色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

著者 :
  • 文藝春秋 (2013年4月12日発売)
3.63
  • (913)
  • (2247)
  • (1773)
  • (421)
  • (102)
本棚登録 : 14103
レビュー : 2269
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163821108

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 色彩を持たない多崎つくるくん。
    彼の喪失と再生の旅。

    前作1Q84に比べると、ずっと現実的。幻想的な部分をできる限り削ぎ落としましたという感じ。

    そうかもしれない、あるいはそうでないかもしれない。
    からの「彼女を手に入れるべきだよ、絶対」。

    どの文章を切り抜いても、美しい。

  • 春樹作品では珍しく、読んでいてこれはわたしの物語だと思えた。
    結構地味だしある程度普通なストーリーだからこそ、ゆっくり読めたし想像の余地を充分に与えてもらった。
    前作1Q84ではおもしろすぎて、読むスピードが追いつかなかったほどでした。
    ところどころお馴染みの不思議さ、プール、クラシックや洋服の詳細な描写などの春樹ワードが散りばめられていて、ああ春樹作品を読んでいるという実感がわいた。

    喪失、嫉妬、驚き、綻び、友情と傷、そして音楽。
    わたしはつくるの頑張りや沙羅のような大切な人はまだ手にしていないけど、これから手に入れなければならないと思う。絶対に。

  • あー 一緒に旅したなぁーって感じです

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「一緒に旅したなぁ」
      そんな感じかぁ、、、
      早く文庫にならないかなぁ(オイオイって言われそう)
      「一緒に旅したなぁ」
      そんな感じかぁ、、、
      早く文庫にならないかなぁ(オイオイって言われそう)
      2013/04/17
  • 多くの方が仰るようにこれまでの作品と比べると全体的にサッパリとした印象を受けました。これまでの作品の多くに共通してきた抽象的な出来事や繋がり、これはどのような繋がりを持つのだろうと考えさせられるような要素は希薄です。しかし主人公が過去に失われた友人関係に再び向き合う内容は、共通・共感する部分が多くあり自然と感情移入することが出来ました。私だけでなく多くの人が思春期に似た経験をしているんじゃないでしょうか。主人公が友人グループを追放された理由が気になるのもあり貪るように読んでしまいました。個人的には非常に良かったと思います。

  •  村上春樹ファンを自称し、小説に関しては全作品読んでいる自分が、春樹文学全史を凝縮したような豪華な印象を受け、読書することの幸福感を感じ、また感動に感情を揺らされもして今回は絶賛の嵐だと思っていたけれど意外にも評価は分かれているようで「あれれ?」って感じ。
     確かに村上春樹の小説にしてはあまりにも単純明快で深読みして(まるで評論家にでもなったみたいに)これは何のレトリックであれはここに繋がってそれはこういう意味を与えられているのではないか? などと思考を巡らす楽しみは今作では味わえなかった。その辺で往年の春樹ファンが求めている需要に応えている作品ではないのかもしれない。
     しかし今作は明らかに3.11後の日本を意識して書かれており、よりダイレクトに伝わる分かりやすいメッセージを持った作品になるのは致し方なかったのではないかと思います。
    『喪失』というテーマは村上春樹のあらゆる作品に通底するテーマではあるが、今作では3.11での悲劇に結び付けないで読むわけにはいかない。過去に失われたものを取り戻す多崎つくるの旅。それは同時に永遠に失われてしまったもの(現実)を受け入れる旅。まず駅を作らなくてはならない。足りないものは後からいくらでも補修すればいい。そして過去を理由に今、目の前にある愛を手放してはならない、絶対に手に入れなくてはいけないという黒からつくるへの激励。メッセージは直接的で主人公は「やれやれ」と濁さない。その点においては多少、他作品と毛色が違う印象を受けた。
     しかしそれでも僕は村上春樹作品を包括したような印象を本作に持ちました。著者本人が「短編を書くつもりが長編になったのは『ノルウェイの森』以来だ」と語るように、どこか主人公が一人歩きしている印象を受けるテンポ感。冒頭で時間の限定(大学2年の7月~翌1月まで死ぬことしか……)がされるのが18日間の物語であることが冒頭で語られる『風の歌を聴け』を想起させる点。それらの内容が「僕」ではなく3人称で語られる点(長編で3人称が採用されるのはカフカ以降、3人称のみになったのは確か1Q84がはじめて)。なおかつ36歳である現代と高校大学時代の物語とを行き来している点。メインの登場人物ではない者が語る本筋との関わりがあいまいな挿話なんかは『ねじまき鳥』のようだと感じた点などがその理由です。
     だから一ハルキストとしてもベスト盤的な豪華さを感じる満足な作品でしたし、これから春樹を初めて読んでみようという人にも春樹好きか否かの選定にちょうどよいので勧めやすい(質・量ともに)、加えて物語構成的にも優れていて飽きさせない。いったい多崎つくるはなぜ仲間から追放されたのかとページを捲るワクワク感は良質なミステリー小説を読んでいる時のそれと同じでした。そして重い・暗いテーマを軽快な文体で綴って(誤魔化して)生きているように感じる主人公に共感し、僕が村上春樹作品に惹かれる理由の一つがそこにあることに気付かされました。軽快であるが故に読中(常日頃)はほとんど悲しみにつかまることはないのだけれどふとした瞬間や読後になって急に感傷的な何かに襲われるのです。不意を突かれるようにしてふと泣きそうになった箇所が2か所ありました。やはり村上春樹は素晴らしい唯一無二の作家だと今作を読んで僕は改めて思いました。

