ミッドナイト・バス

著者 :
  • 文藝春秋
3.75
  • (64)
  • (151)
  • (120)
  • (15)
  • (1)
本棚登録 : 763
レビュー : 145
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163900063

作品紹介・あらすじ

東京での過酷な仕事を辞め、故郷の新潟で深夜バスの運転手をしている利一。ある夜、彼が運転するバスに乗ってきたのは、十六年前に別れた妻だった――。父親と同じく、東京での仕事を辞めて実家に戻ってきた長男の怜司。実現しそうな夢と、結婚の間で揺れる長女の彩菜。そして、再婚した夫の浮気と身体の不調に悩む元妻、美雪。突然の離婚で一度ばらばらになった家族は、今、それぞれが問題を抱えて故郷に集まってくる。全員がもう一度前に進むために、利一はどうすればいいのか。家族の再生と再出発をおだやかな筆致で描く、伊吹有喜の新たな代表作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新潟にバスに乗って行きたくなる。

  • 東京⇔新潟間の深夜バスを運転するアラフィフの男。離婚歴あり、2人の子持ち、東京に一回り歳の違う恋人がいる。そんな男を主人公に、家族や仕事、様々な形の愛を描いた作品。淡々としていながら大事なことは譲らない男と作品が一体となっていて、読んでいて共感する箇所が多かった。結局最後は落ち着くところに落ち着いたというか、長男の行動以外は予想できてしまったのが残念だったが。

  • 彼方の友へ、がよかったんで、借りてみる。
    ミッドナイトバス、夜行バス、なかなかつかれるけれど、
    お財布には優しく、乗ってたら目的地まで連れてってくれる、便利な交通手段だ。
    それに乗る人たちの人間模様かな?っと思ったら、
    それを運転してる人の諸々家族小説でした。
    過去に守れなかった人、選べなかった未来、
    先の見えない未来への不安、それでも掴みたい未来。
    家族でも、家族だから言えないこと。
    そんな諸々がごった煮でちょっと疲れた。
    やっぱ、夜行バスより新幹線がいいー。先立つものあれば。笑
    いやいや、好きって言ってるじゃん、そばにいてっていってるじゃん、昔の女、抱きしめてんじゃねーよ、っとちょっと毒づいてみたりしちゃった。
    でもまあ、それぞれに朝が来て、それぞれの目的地に向かってまたみんなが進みだしてるんで、読後感はよい。
    怜司くんの過去話は少々突然で、そっちかあ、重いーーっとまたぐったりした。

  • 地元に戻り深夜バスの運転手として働く利一。
    姑との仲違いの結果家族を置いて出ていった美雪、
    心を病んで身体に不調の出て東京から戻った息子怜司、
    クリエイティブなことを半分仕事と趣味で極める娘彩菜。
    元4人家族が、それぞれの事情で故郷新潟に集まった。


    2人の女性の間で気持ちを揺るがす利一と、別れた原因が自分にあると自覚しながらも、利一に再び思いを寄せるかのような仕草をする美雪に少しイライラしました。
    怜司の悩みの原因も、なかなか分からないため、ハッキリしない感じが好ましくなく、終盤まではあまり良い感情をもてずに読んでいました。

    所々に登場する脇を固める方々のエピソードはとても良かった。
    そして、彩菜の姿が1番好ましかったです。

    少しずつの歩み寄りで、わだかまりが解け、元いた場所に戻ったり、更に先に進んだりと、最後は穏やかに丸く収まります。

    美雪の父敬三と4人のドライブのシーンには泣きました。

    家族の再生の物語。
    スッキリした話ではないですが、心の奥底に響く作品でした。

  • 小説を興味を持って、面白いと感じる要素に共感と願望があると思う。主人公は40後半の男性、離婚経験はないものの、家族について悩み、後悔し、感じることに共感でき、今の自分自身にとってど真ん中ストライク。

    アマゾンの内容紹介から
    ーーーーーーーーーー
    東京での過酷な仕事を辞め、故郷の新潟で深夜バスの運転手をしている利一。?
    ある夜、彼が運転するバスに乗ってきたのは、十六年前に別れた妻だった――。?

    父親と同じく、東京での仕事を辞めて実家に戻ってきた長男の怜司。?実現しそうな夢と、結婚の間で揺れる長女の彩菜。?そして、再婚した夫の浮気と身体の不調に悩む元妻、美雪。?

    突然の離婚で一度ばらばらになった家族は、?今、それぞれが問題を抱えて故郷に集まってくる。?全員がもう一度前に進むために、利一はどうすればいいのか。?

