禁断の魔術 ガリレオ8

著者 :
  • 文藝春秋
3.72
  • (268)
  • (811)
  • (654)
  • (50)
  • (6)
本棚登録 : 4827
レビュー : 630
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163816906

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • さくさく読めました。ドラマで見たのもあり、福山氏の表情が思い出されました。曲球る、が特によかったです。でも、雰囲気が加賀恭一郎ぽい。

  • テレビドラマと全然違う時もあれば、ほぼ同じこともあるの面白かった。話の筋は面白いが、文章自体には、それほど魅力を感じない。

  • 気楽に読めて面白い。
    しかし初期からの読者としては、
    やっぱり福山じゃない感が…
    佐野史郎にやってもらいたかった‼︎
    しかしその場合人気は出なかったでしょうな…

    最終話、政治家にもペナルティが欲しかった‼︎

  • ドラマで見ていたお話もあり。このシリーズは短編の方が小気味よくて好み。最後の話はちょっと長かったんだよなぁ。。。

  • ガリレオシリーズ。
    2章、4章の湯川先生がとても人情味がある感じを受ける。
    どちらも、関わった人々は、気持ちの面でとても救われたのではないだろうか。
    どちらの人物も、事件後にどんな人生を送ったのか。が、気になる。
    湯川先生、いろんな面でかっこいいなー。。

  • ガリレオシリーズは短編のほうが、湯川の変人ぶりが出ていて好きだ。そもそもガリレオシリーズは謎解きとかストーリーとかではなく、科学技術をいかに使うかというところを読むシリーズ。だからトリックや動機といった普通のミステリーでは重視されるものは、相当弱い。
    それでも、普通人草薙と変人湯川の掛け合いや、湯川の天才っぷり、科学技術の面白さがあればよいと思える作品が並ぶ。
    が、このシリーズは妙に人間味溢れる湯川が描かれている。面白いのだが、なんだかシリーズの路線が変わってきてしまったなという印象。(『容疑者Xの献身』から変わってしまったのだが)

    いえ、面白いんですよ。安定して。

  • 面白かったです。
    特に最後の<猛射つ>が良かった。
    元教え子と湯川先生の距離感が絶妙でした。

  • おなじみのガリレオシリーズ。
    謎解きをするストーリーのおもしろさがやはりひねりが利いていて、いつまでもハラハラドキドキ。
    エンターテイメントの小説です。
    これもテレビ映画で主人公が福山雅治で、会話したりしている光景がアタマの中で映像化されるので読んでいてどんどんすすんで行っちゃいます。

    いずれ、この中からテレビ化される物があるのかなと少し楽しみにしています。

  • ガリレオシリーズ第8作目かな?前作の「虚像の道化師」と同じく短編集。前作の方がテンポがよくて好きだったけど、今回は湯川の教え子の話が割と長めで面白かった。
    湯川が教え子が科学の力を使って殺人をしようとするのを食い止めるどころか、力を貸そうというシーンがよかった。「私のことなら気にするな。これもまた自業自得だ。教え子に正しく科学を教えてやれなかったことに対する罰だ」というセリフが湯川の愛情深さと潔さが現れていてじーんときた。どこまでも真っ直ぐな人だなあ。
    これもドラマ化したらしいけど、ドラマは見ていなくても、すんなりと入ってきた。ガリレオシリーズ、大好き。

全630件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

東野圭吾の作品

ツイートする