中野京子と読み解く 名画の謎 旧約・新約聖書篇

著者 :
  • 文藝春秋
3.87
  • (27)
  • (52)
  • (37)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 392
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163759302

作品紹介・あらすじ

せっかく絵を味わいたいと思っているのに、宗教画だからと敬して遠ざけるのでは、あまりにもったいない。本書は、もっと宗教画を楽しみたい人、名画を通して聖書や歴史や画家について知りたいと思う人のための一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もはや中野京子さんのおっかけ状態で読んでいる。あらためて記録を見直すとすでに8冊…。しかも、どれも本当に面白い。
    前作『ギリシャ神話』に続いて、待ってました!の旧・新約聖書版。「宗教画を読み解く」本は好きで、数冊読んでいるがやはり読みやすさは中野さんが一番。異教徒の日本人としては「え、なんで?」とひっかかる聖書の矛盾をユーモラスにつっこんでくれる。
    中野さんの比喩のすごさ。ブリューゲルの『バベルの塔』のまがまがしさを人面痘に例えた文章を読んだときはのけぞった。

  • 日本人にとっては難解な宗教画。
    その「分かりにくい」ことを前提に、中野さんが旧約・新約聖書の世界にツッコミを入れながら、絵の読み解き方を指南してくれる本です。
    元々美術作品を見るのは好きですが、「美しい」「綺麗」だけじゃない、作品のバックグラウンドを理解して絵画を見る楽しさを改めて教えてくれる、素晴らしい美術書だと思います。
    堅苦しくなくて、フランクな語り方もステキ!

  • いきなり、「おまえ、ヘソねぇじゃねぇか!」
    ミケランジェロのシステーィナ礼拝堂の「アダムの創造」で、「アダムが土くれから造られたなら臍(ヘソ)はないのではないか」
    これを厳密に実践すれば、どのヌード画―ボッティチェリーのビーナスでもゴヤのマハでも・・・・「おまえ、ヘソねぇじゃねぇか!」とヘソのないカエルの腹のようになってしまう。

    こんな風に冒頭から「えッ!」と驚くような、また「ぷッ」と吹き出してしまいそうな内容が各所に散りばめられてあり、かつまた、我々異邦人に其々の絵の背景にあるキリスト教の教えを解かり易く、かつ面白く解説してくれます。

    ミケランジェロから始まり、レオナルド・ダ・ビンチ、カラバッジョ、ルーベンス、レンブラント、ティツィアーノ・・・等々と続き、最後にまた、ミケランジェロの「最後の審判」で終わる。(ラファエロは何故か取り上げていない?)

    私は「最後の審判」での筋骨隆々なマッチョな力強いキリストが、長い間謎でした。
    これまで聞いてきた説明では、ミケランジェロは肉体崇拝者だから・・・マッチョなどと・・・???
    著者の説明によると、カール5世の「ローマ略奪」や「ルターの宗教改革」の後、カトリック側の危機感は相当なものがあり、その危機感の裏返しとして「異端は許さぬ」という強い決意があったそうです。
    その要請を受けて、これまでの「最後の審判」とは全く違う、怒りのエネルギーに満ち溢れたキリストが誕生したわけで、つまり「ローマカトリック以外を信仰すると、地獄に落ちてひどい目に会うぞ!」という見せしめでもあり、絵の中の誰も彼も只ならぬ表情で、「最後の審判」の恐ろしさがこれでもかと強調されています。

    この本を読んで、これまで疑問であった「力強く審判を行うマッチョなキリスト」がすんなり理解できた次第です。

    また後日談があり、「最後の審判」は、ミケランジェロのオリジナルは、全員が全裸でした。最後の審判の時には、死者は神の前で何も隠せない、つまり全裸であるというミケランジェロの考え方で描かれましたが、彼の死後、全裸の可否で侃侃諤諤の論争が起こり、三度にわたって腰布や衣装が描き加えられたそうです。

