三匹のおっさん ふたたび

著者 :
  • 文藝春秋
3.97
  • (656)
  • (1165)
  • (610)
  • (53)
  • (7)
本棚登録 : 6450
レビュー : 882
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163812601

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作を読んでの二作目。変わらずの人情派…というと言い過ぎでしょうか。現代の様々な問題を背景に、人々を大切に描いていと感じます。子どもから大人までわかりやすく面白く読める作品です。
    どの話も、ボーナストラックも作者のあとがきもよかった。三匹のおっさんはじめ、登場人物のみなさんに、みたび会える日をこっそり気長に楽しみにしています!

  • 個性の強いおじさま三匹のお話ふたたびです☆有川先生の作品は読んでいて、登場人物の心理に共感できることが多いので「わかるわ〜!」と思いながらスラスラ読み進めました。人間臭い話が多くて良いです。また続編出てもいんじゃないかな、これ。笑

  •  有川浩さんの作品の中で、最も好きな作品の続編。
     こういう日常っぽいところにドラマがある作品が、私は好きです。

     貴子のパートの話から始まって、万引き犯、則夫の再婚話、ゴミ捨て犯、康生のお祭り再生話に偽三匹のお話。
     今回も、身近な社会問題を、勧善懲悪なシナリオでバッサバッサとなぎ倒し、読んでいてすーっとする内容でしたが。まあ、世の中そんなに上手くはいかないよとも思ってしまいます。

     今回の本は、作者が言うとおり前回スポットが当たらなかったキャラクタが活躍している分、前巻の主要キャラの登場が少なくなってしまっていて、少し物足りなさもありますが。

     このまままた続編書いてくれないかなあ。

     最後に収録されている短編の彼は、あの作品の彼ですよね。
     昔からああだったんですね(笑)

  • おっさん達復活です。
    今回はおっさん達の話はもちろん、
    おっさんの子供達(健児や康生)の話も入っていて
    前作よりも蜜なかんじ。
    どの話もよかったですが
    よんだくれとしては第二話をとくに押したいです。



    いつものことですが
    有川さんはぐっとさせるのがうまいです。
    そしてボーナストラック。
    まさかここで植物図鑑とつながるとは‥‥‥!
    こうゆうのがあるから読み手も気を抜けないです。笑



    読書ってほんといいですね!(にこ!)

    • まろんさん
      はじめまして。フォローしていただいて、ありがとうございます!まろんです。

      三匹のおっさん、どこのイケメン戦隊よりもかっこいいですよね!
      今...
      はじめまして。フォローしていただいて、ありがとうございます!まろんです。

      三匹のおっさん、どこのイケメン戦隊よりもかっこいいですよね!
      今回は、彼らのこどもや孫の活躍の場もあって
      「三匹のおっさん二世・三世」が育ちつつあるのがうれしい展開でした。

      有川さん好き、犬も猫も好き、と、ハルさんとは共通項がいっぱいあって感激です。
      読んでみたい本がたくさん並んでいるハルさんの本棚とレビュー、
      これからも楽しみにしています。
      どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
      2013/04/24
    • ハルさん
      まろんさま

      こちらこそ!
      フォロー&コメント&花丸していただき、ありがとうございます!

      三匹のおっさん、有川作品の中でもかなり好きです!...
      まろんさま

      こちらこそ!
      フォロー&コメント&花丸していただき、ありがとうございます!

      三匹のおっさん、有川作品の中でもかなり好きです!続き出るといいなあ〜

      共通項、かなりありますね〜(ちなみに偶然にも今は坂木司さんの本を読んでいますよ♪)
      私もまろんさんの本棚とレビュー、惹かれるものがたくさんあってよんだくれに拍車がかかりそうです。笑
      まろんさんのレビューはわかりやすく丁寧で
      言葉を紡げる人ってすばらしいなあと思います。

      こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします☆
      2013/04/30
  • よっ!ジジイ今日も良い立ち回りだねー!
    ジジイとお神輿×商店街ってよく似合うね。

    いや、でも、うん。
    本編よりボーナス・トラックのほうに持ってかれちゃったよ!!
    やっぱり、有川さんといえば胸キュン物語よね。
    キュンキュン。植物図鑑、読まなきゃね。

  • やっぱり、三匹のおっさんに外れ無し。有川さんの作品の中でも一押しです。最後の「好きだよと言えずに初恋は、」・・・・・じーんです。おっさんになった私でもね。

  • 前回同様、楽しい三匹のおっさん達。
    そんな中に、今の時代をよく表している出来事や日頃思っていることが出てきたりして、「そうそう!」「えっ~そこまではないんじゃないの?!いやあるかも」などと考えさせられる。
    有川さんらしい登場人物もいて、やっぱりこの人の書く話好きだと思わせてもらった。

  • やっぱりおっさん達は良いな〜、孫&娘カップルもいいなー、とニヤニヤしつつ読んだ。
    でも、個人的に爽快感は前回の方が上。
    前作に続き痛快活劇を想定して読んで、確かに痛快活劇なんだけど、なんだか後味が悪い話が多いというか。
    3匹のおっさんだけではどうにも太刀打ちできないものがあることが見えてしまって、それは現実をみれば当然のことなんだけど、おっさん達には時代劇のヒーローのようでいて欲しかった自分からするとちょっとガッカリしてしまった。
    うーん、あれか、則夫の武器の登場回数が少ないのが原因か。

  • 読みやすい。

  • 三匹のその後。
    勧善懲悪。水戸黄門のような安定感!笑
    今回は三匹の息子世代が描かれてたのが良かったな~。

    ・・・しかし、巻末の植物図鑑の番外編?に心もってかれてしまった!


    【好きだよと言えずに初恋は、】

    日下部くん!
    花の名前が出てきた時点で彼の存在は真っ先に思い出したけど、
    わかってもきゅんとなる。
    “別れる男に、花の名前を一つは教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます。”
    この川端康成の言葉には、いろんな切なさがぎゅっとつまってるんだろうな~。

    そのときどんなに大きい気持ちも、時間が経てば遠くなってしまう。
    辛さや悲しみは時間が解決してくれるのと同じように、うれしいことも薄れていく。
    それがどうしようもないくらい切ない。そのときは。

    そんな何かを刻みたいって気持ちが報われる。そんなあたたかさ。

全882件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

有川浩の作品

ツイートする