禁断の魔術 ガリレオ8

著者 :
  • 文藝春秋
3.72
  • (268)
  • (811)
  • (654)
  • (50)
  • (6)
本棚登録 : 4827
レビュー : 630
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163816906

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドラマにもなってるけど、少し違う箇所もあるので読み直しても良い。

  • 久しぶりに著者の作品で読みごたえがあるものに出会えた。
    「容疑者Xの献身」以降は湯川がどのように加害者に寄り添うのかをテーマに描かれていたと思う。
    そして「猛射つ」でこのテーマに一つの答え出したことになるんじゃないかと思う。
    著者が長編に改稿したくなる気持ちがなんとなく分かる。
    という訳で次は長編に書き下ろされた文庫版「禁断の魔術」を読むのが楽しみ。

    表紙はレールガンが発射されたシーンがモチーフかな?

  • ガリレオシリーズ 短編4作

    ・透視す(みとおす)
    ・曲球る(まがる)
    ・念波る(おくる)
    ・猛射つ(うつ)

    おなじみ帝都大学物理学者の湯川学が、超常現象、不可思議な事件を解決していく。

    「透視す」は科学的、「曲球る」はハートフル、「念波る」は計画的犯罪、「猛射つ」は湯川の科学者としての使命感を感じさせる一作。

    「猛射つ」はもっと読んでいたかった。

  • 最後の章は、いつもの湯川教授らしく無い感じだけど、一番良かったよ。

  • だいぶ昔に読んだ。
    ガリレオの短編小説。
    長編がもっと面白い。

  • ただただ面白い。特に「猛射つ」が良かった。

  • ダメでした
    涙止まりませんでした

  • 面白いねえガリレオ。ちょっと強引ではあるけど、科学×ミステリの王道ストーリー。
    湯川博士らしいラストの行動にも、草薙、内海といういつものメンバーのそれぞれの動きも、シリーズファンには安定感あるかんじだとおもう。まあ私全作読んではいないんですけれども。
    古芝君が恨みのために命をすてることにならなくてよかった。生まれ育った環境、たまたま被った災害などのために、幸せになれたはずのひとが苦しむというのは、じつはごく身近にどこにでもあって。そうならないために、尽力するひとたちの選択が報われてよかった。救いがある話だから後味もきれい。古芝君はこれから、生まれ持った知能と行動力、そして亡き父の志を受け止めて、たくましく生きていくだろう。いつか大賀みたいなやつには天誅がおりるさ。勧善懲悪すぎないところも、満足の1冊。

  • 湯川先生に恋する小学生みたいな、
    高校生みたいな、刑事みたいな
    草薙さんが「くすり」と笑わせてくれる。

    「最高レベルを目指さない理由がない」

    湯川先生の名言がまた一つ増えた。

  • 安定の仕上がり。7よりかは好みのが多かったかな~

    装画 / 塩谷 博明
    装丁 / 石崎 健太郎

全630件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

東野圭吾の作品

ツイートする