    家族の再生と再出発をおだやかな筆致で描く、伊吹有喜の新たな代表作!
    ーーーーーーーーーー

  • ある程度大人になったから受け入れる事が出来るようになった小説だと感じた。

  • 夜行バスの運転手である主人公の利一。とその元妻や息子や娘やその他おおぜい。じんわりくる。とても映画的だと思った。

  • いい小説を読めたなあ。話を追っていくのが楽しみでいいペースで読めた。面白い本だと読み進めるが惜しくてチビチビ読んだあげく、読み疲れてグダグダで読了ということもままあるんだけど、この小説はそういうこともなく最後まで、どうなるんだろう、こうなればいいのになあ、と思いながら、「うん、まずまず」と読み終えた。
    淡々と新潟に家があるアラフィフの高速路線バス運転手・利一さんの周囲の出来事が描かれる。淡々といっても、周囲には成人した息子と娘、学生自分にできちゃった結婚して離婚した元妻、最近いい仲になっている東京の女性といった人々がいて、けっこういろんなことが起きるんだけど、それらがいい意味で淡々と、長い人生のひとコマのように綴られる。この落ち着いた筆致が深夜便の高速バス(ミッドナイト・バス)や利一さんの人柄とあっているようで好感がもてる。挿話的に、バスの乗客の人生のひとコマも垣間見える。本筋と関係ないこの部分が意外といい効果を出している。
    この小説は家族を描いているようでもあるが、あえてそうではないのだと解釈したい。血や紙でつながった「家族」というものでなく、合縁奇縁で出会った人々がつながったり離れたり、また結びつきを心の拠りどころにして生きていく物語。数十年ともに生きることも、同じバスに乗ってつかの間ふれ合うのも、ひとつの人どうしの出会いとしては等価値のように思える。だから、バスの乗客の挿話も読み捨てにできない気がするのだと思う。
    終盤に向けて、登場人物たちは一歩いい方向へ踏み出していく感じがするんだけど、そのなかで利一さんだけがどうなのかなと思ってしまう。バス運転手として新潟と各地を行き来するかたわら、利一さんは子どもたちや元妻を包み込んで後押ししてあげている気がするんだよね。それでいながらいい仲だった女性とはぎくしゃくしたあげく、いったんはつき合いを断ってしまう。利一さんは人のために気働きして自分は一歩いい方向へ踏み出せていない気がする(最後の最後はそうでもないのだと思うけれど)。
    利一さんがそうしてしまうのはなぜか。そこがかつての離婚や人づき合いの背景に影響していると思うんだけど、それって勝手な「男たるもの」意識なんじゃないかなとふと思う。利一さんがマッチョ思想なわけではないのだけど、世の男性が心ひそかに思ったり重荷にしている意識に利一さんも縛られているんだろうなあ。
    こんなふうに思ったのは、元妻の父親が「男たるもの」的なことを利一さんに話すところがあったから。ちょっとステレオタイプな描きぶりで、この小説にそぐわない気もしたんだけど、女子ども以外として生きるのってつらくもあるだろうし、よかれと思っていることが、ほかの人を不幸にしていることもある。小説の定石として最後は示唆的に終わっているけど、その先の利一さんを知りたい。

  • 各々悩みを抱える乗客達を乗せた深夜バスは今宵も静かにひた走る。
    真っ暗闇の夜を通り越したら、みんなに等しく朝はやって来る。
    見て見ぬ振りをする煮え切らない父にも、都会に馴染めずストレスを抱え爆発寸前の兄にも、仕事と結婚の板挟みに悩む妹にも、夫の浮気と体の不調に悩む元妻にも。
    バラバラに散らばっていた不器用な家族は、やがて自分達のペースで人生を進み始める。
    ゆっくりと穏やかに。

    本編も良かったけれど、時折付けられるアナザーストーリーがとても好き。
    しんみり泣きそうになる話が多く、とても良かった。

    今、先の見えない暗がりの中でもがいていたとしても、明けない夜は決してない。
    その先には輝かしい朝日が待っている。
    じわりじわり元気をもらえた。

全145件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

伊吹有喜(いぶき・ゆき)
1969年三重県生まれ。三重県立四日市高等学校、中央大学法学部法律学科卒業。四日市市観光大使。1991年に出版社に入社。雑誌主催のイベント関連業務、着物雑誌編集部、ファッション誌編集部を経て、フリーライターになる。2008年に永島順子(ながしま・じゅんこ)名義で応募した『風待ちのひと』(応募時のタイトルは「夏の終わりのトラヴィアータ」)で第3回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞。2009年に筆名とタイトルを改め同作で小説家デビュー。2014年『ミッドナイト・バス』で第27回山本周五郎賞候補、第151回直木賞候補。2017年『彼方の友へ』(実業之日本社)本作で第158回直木賞候補。

ミッドナイト・バスのその他の作品

伊吹有喜の作品

ミッドナイト・バスを本棚に登録しているひと

ツイートする