    という具合に、異教徒の我々でも、旧・新約聖書を基にした絵画の観賞がより深く、楽しく出来るようになることが請け合いの本です。

  • 聖書やキリスト教については、浅学非才な私でもとても面白く読めました。
    むしろ、知らなければ知らない方が、さらに面白く読めるような気もします。
    中野京子女史らしい、硬軟取り混ぜた絵画紹介が今回も冴えています。
    キリスト教の辻褄が合わない点や、日本人ならではの価値観の違いを突いていて、
    ともすればキリスト教関係者に叱られそうなギリギリなんですが、無関係者からはそれが痛快だったりして…。
    勿論、女史に嘲笑の意図があるわけではないと思いますし、
    むしろそんな具合では
    到底、知り得ようのないほど、きっちりした知識が垣間見られ、
    初心者でも基礎の部分が知れる内容になっていると思います。

  • 西洋絵画に占める宗教画の割合はとても大きい。キリスト教徒ではない日本人が見ても背景がわからないものも多い。
    そんな人にオススメ。キリスト教にツッコミを入れつつ(disる)解説をしてくれているので楽しく読めます。

  • 中野京子さんの文章が冴えているだけに、却って異教徒にはどれほど聖書が理解しにくいものか、ということがわかります。絵についての文章は抜群。ブリューゲルについての文はひときわ素晴らしいです。

  • 著者ブログで発売を知る。
    最近、聖書関連をよく読んでるので、すごくタイムリー。すごく楽しみだ。

    購入:2012/12/18
    読了:2012/12/27

    姦淫の女も、イエスの足を髪でぬぐった女も、次々マグダラのマリアに統合されていく様は滑稽だった。中野さんのツッコミ、「姦淫する娼婦とはこれいかに。」まさに。

    「アブラハムの試練と言いながら、辛い思いや死にそうな目に遭うのはいつも彼の妻や側女や息子であって、彼自身ではなかった」

    「でもヨセフは、単なる養父ですよね?」

    ツッコミを楽しむ書でもあった。
    神話とか聖書とか、厳粛で崇高な雰囲気をかもしてふんぞり返っている印象を持つけれど、その中身はツッコミどころ満載の半分冗談みたいな世界なんだなぁ。

  • 美術
    宗教

  • 怖い絵シリーズとして、図書館で借りた。
    新約旧約聖書を絵画を添えて紹介するという形。紹介されている絵画は多いが、それ自体の写真は少なめ。聖書を読んだことのない身としては、その概要を知るにはとても分かりやすかった。

  • 中野京子さんが、名画を紹介しながら
    わかりづらく近寄りがたい聖書の世界を
    かつて一世を風靡した磯野家の謎ふうに解説してくださっています。

    結構わらいます。


    前に中野京子さんの怖い絵三冊をよんだとき、そのうち二冊で
    「じっさいに見てみたいのはブリューゲルの作品です」
    とブログで書きました。

    それがきっかけで、「一生海外にいくことはないだろう」とずーっと思っていた私が、ついにパスポート申請

    ウィーン美術史美術館に行き7時間滞在。

    生意気にも「日本の美術館じゃ物足りないわ…」なんて語るようになってしまった

    中野京子さんはヨーロッパの偉いかたから賞をもらってもいいと思います。

    今回もブリューゲルにあらためて惚れました。
    ベツレヘムの人口調査。
    ベルギーに行かなくちゃいけませんね。

    http://nagisa20080402.blog27.fc2.com/blog-entry-341.html

全45件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ドイツ文学者、西洋文化史家

「2018年 『美貌のひと 歴史に名を刻んだ顔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中野京子と読み解く 名画の謎 旧約・新約聖書篇のその他の作品

中野京子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中野 京子
中野 京子
三島 由紀夫
冲方 丁
中野 京子
中野 京子
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

中野京子と読み解く 名画の謎 旧約・新約聖書篇を本棚に登録しているひと

ツイートする