三匹のおっさん ふたたび

著者 :
  • 文藝春秋
3.97
  • (656)
  • (1165)
  • (610)
  • (53)
  • (7)
本棚登録 : 6450
レビュー : 882
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163812601

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一作目に続いて一気読み。面白いとしか言いようがない。是非続いて欲しいシリーズ。身近にあるちょっと困った出来事を自分たちの腕っぷしと頭だけで解決していく痛快さがたのしい。大人から子供まで万人が楽しめる。短編集が苦手な私が楽しめたので本当に面白い作品だと思います。

  • 悪行や登場人物の感情の表現がリアルでとても読みやすい!一方で少女漫画のような甘くて切ない恋の話もあり、読み終わったあとにほっこりする(ノ´∀`*)

  • 「三匹のおっさん」とだいぶ違う雰囲気。おっさんたちがあまり活躍せず痛快さも少し抑え目。周りの人間のエピソードが中心。

  • 楽しかったです。ノリさんのお見合い?の話が個人的にツボでした。ノリさんは脳内妄想で勝手に水谷豊さんになっている私なので色々楽しめましたw

    それから、お祭りの話がためになりました。運営する大人の事情が解りよかったです。マンション住まいなので、近隣との触れ合いが全くなく、寄進の話やパトロールなどとも無縁です。

    そういう事なのかと初めて知りました。大人なのに何も知らないですよ。

    近隣の神社のお祭りがいつなのかも知りません…。10年以上住んでいても都内だと様々な事情で地元にはなれないですね。寂しいですね。

  • 大人気シリーズ、続編。
    図書館で予約、待って待って待ち続け。忘れたころにようやく手元にきました。

    んー、やっぱり第一作のが面白いとは思うけど、そら「はじめ」があってこその面白さというか。
    私は「ふたたび」も大好きです。
    ジジと孫の活躍も好きだけど、
    今回は「できちゃった婚な元おじょーさまな嫁」がパートに出る話、好きです。
    (私もある意味、「嫁」という立場でもあるわけだし(笑))。
    なんでその職場で?!・・・キャラに合ってないし!雑貨屋とか家具屋とかで働けないの?とか思ったりしますが、この、前作ではちょっと嫌な女っぽかった「元お嬢な嫁」が、ちょっとイイ人に見えたりします。息子の彼女との一幕も好きです。

    お祭りも、本屋も良かった。
    ウチの近所の寺の盆踊りが、今年で終わりになったんですよ。檀家との関係とか、いろいろ時代が変わって、盆踊りを続けていくこともたちゆかなくなってきたそうで(盆踊り、地域のが別の場所であるんですけどね)。
    そんなこともあって、この祭りの章は、しんみりしながら読みました。

    どこにでもありそうな、そんなイザコザを、今回もおっさん3人が解決!
    ・・・今回は、そんなに「スカッ!」とするような大岡裁きを見せてくれるわけではないけれど、それでもシンミリしながら、人情なんてのも面倒だけど、なかなかいいじゃん!と思わせてくれます。

    みたび、かなーり期待してます!!!!





    ラストの短編、大好きです!
    私は本編=「植物図鑑」よりも、こちらが好きですね。

  • 前回よりわくわく度は、控えめ。
    ノリがもう少し活躍してくれてたらなぁ。

    そういえば、小学生の頃に勇気を振り絞って席を譲ったら、
    「まだ、若いから大丈夫」と断られたことを思い出した。

    あれからだなぁ。席を譲るのやめたの。
    まぁ、無言で席を空けることはあるけど…。
    みんな同じ経験をしてるんだね。
    そういった何気ない日常を盛り込むのはさすがといったところですね。

  • このシリーズの前作からだいぶ間が開いて読んだんですが、三匹のおっさんたちは相変わらず愉快ですね(笑)

    世の中にはすっきりせんようなことがいっぱいあって、胸の内に留めておくべきこともあれば、どうにもならんこともある。
    でも、「ああ、何かほんわり落ち着くな」と思えるような、まだ世間には温かさがあるな、と思えるお話でした。

    そして、それぞれの大人がそれぞれの思いの中で成長と言うか、前に進んでいく様子が、子どもの成長とはまた違った意味で新鮮でした。

  • 一作目とあわせて1日で読み切ってしまいました(どんだけ暇なんだよ)。いやはや。
    前作ほどの勢いや痛快さはない気がしたのですが、そのぶん三匹の周りの人に焦点を当てたり、登場人物の心情とかを前よりじっくり描いていて、このワールドに深みが増した気がします。
    もちろん、三匹のかっこよさは変わりませんけどね!


    あと、『植物図鑑』とクロスオーバーしたお話があってそれも良かったです。

  • シリーズ2作目。
    おっさんたちが快調だし、他の登場人物もみんな好感が持てて、読んでて最後まで楽しい本。
    商店街のその他のおっさんや、偽三匹のおっさんたちも根が善良でかわいいです。
    幸せな気持ちになりました。

    今回は脇キャラにもフォーカスして、人間関係の厚みと幅が広がったおっさんワールドでした。

    それはそうと、高校生のゆうき君の成長っぷりもいいですね。
    こんな息子になってくれたらねえと思いつつ読みました。
    俺たちもう子供じゃないけどまだ大人じゃないんだ、ってセリフ、なかなか秀逸です。

    それはそうと、このシリーズ、まだ続きそうだな・・・

  • この一人一人にフォーカスを当てていく形式、すごい好き。
    表に出ない人間関係の機微がうまいよなぁ。
    有川さん、大好きです。

全882件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

有川浩の作品

ツイートする