次生以上を対象に開講した『現代社会の歩き方』の授業を纏めた書籍。1学期の授業回数15回分が収録されている。テーマは、科学と国家、国際情勢、憲法、金融など多岐にわたっている。理系の学生が狭窄的な視野に陥らないための基礎知識と、社会学的なものの見方・考え方を提供する内容となっているが、社会人も十分に楽しめる。

    池上氏は、大学では「自分で学ぶ」姿勢を身につけ、「物事を批判的に受け止め」て「『正しいこと』を自分で見つけていくこと」(p.8)が大切であると常に強調しており、本書も単なる知識の羅列ではなく、各事象の原因や背景、裏事情(これが重要)などに触れ、「自分なりに考える」材料を与えてくれている。内容的に好奇心を湧き立てるものになっている。

    個人的に印象に残ったのは、なぜ、日本が原子力開発にこだわるのか(pp.15-21)、本当に優れた経営者とは(pp.82-84)、経済とは「経世済民」、すなわち世の中を安定させて人々を幸せにすることを目的にする学問(pp.86-104)、なぜ、テレビ番組は54分に終わるのか(pp.133-136)、などである。複雑で難解な、中国共産党史、アラブ問題も、概要が掴めたような気がした。

    池上氏は、最後の授業で「個人と企業、社会の『幸せな関係』とはどうあるべきかを考えてほしい」と提言し、「この『幸せな関係』を築けない企業は、グローバル化の中で衰退していってしまう」と述べている。つまり、生きていく上で大事な資質や教養を身につけて自分の人生を豊かにし、「自分は世のため、人のためになっている。社会の中で生きていく価値があるのだ」という充実感を持つことが大切なのだろう。その充実感をお互いに認め、尊重できる風土を醸成できるかどうか--厳しい競争社会の中で勝ち残る企業の強さの秘訣は、実はこういうところにあるのかも知れないと感じさせられた。

全122件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義のその他の作品

池上彰の作品

この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義を本棚に登録しているひと

ツイートする