悪の教典

著者 :
  • 文藝春秋
3.72
  • (176)
  • (303)
  • (231)
  • (55)
  • (17)
本棚登録 : 1707
レビュー : 356
  • Amazon.co.jp ・本 (669ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163809809

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半は精緻に、後半は大胆にサイコパスを描いている。
    読者に罪悪感を押し付けながら、我が道を行く人外。
    これぞサイコパスものの決定版だ。

  • 展開の速さが心地好かったです。

  • 下巻になると、結局行き当たりで人を次々と殺すだけの殺人者なんだと。蓮実自身も小さな違和感を持っているのに、そこには結局触れられないまま終わったような気がする。
    不気味な大量殺人事件ってことなのかなぁ。

  • すごい内容だった。何を伝えたいのかわからず。

  • かなりグロい作品との噂を聞いていたが、映像ではないので、それほどでもなかった。
    ただ主人公ハスミンこと蓮実聖司はかなりヤバいサイコ野郎である。
    彼はその生い立ち、経歴の影響からではなく生まれながらの悪魔であり、その知性や狡猾さはむしろ魅力的でもある。
    ところどころ、そんなにうまくいかないだろ~??と思えてしまうシーンもあるが(だから☆4つ)、貴志作品の中では青の炎に並ぶ私好みの作品であった。

  • 最後らへんぽんぽん生徒が殺されてって、中身があまり無いように感じたけど面白かった。

  • どんな結末になるんだろうとワクワクしましたが、
    ちょっと期待しすぎたかもしれません。

  • 話で聞く限り、"ハスミン"こと蓮実聖司の人間像は非現実的で空想的なものだと思っていました、、、

    が、

    実際に読んでみると、けっこう衝撃をうけました。。。


    知能犯っぽい割に行動は短絡的。
    巧妙かつ計画的な割にあまりにも動機が幼稚すぎる。

    自分の気にくわない存在や立場を脅かす存在は容赦は一切ない。
    私の限られた語彙の中から言葉を選ぶなら、
    「処分」
    が一番合っている気がします。

    でも、少し考えてみたら、
    サイコパスで共感能力が著しく欠けているからこそ、邪魔な人を平気で「排除・処分」できるんでしょうけど、人間誰しもが、いつでも相手に共感できているわけじゃないことを考えると、ハスミンは現実離れしてるとも言い難いなと思いました。。

    そう思い始めると、なんだか捉えどころのない恐怖に苛まれながら、読む羽目に…;;
    いつも本を読む度にいろんなこと(例えば気分や体調、精神面も肉体面も)が内容に影響されやすいんですけど、心臓ばくばくいって気味悪かったです;;

    とにかく、人間って脆くて不完全なんだと改めて思い知らされるような本でした。

    そして最後、良い意味でも悪い意味でもなんだか力が抜けました(笑)

  • なんか後半バトロワっぽかった。

    完全逃げ切り、じゃないのは良かったけど、
    なんだかもやもやもしつつ。

    どうせなら最後の方、蓼くんあたりに、
    サクっと背中刺されて死ねばスッキリしたのになぁ。

  • ハスミンのような、利巧な悪(ワル)が、世の中で一番性質(タチ)が悪い。多才な知識と計算された計画性、言葉の言い回しはさすが。内容はエグいけれど、テンポもよくカラリとしてとても読みやすかった。たくさんの登場人物の名前と個性が一致する部分に拍手。ハスミンの渡米時代は、巧妙な内容に感嘆したけれど、殺戮シーンからは、ドラマ仕立てで非現実的だったし、展開に意外性もどんでん返しもなく、計算通りに首尾良くまとまってしまった感じ。相棒のフギン(思考)を処刑された、ムニン(記憶)の存在感をもっと色濃く出して欲しかった。最後の「アクノ、キョウ、テン」はユーモアがあっていい。

全356件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

1959年大阪生まれ。京都大学経済学部卒。96年『十三番目の人格-ISORA-』でデビュー。翌年『黒い家』で日本ホラー小説大賞を受賞、ベストセラーとなる。05年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞、08年『新世界より』で日本SF大賞、10年『悪の教典』で山田風太郎賞を受賞。

「2017年 『ダークゾーン 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

貴志祐介の作品

ツイートする