三匹のおっさん ふたたび

著者 :
  • 文藝春秋
3.97
  • (656)
  • (1165)
  • (610)
  • (53)
  • (7)
本棚登録 : 6450
レビュー : 883
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163812601

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • じわじわ泣ける

  • この作品を読めば読むほど祐希が良い男だなあってつくづく思う。
    そして登場人物全てのキャラが自分の住んでる町を大切に思う人々の気持ちがつまっている!!
    子供の頃に住んでた町では近所で遊んだり出かけたり当たり前だったけど、今は全くないことがすこし寂しくなった。
    震災とか何かあった時に自分の存在を知ってくれている周囲の人はいるのだろうか?孤独死にもなりかねないなと反省しました。

  • 痛快だった前作と比べ、続編は描ききれていなかった周辺の群像をくっきりはっきりさせる穴埋めのような仕事。
    期待とは違っていたが、よく出来ている。

  • 前作も良かったけど、ふたたびもヨカッター。
    今回は三匹よりもまわりの家族にスポット当たった話が多かったかな。
    前作と比べて貴子も成長したし、健児や康生の子供の頃が知れたし、祐希と早苗ちゃんにもまたキュンキュンさせてもらったけど、その中でも最後のマドンナ芳江ちゃんのとこは最高でした!
    ゲラゲラ笑っちゃったー。

    そしてビックリなのがおまけの話。
    三匹の誰かの話?っと思いきや、キャー、樹!!
    子供の頃からステキな少年だったのね。
    ° ♡:.(っ>ω<c).:♡ °

  • 孫のユウキがいい奴すぎる。

  • 前作に比べて、ちょっとパワーダウンな印象。
    しかし、お祭りでのシゲさん(と、清田家息子)いいとこ見せてくれました!
    お祭りのお菓子のくだりはかっこよかった!!

    ノリさんの暴走が好きで、今後「お父さんは心配症」くらいの、キレッキレの親バカぶりを期待したい。

    あとがき、本を買って読むことの大切さ、重すぎず押し付けがましくなく、ストレートに胸に落ちる書き方が上手い。

    「三匹のおっさん、みたび」くるかな~。

  • 二年近く前に、前作である「三匹のおっさん」を読みました。

    身近な題材が取り上げられていて、とても読みやすい作品です。

    主人公のおっさん達だけではなく、
    今回はその家族達のことも詳しく描かれていて、
    ちょっぴり、ホロッとする場面もあります。

    でも大半は痛快なドタバタ劇で、
    読んでいてとても楽しかったです。


    キヨの息子・祐希がイマドキの高校生ながら、
    とても心優しい男の子で、
    こんな息子だったらな~と思わせてくれました。

    ないものねだりでしょうか…。


    最後に短編が添えられていましたが、
    それは本編とは全然関係がなく、
    「なぜここに?」という疑問が残りました。

  • どの話しもほんわりしてていいんだけれど、本屋さんの話しがねー、あとがきも含めてなんかちょっと考えさせられてしまった。私は小説はだいたい地元の図書館で借りてて(この本も!)、「地方税払ってるんだから当然よね~」みたいに思っていたけれど、『未来への投資』という観点はまったくなかったけど、そっかぁそのとおりだなあ、って。

  • 前作に続き、三匹のおっさんが家族のことや身近に起こる出来事を解決していく話。
    前作は対犯罪者が多く、勧善懲悪ストーリーでしたが、今回は現代のどうしようもない事情が絡み合っていて、ものの見事にスッキリ解決とはいかない展開が多かったです。その分、リアルにありそうな話にはなってますが、年齢に関係なく身勝手な主張を悪い方向に持つ人には何を言っても通じないのかもしれないというやりきれなさも感じます。
    孫の祐希くんはなんだか急成長を遂げ、おっさんたちの背中をみて育つ子供の存在が救いかなと思います。
    そこまでスッキリはしませんが、面白かったです。

  • ご近所のため、今日も行きます、おっさん三匹。

    なんだか、第一段の方がすっきり読めた印象。なんというか「正義」って振りかざすものじゃない、そんな『図書館戦争』の小牧のことばを思い出した。有川浩は、結構これをキーワードにしている気がする。

    辛い思いと裏を抱いて近付いてくる人もいる。公共心を抱かない人もいる。自分さえよければいい人もいる。自分の小さな行動が、どれだけの大きな事態を引き起こすか、考えが及ばない人もいる。知らないことは、見ないふりをする人もいる。自分の思うようには動かなくて、希望を持てなくなることもある。

    「正しいことをする」のがいつも正しいとは限らない。優しくなければ生きていけない、のだ。正義が勝ったら、それはすっきりするのだけれど、そうはいかない。どうしても腹が立つことはあるし、すべての人が反省して善人になることもない。自分の手の届くところ以外には、届かないのだ、どんなに悔しくても。それは「分をわきまえる」ということかもしれない。

    せめて、自分の「ご近所」くらいは、絶望せずに、働きかけることを諦めたくない、と思う。

    後書きが一番重たかったかもしれない。未来の作家への投資をすることを、嫌がらない自分でありたい。

全883件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

有川浩の作品

ツイートする