  •  色彩のない多崎つくるくんと色彩のある人たちとの話。あらかじめ失われた彼が持ち直し、欠けたまま過ごしていた所へ現れた「色彩のない」彼女と対話して過去を振り返る話。村上作品を愛する者として贔屓や冷静に取れてないところがあることを前提につらつらと。

     つくるくんは死の淵にありながらも清潔さにしがみつき日々の生活の中に、週2の洗濯をした。食事は最低限、昼の学食以外は果物をかじったり食パンをかじったり紙パックから牛乳を飲んだりした。
     これはとても重要なことだと思う。あまりに死というものが近い状態で、つくるくんはそれでもなお週2の洗濯をして清潔さにしがみついた。食事程切迫するわけでもないのに。
     過去の例からいえば、村上春樹作品において家事を行うということは「イレギュラーからニュートラル戻る」ための儀式である。ねじまき鳥クロニクルの僕が15だか12だかにもわたる工程を経てアイロンをかけるように。
     つくるくんは「閉じた完璧な聖域」から拒絶され、断絶され、否定されて死を隣人にしながらも「生」に向けてささやかな歩み寄りをみせていたんだと理解した。それだけでつくるくんのことが大好きだと思った。

     生々しく幻想的な夢はほんの少ししか出てこない。真球のようなグループの中にいた二人の魅力的な女の子。そして賢明な後輩。夢の中の彼らの行為はつくるくん自身が自分を疑うに値するだけの衝撃を与える。結果として、彼はささやかながら精力的に(ある種の否定的行為として)女性と接し、性行為を行い、そして心を通わせぬまま通り過ぎていく。
     現実の世界では三十路中頃のつくるくんは「色彩のない」魅力的な年上の女性と知り合い、食事をしてお酒を飲む。彼は彼女に惹かれているし、部屋に来て欲しいと思う。しかしいざ彼女がやってきても、彼は「いつものように」性交渉ができずに終わる。これはとても重要なこと。「彼女は今までに付き合ってきた女性とは同じようにいかない」ということ。事実、彼女は今までの女の子たちが聞いたことがない話を聞き、過去を確認することを提案する。彼女は道を示す賢者であり彼を惑わせる悪魔でもある。

     村上作品の中でフェイスブックやツイッターという言葉を見るのがなんだかおかしかった。なんというか、風の歌を聞けのイメージが染み付きすぎているんだと思う。古臭く、まわりはよくわからない熱気に囚われているけれどそこに入り込めない昭和の青年のイメージ。でもつくるくんは違う。おそらくは平成の時代に生きる、駅を作る仕事に携わる三十路の男性だ。

     つくるくんは彼女に勧められるまま、自らの意思で過去と向き合う。成長した完璧な空間の友人たちはみんなてんでバラバラになっていて、考えることも仕事も違うし、お互いが歩いてちょっとの職場に努めているけれど会うこともしない。
     けれども、彼らもまた疑問と不安の中にあったのだということをつくるくんは知ることになる。彼らがつくるくんを愛し、尊敬し、一目置いていたことを知る。彼らによって引き出された劣等感は彼らの言葉から解き放たれることになる。
     そう、誰もが疑問と疑惑に埋もれながらつくるくんを愛していた。色彩のある彼らは色彩のないつくるくんを媒体にして寄り添っていたことを知る。今までに行ったことのなかった海外で、色彩から脱却した二人の女の子(成熟して豊かな胸を持つ女の子と、均衡を失い輝かしいものを失ったと共に命まで奪われた女の子)と語ることによってあの時なぜ自分が断絶されたのかを知る。
     知ったからといって全てが解決するわけではない。物事はすでに終わってしまっているし、完璧な空間は失われてしまってもう元に戻ることは無い。永久に。
     それでも。
     それでもつくるくんはようやくあの時の呪縛から、死の淵に立つほど追い詰められたあの場所から自らの足で歩き出すことを始める。それは彼があの出来事以降初めて知り合い親しくなった「色彩のない」彼女を欲するという形で。
     三十路過ぎた男が愛しさのあまり深夜4時前に電話をするなんて本当に馬鹿げていると思う。それこそ高校生じゃないんだから。でも、行為が彼の気持ちの焦りを、あふれでる愛しさを、行き場のない衝動の発露として示している。
     彼女は3日間待ってくれという。その間につくるくんは駅で人々を見たり電車を眺めたり、電話をしたくせに電話に出なかったりする。彼自身の日常は穏やかにゆっくりと変質を始める。
     彼女に結婚を申し込もう、断られたら死のう。きっと彼はその通りにするだろう。彼女から色よい返事をもらえたならばその場で結婚を申込み、もらえなかったら人知れずひっそりと、今度こそ死の底へと向かうだろう。ここで自己啓発セミナーを開く友人の言葉が効いてくる。
    「ようこそ、自由の世界へ」
     つくるくんは、ようやく自由を手に入れた。それは良いニュースであり悪いニュースである。どうしてこのセリフが帯に書かれているんだろうと思ったけれど、そういうことなのだ。

