ミッドナイト・バス

著者 :
  • 文藝春秋
3.75
  • (64)
  • (151)
  • (120)
  • (15)
  • (1)
本棚登録 : 763
レビュー : 145
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163900063

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 16年前に離婚してバラバラになった家族の再生、新潟知っていたら、もっと面白かったが、じんわり感動。「どんな大きな橋もビルも一人では作れん。ましてや生きている人間の人生だ。辛い時に助けを求めるのは、きっと恥ずかしいことじゃない」「恐れずに進めばいい。走り続けたこの先にはいつだって、きれいな朝が待っている。」

  • 新潟市から高速道路で1時間程の架空の市、美越市にあるバス会社の白鳥交通。そこで高速バスの運転手をしている高宮利一。東京の会社をやめ突然帰郷した息子怜司、ゴスロリのショップで働きながら仲間とウェブサイトで魔法少女のキャラをやる彩菜、別れた妻の美雪、今の恋人志穂。そしてその周辺の人々が織りなす人間模様。

  • ばらばらになってしまった家族が、徐々に打ち解けてまた新しい門出に向かって行く。

  • 何度も読むうちに、まるで深夜バスにゆられていくように、どんどん気持ちが登場人物たちに近づいていくのを感じます。とてもていねいに主人公とそれを取り巻く人々を描き、お話を紡ぐ、大好きな作家さんです(第151回 直木賞候補作)。

  • 言っておきたい言葉はなかなか言えず、言わなければ良かったと後悔する言葉ばかりが口をつく。
    不器用に生きている家族が、もう一度お互いをみつめあう。
    家族の再生というより、自分の物語を紡ぎなおすという感じを受けた。

  • 離婚をした家族4人、それぞれが何かに傷ついたり何かに後悔をしたりと心のすれ違いに苦しむ中、少しずつ心の距離を縮め前に進もうとしていく再生物語。人一人では生きられない、人と人とのつながりを丁寧に描いた心温まる作品だった。家族以外のどこかでつながっている人たちの話も温かい話だった。

  • 第151回 直木賞候補作

  • 内容紹介
    東京での過酷な仕事を辞め、故郷の新潟で深夜バスの運転手をしている利一。
    ある夜、彼が運転するバスに乗ってきたのは、十六年前に別れた妻だった――。
    父親と同じく、東京での仕事を辞めて実家に戻ってきた長男の怜司。
    実現しそうな夢と、結婚の間で揺れる長女の彩菜。
    そして、再婚した夫の浮気と身体の不調に悩む元妻、美雪。
    突然の離婚で一度ばらばらになった家族は、
    今、それぞれが問題を抱えて故郷に集まってくる。
    全員がもう一度前に進むために、利一はどうすればいいのか。
    家族の再生と再出発をおだやかな筆致で描く、伊吹有喜の新たな代表作!

  • やっぱりこの人の本は好きだ。
    “家族”や人とのつながりを描いた作品が多いけれど、毎回必ずどこかで涙が溢れてくる。
    ミステリーのように、ここが山場!とかハッキリしたものはないのに、そのシーンを頭に思い浮かべ、綴られてる言葉を読むと、ブワッと来る。

    東京での過酷な仕事を辞め、故郷の新潟で深夜バスの運転手をしている利一。
    ある夜、彼が運転するバスに乗ってきたのは、十六年前に別れた妻だった――。

    父親と同じく、東京での仕事を辞めて実家に戻ってきた長男の怜司。
    実現しそうな夢と、結婚の間で揺れる長女の彩菜。
    そして、再婚した夫の浮気と身体の不調に悩む元妻、美雪。

    突然の離婚で一度ばらばらになった家族は、
    今、それぞれが問題を抱えて故郷に集まってくる。
    全員がもう一度前に進むために、利一はどうすればいいのか。

    家族の再生と再出発をおだやかな筆致で描く、伊吹有喜の新たな代表作!

  • 深夜バス、というタイトルから
    旅行を思い出しました。

    安くて、狭くて、寝心地は良くなかった。
    でも眠れない最中、
    高速道路の灯を眺めるのが好きです。
    色々な人が乗車しているんだろうな、と
    想像した事も。

    そういう話をイメージして読みました。

    実際には異なっていましたが、
    人を乗せる、時間が進む、物事が移動する、
    そういう「流れ」を、
    このお話は生み落しています。

    その流れの文章への落とし込みが
    非常に丁寧で、
    ストーリーへの絡みを絶妙にしています。

    色々な本を読む度に、
    作品へのキャッチコピーのようなものが
    浮かぶのですが、
    本作は「ひとにおすすめしたいほん」です。

全145件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

伊吹有喜(いぶき・ゆき)
1969年三重県生まれ。三重県立四日市高等学校、中央大学法学部法律学科卒業。四日市市観光大使。1991年に出版社に入社。雑誌主催のイベント関連業務、着物雑誌編集部、ファッション誌編集部を経て、フリーライターになる。2008年に永島順子(ながしま・じゅんこ)名義で応募した『風待ちのひと』(応募時のタイトルは「夏の終わりのトラヴィアータ」)で第3回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞。2009年に筆名とタイトルを改め同作で小説家デビュー。2014年『ミッドナイト・バス』で第27回山本周五郎賞候補、第151回直木賞候補。2017年『彼方の友へ』(実業之日本社)本作で第158回直木賞候補。

ミッドナイト・バスのその他の作品

伊吹有喜の作品

ツイートする