国語、数学、理科、誘拐

著者 :
  • 文藝春秋
3.49
  • (8)
  • (23)
  • (31)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 207
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163822907

作品紹介・あらすじ

勉強すると、人に優しくできるんだって――。『浜村渚の計算ノート』シリーズの著者がおくる、愛と感動の〝塾〟ミステリー!舞台は、小中学生を対象にした「JSS進学塾」。ある日、塾の公式アドレスに「おたくの塾生、山下愛子を誘拐した」との脅迫メールが届いた。犯人の要求する身代金額は、なんと五千円。しかもすべて一円玉で用意し、千円ずつにわけて五人の学生講師がファミレスに持参せよ、という驚きの内容だった。ファミレスに集まった五人は、犯人によって一人ずつ順番に呼び出されるのだが、彼らを待っていたのは、それぞれが得意とする科目の難問、奇問。「こんな悪ふざけをするのは、あいつしかいない!」――五人は、塾に恨みをもつ元講師を疑うのだが、誘拐事件は、やがて意外な展開を見せる……。五人の講師たちは、少女を、塾を、救うことができるのか?いま塾に通っているみんなも、かつて通っていたお父さんお母さんも、一緒になって楽しめて、「読むと、勉強したくなる」(ここ重要!)、世界初の塾ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 塾が舞台の「誘拐事件」なんて、ドキドキしちゃう、親として。
    しかし、身代金が五千円だとか、全部一円玉で用意しろとか、なんかちょっとおかしな事件だよなぁと思いながら読む読む。
    「犯人」の要求を満たすための問題に思わず真剣に取り組んでしまった。
    まさに、「解くのは事件か問題か!」
    この夏、子どもと一緒に読みたい「ためになるミステリ」

  • 学習塾を舞台とした誘拐ミステリ。軽い読み心地でさくさく読めます。雰囲気も明るいので、物騒なミステリが苦手な人にもお勧め。優しさの感じられる事件です。
    ところどころに出てくる「勉強」がなんとも……たしかに年号ごろ合わせなど興味が持てそう。こんな学習塾があるといいかも。しかしニュートン算って! すみませんこれが最大級の解けない謎です。無理~。

  • 学習塾に通う女の子が誘拐され、塾講師が翻弄されるお話
    身代金が5000円というところがポイントかな

    展開的に犯人は はは~ん と気がつくけど、更に先のところまではわからんかった
    まぁ、特徴的なヒントは元から描かれていたわけだけどね


    個人的な感覚だけど、中学校で習う知識を全て習得している人は、結構な知識人としての振る舞いができると思う
    よくあるクイズ番組で出される教養問題の殆どは中学生レベル
    ただ、全ての教科とその到達レベルの両立が難しい
    いくら大学出てても、自分の専門ではない分野や切り捨ててきた部分の知識ってまったく見についてないもんなぁ
    そんなわけで、オールラウンダーな知識人ってすごいと思う

    勉強すると余裕ができると言う考えはいいなぁ
    まぁ、勉強できる人全てに余裕があって人にやさしくできるわけでもないけどね
    そこを目指すのが大事ということ


    それはそうと、最初のニュートン算
    解法を最初に思い浮かばなくても、計算できる数を一つ一つ出していけば自ずと解ける
    ただ、これを小学生にわかりやすいように教えろと言われたらどうするかね?
    グラフがわかるんだったら説明しやすいかもだけどね

  • (2018-07-14L)

  • JSS進学塾で誘拐事件が発生!Σ( ̄□ ̄;)「そんなアホな!?(--;)」という事がスルスルと誘拐犯の計画どおりに進んでいく(^^;)でも最後に真相が解った時「なんて凄い計画だったんだ(゜゜;)」「この進学塾凄い!(^^)」と思った♪

  • 舞台は、小中学生を対象にした「JSS進学塾」。
    ある日、塾の公式アドレスに「おたくの塾生、山下愛子を誘拐した」との脅迫メールが届いた。
    犯人の要求する身代金額は、なんと五千円。
    しかもすべて一円玉で用意し、千円ずつにわけて五人の学生講師がファミレスに持参せよ、という驚きの内容だった。
    ファミレスに集まった五人は、犯人によって一人ずつ順番に呼び出されるのだが、彼らを待っていたのは、それぞれが得意とする科目の難問、奇問。
    「こんな悪ふざけをするのは、あいつしかいない!」――五人は、塾に恨みをもつ元講師を疑うのだが、誘拐事件は、やがて意外な展開を見せる……。
    五人の講師たちは、少女を、塾を、救うことができるのか?
    (アマゾンより引用)

    面白かったなぁ(*´∀`*)
    犯人の予想はだいたい見当がついてたものの、動機が分かんなくてあせあせ(飛び散る汗)
    でも、読んでくとなるほど…と思えて
    まとまり具合も良くてホント面白かった(*´∀`*)

  • ストーリー ★★★★★
    謎解き度  ★★★★★
    ほっこり度 ★★★★★

    塾の生徒が誘拐された!
    犯人から出される5教科の問題を解かなければ、生徒の命はない。
    塾長と5人の講師たちは、生徒を無事救出することはできるのか?

    誘拐事件がメインですが、ほのぼのとしたストーリー。
    勉強することの意味、塾の存在意義などを考えさせられます。
    大人が読んでも、子どもが読んでも、それぞれに感じるところがありそうな本です。

  • ライトな学習塾ミステリ。
    優しい色使いの表紙と内容が、よく合っている。

  • 2015.07.10
    今度、図書館で借りる予定です。

    2015.07.14
    近くの図書館で借りました。
    借りた日に読み終わりました。
    とても面白かったです!
    誰が誘拐の主犯かは読んでいて分かったのですが、その理由や細かい所までは最後まで読んでやっと分かりました。

    この作家さんの本を他にも読んでみたいと思いました。

  • 2015.7.4 読了

    ある進学塾で 誘拐事件が起こる。

    そこの大学生アルバイト講師5人が
    事件解決に奮闘。

    犯人は、それぞれの講師全員に
    それぞれの得意分野の問題を出題し、
    現金の受け渡し場所を解かせたり、
    なかなか ミステリ要素もあり、
    読ませてくれました!

    バイトで 講師とか選ぶ人って
    尊敬する~

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年、千葉県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。早稲田大学クイズ研究会OB。『浜村渚の計算ノート』で第3回「講談社Birth」小説部門を受賞しデビュー。

「2019年 『浜村渚の計算ノート(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

国語、数学、理科、誘拐のその他の作品

青柳碧人の作品

国語、数学、理科、誘拐を本棚に登録しているひと

ツイートする