     総括として、1Q84の後に書かれるべくして書かれた物語なんだろうなと思った。何よりも人と「関わらないこと」に徹していた彼が、1Q84で他者を求め愛を求め人と人が支え合うということを提示した時の感動と驚きといったらなかった。今回は、ひとりの人物が喪失した自己を取り戻し、他者を求めるという話だった。
     おそらくこの喪失と再生には少なからず3.11も関わっているのだろう。完膚なきまでに失われ、呆然と佇むしかないところから這い上がり起こった出来事を見つめて消化する。そのことが書かれていたのだと思う。多かれ少なかれ。

     未だに「病にかかった女性」が何のシンボルであるかをつかめずにいるのが悔しい。ともあれ、素晴らしい作品に触れられたことを嬉しく思う。

  • 【No.77】「限定された目的は人生を簡潔にする」「どんなに穏やかに整合的に見える人生にも、どこかで必ず大きな破綻の時期がある。狂うための期間、といっていいかもしれない。人間にはきっとそういう節目みたいなものが必要なのだろう」「本当に深く心が傷ついたときには、言葉なんて出てこないもの」「どんな言語で説明するのもむずかしすぎるというものごとが、私たちの人生にはある」

  •  やっと春らしく暖かな陽ざしに包まれた今日のように、爽やかな読後感だった。きっと誰もが読みながら、自身の隠したい、けれども向き合うべき歴史を辿っていたのではないだろうか。もしかしたら自分の記憶とそれは違うのかもしれない、ある時それは自分が思うほど悪いものではなく、またある時は知らずに人を傷つけている―もっとひどいもの。
     しかし、村上春樹は決していつもうまく生きられない『人』というものを肯定してくれているように思う。『風の歌を聴け』で彼はあらゆるものは通り過ぎ、それは誰にも止められないと言った。しかし、すべてが忘れ去られるわけじゃない、とこの作品では言っている。彼も変わっていっている、彼もこの時代を共に生きている。『人』は揺らぎながら変わっていく。彼の温かさを感じたことがきっとこの読後感をもたらしたのでしょう。

  • マイベスト・ハルキ作品になるかも。『1Q94』でも示されなかった、「作家としての答え」のようなものが、かなり意図的に伝わりやすいかたちで描かれていて、「解釈は読み手に任せる」という煮え切らない態度にイライラしていた私としては、つかえが取れたかんじがする。久々のスッキリした読後感。これで、また彼の評価は変わるんじゃないだろうか。おそらく、いいほうに。
    文体を少し変えてみたり、とても丁寧に「つくる」の心を描写することを試みていて、かつて河合隼雄が「深いところまで行って、よく無事に戻ってきましたね」と評した『ねじまき鳥クロニクル』以来のマイルストーン的作品。いよいよ、作家としての最後への覚悟といったものがうかがえる、長く読んできてよかった、と思わせてくれる内容でした。しっかし、驚くべきリーダビリティ…やはり稀代のストーリーテラーなのだな。

  • 発売日当日に購入。
    私はミーハーかも知れない。

    今までの作品と違って、かなり読みやすかった印象。
    ストーリーもあまり謎の残るものでない。

    でも、言葉の使いかたは、相変わらずすごいと思う。
    そして、厚みがある。

    「『話が逸れてしまったけど』とアオが言った。『おれが言いたいのは、上手な負けっぷりも運動能力のひとつだということだよ』」(P.11)

    「『失礼なことを言うようですが、限定して興味を持てる対象がこの人生でひとつでも見つかれば、それはもう立派な達成じゃないですか』」(P.53)

    あくまで、フィクションの中に登場する言葉であるけど、考えさせられるセンテンスだった。

全2269件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする