禁断の魔術 ガリレオ8

著者 :
  • 文藝春秋
3.72
  • (268)
  • (810)
  • (652)
  • (50)
  • (6)
本棚登録 : 4814
レビュー : 630
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163816906

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 透視す  みとおす
    曲球る  まがる
    念波る  おくる
    猛射つ  うつ


    『猛射つ』 ・・・ 湯川先生の本質がでていて一番好きな作品。

    湯川先生と伸吾くんの会話が切ないですね。
    科学について語りあう慎吾君と湯川先生の姿を見たかったな。


    「すまない。何が起きても僕が一人で責任を取る。すべての責任を取る。だから黙って行かせてくれ」

    「私のことなら気にするな。これもまた自業自得だ。教え子に正しく科学を教えてやれなかったことに対する罰だ」

  • 図書館で一年待ちだったはずなのに、なんか既読?と思ったら
    ドラマ化されてたのか。
    案外内容覚えてるもんだなー。
    湯川先生、だんだん柔らかくなってませんか?w

  • 透視す、曲球る、念波る、猛射つ。最期の猛射つが素晴らしい。東野圭吾らしく、湯川らしい。

  • 「言わずと知れた」…って言っても過言じゃなくなりましたね。大人気作家・東野圭吾さんの探偵ガリレオシリーズ第8弾。ようやく読めました。

    ドラマでは第2シーズンも終わりに近くなり、映画公開も近づく中、改めて活字の中の湯川先生を拝読。やっぱり湯川先生→福山雅治さん、草薙刑事→北村一輝さん、内海刑事→柴咲コウさんの脳内変換がしっくり。

    3つの短編「透視す」「曲球る」「念波る」と中編「猛射つ」の4作で構成。すでにドラマで観たものもあったが、やや過度に脚色気味なドラマ台本より原作の方が胸にストンと落ちる。

    特に第4章「猛射つ」は秀逸。湯川先生の「科学者」そして「教育者」としての矜持に心打たれる。

    映画『真夏の方程式』の方は、ドラマとは異なる趣とのこと。『容疑者Xの献身』もそうだったが、「理系ミステリー」を魅せる作品ではなく「理系ミステリーを小道具に使ったヒューマンドラマ」となるだろう。改めて期待したい。

  • 湯川先生なりの正義に胸を打たれました。彼の正義は科学だけでなく、人をも救うのですね。

  • 最初の三作はドラマ用に書かれたものなのかなぁって感じ。ちょっと物足りない。
    最後の作品は科学者とはって、問いがあるようでよかった。

  • 短編4編。
    最後の1編が本の半分を占めてた。

    事件の解決もよかったけれど
    取り巻く人々の思いとかが解かれていくというのも
    この作品の良さではないかな。

    なので読後感もよくて、私はこのシリーズが好き。

  • 前半は正直、ああ、次は買わなくていいかも・・・そう思いながら読み進めていました。が、最後の〃猛射つ〃で、こういう作品にあえるから、読み続けているんだなあ、と。
    〃いつもの〃湯川先生を数多描いているからこそ、感情をさらけ出したときは驚くし、引き込まれるのだろうし。

  • 虚像の道化師 ガリレオ7』が、ガリレオシリーズラストを飾るにふさわしい出来映えだ、と思われてたそうな著者が、続いての新刊 『禁断の魔術』 に凄いなーと思いつつ楽しませてもらった。「透視す」「曲球る」「念波る」「猛射つ」 の4編。特に 「猛射つ」は、著者の思い入れを感じながら ガリレオ短編も終わりなのだろうか?アメリカに旅立った湯川先生と共に、早く帰ってきて欲しく思いました♪

  • 透視す(みとおす)、曲球る(まがる)、念波る(おくる)、猛射つ(うつ)の3編の短編と1編の中編からなる。相変わらす、タイトルのネーミングセンスは秀逸。
    透視す(みとおす)は、ホットリーディングとコールドリーディングを絡めた話。曲球る(まがる)は人情ネタ。念波る(おくる)は嘘を見破る系。そして、中編猛射つ(うつ)は、容疑者Xへのアンチテーゼで、レールガンを使った禁断の魔術(科学)が鍵なんだけど、どこぞのライトノベルを想起させつつも、ヒューマンドラマです。
    全体を通して、トリック的に特筆すべき部分は少ないが、湯川学というキャラクターと科学とヒューマンドラマの融合という点で、そのハーモニーは評価に値すると思う。

全630件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする