三匹のおっさん ふたたび

著者 :
  • 文藝春秋
3.97
  • (656)
  • (1165)
  • (610)
  • (53)
  • (7)
本棚登録 : 6450
レビュー : 883
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163812601

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。
    ドラマもやってた。
    おっさん三人が活躍するお話の続編。
    主人公がおっさんなので、若いもんばっかりが悪役かと思いきやそうでもない。若い奴もおっさんやおばさんも嫌な奴は嫌な奴なのだ。同感。思うに、悪い奴は年齢の括りは関係なくて個人に起因する、ってことなんだろう。当たり前だけど。
    ちょっと考えるとこもあるが、基本的には楽に読める物語。還暦を迎えた時は、三匹のおっさんたち見たいにシュッとしてたいもんです。

  • 本編の後にスピンオフが1話。
    有川さんの他の作品とクロスオーバーしている話で、何も知らずに読み進めながら「まさか…イツキ?」と、ややテンションが上がっちゃいました♡

    本編は、誰にでも起こり得る日常生活だけど改めて気付かせてもらうこともあり、やっぱり読んでいて楽しかった♪
    偽三匹みたいな人はどこにでもいるけど、それをサラッと交わせるノリさんのようにいつか自分もなれたらいいなぁ。

  • 文庫になるの待っていたが、まだまだのようなので単行本で購入。

    前作と同じく痛快!

    ニセ三匹のところでは予想もしない展開も。

    祐希と早苗ちゃんの関係は歯がゆかったりしますが、
    なんだかかわいらしいなぁとほのぼのしてしまいます。

    子供にも読ませたいなぁと思ったりしてますが、
    息子は漫画だと思ってるみたいです。

  • 再読本。このシリーズは一話一話いろいろ考えさせられる…一見楽しくワイワイっぽいけど、実は深いテーマが隠れていると思う。
    有川浩は読みやすいし分かりやすい。それゆえに軽いと思われがちだけど、届けやすい形で重いテーマを突きつけてることも存外多い。これもその一冊。

  • 図書館にて。
    1作目ですっかりファンになった3匹の登場にまたもやしびれた!
    今回は脇を固める家族の皆さんがまたいい味を出していて、物語により深みがあったと思う。
    毎回思うのだが、有川作品は人物描写が秀逸だと思う。
    それぞれのキャラクターがリアルで生き生きしている。
    あと、周囲で起こる問題に現実に起きている問題で、ただの正義感や正論では片づけられないことを取り上げている。
    現実の世界でもみんなそれぞれもやもやしながら自分たちなりに折り合いをつけたり、だましだまし歩み寄ったり、時には正面からぶつかったり何とかやっている、そんな問題におっさんたちが向かっていく様子を目の当たりにすると、こんな人たちがいるなら世の中捨てたもんじゃないなと思う。
    特にお祭りの話、大人の対応がかっこ良かった。
    個人的にはノリさんが好きです笑

  • 今回は、三匹のおっさんたちの活躍が少なかったので、りょっと残念でした。
    その代わり、周りの人たちの活躍ぶりが良かったです。
    今回も、ほっこり温かい気持ちになれました♬

  • 有川浩の小説です。

    三匹のおっさんの続編です。

    還暦を迎えた幼馴染3人の”おっさん”が暇を持て余していたので、
    私設自警団を立ち上げ、ゆーるーく町内の見回りをして、
    ちょっとした事件を解決していく物語。

    前回作は、自警団を始めた経緯や3人の活躍を主に、
    周辺の人々が入り混じる内容でしたが、
    今回、3人は活躍するものの、メインは周辺の娘や息子、
    孫などが主題になっています。

    読み進めていく内に気付かされるのは、子供の躾の仕方や、
    地域との繋がりの希薄さなど・・・。

    特に、本屋での万引きの話などは、子供の教育をしていくうえで、
    必要な話しです。

    人のものや売り物を盗むのはいけない。
    確かにいけない事です。ではなぜいけないのか?
    一括りに、”悪いから”と教えるだけでは、不十分なのです。

    盗まれた人が困る。確かにそうですが、なぜ困るのか、
    そこまで踏み込んで話をしなければ、いけないのです。

    本の中でも触れていましたが、小売業で得られる利益は、
    販売価格の数%。10%の利益が得られる状態だと、
    100円の商品を売って得られる利益は10円です。

    その小さな利益が重なって、次ぎの商品の仕入れに繋がったり、
    商品の拡充や、店舗の拡大に繋がっていきます。

    しかし、何十冊と万引きされては、利益どころか経費も賄えず、
    店を閉めることになってしまいます。

    そういった事を含めて、説明していかなければいけないと
    いう事に気付かされました。

    それに地域の繋がりの希薄さです。

    地域の繋がりは特に都市部では希薄です。
    同じ集合住宅に住んでいても、隣人の顔を知らなかったり、
    場合によっては名前すら知らないと言う事もよくあります。

    防犯上、近所の方々の顔ぐらい覚えておく事は必要ですし、
    危ない事ややってはいけないことをやっている子供を注意するなども
    (子供だけではないですが・・・。)
    必要でしょう。

    そんな事もちらりと触れられています。

    古き良き日本を取り戻せと言うつもりはないですが、
    ネット上での付き合いだけではなく、リアルでも
    地域との付き合いを深めるべきだと考えさせられました。

    自警団はともかく、子や孫に囲まれて、厭味を言いつつ、
    楽しく過ごせるような老後を迎えられるように頑張って
    いかなければと思ったのはいうまでもありません。

  • やっぱりタイトルがダサいです!笑

    主人公がおっさんってのも、とっつきにくい。
    あと、少しオーバーな描写が多いです。

    それも含めて有川浩さんの魅力なのですが。

    今回の貴子さんは、カッコいい。
    どんな境遇の人でも、負けず嫌いじゃないと人は成長しないんだと思います。

    是非とも、図書館戦争くらいシリーズ化して欲しいものです!

  • テンポよくコミカル。
    続編ですが、前回の部分のあらすじも載っているので、ま、読んでなくてもいけます。
    でも、読んでね。笑

    今回は三匹の周辺にいる人たちの話が多い。
    偽三匹とかね。

    早苗たちが受験シーズンで、出番が少ないのがちょっと残念。

    そして最後についていた短編は…!!
    植物図鑑の樹だー。

  • おもしろかった。
    一巻を読んでからだいぶ経っていたので、細かい内容を忘れてしまっていた。「ふたたび」を読むなら、一巻から読んだ方がいい。二巻から読んでも話はわかるけれどね。

    今回もおっさん大活躍。
    おっさんと同じ年代のだらしない人も登場する。
    ゴミ捨てを注意してもひらきなおるおじいさん。現実にいそう!
    偽三匹もね。おもしろかったけれど、芳江ちゃんへの思いを語る場面は、少しやりすぎな感があった。

    一番好きなのは、本屋さんの話。
    万引き中学生に利益率の話をし、最後にそのうちの一人がバイト代まるまる本を買っていったっていうのが、いい話だなあ、こんな話が書ける有川さんもいい人なんだろうなあ、などと勝手に思った。

    貴子さんも急に成長していて良かったです。

全883件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

有川浩の作品

ツイートする