ミッドナイト・バス

著者 :
  • 文藝春秋
3.75
  • (64)
  • (151)
  • (120)
  • (15)
  • (1)
本棚登録 : 763
レビュー : 145
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163900063

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 各々悩みを抱える乗客達を乗せた深夜バスは今宵も静かにひた走る。
    真っ暗闇の夜を通り越したら、みんなに等しく朝はやって来る。
    見て見ぬ振りをする煮え切らない父にも、都会に馴染めずストレスを抱え爆発寸前の兄にも、仕事と結婚の板挟みに悩む妹にも、夫の浮気と体の不調に悩む元妻にも。
    バラバラに散らばっていた不器用な家族は、やがて自分達のペースで人生を進み始める。
    ゆっくりと穏やかに。

    本編も良かったけれど、時折付けられるアナザーストーリーがとても好き。
    しんみり泣きそうになる話が多く、とても良かった。

    今、先の見えない暗がりの中でもがいていたとしても、明けない夜は決してない。
    その先には輝かしい朝日が待っている。
    じわりじわり元気をもらえた。

  • 素晴らしく良かったです!読みごたえある1冊でした。家族と、その周辺の人々の、近いがためにうまく思いを伝えられなかったり、モヤモヤや、葛藤や、相手を思うあまりのすれ違いや、そういう優しさやもどかしさが、ホントに上手く(というのもヘンですが)、書かれていて、ぐいぐいと引き込まれて、一気に読んでしまいました。
    弱さや、強がりや、それを超えた強さや・・・親って、子供のためなら、いくらでも強くなれるんですよねー。
    でも、子供って、親だって弱いひとりの人間、って知ってるんですよねw 子供の方が、強いのかもしれません。
    ある程度の歳を経て、それなりの経験をしてこそ共鳴でいる小説というのはあるもので・・・出会えると、嬉しいですよね。歳を取ってしまったことも、よかったと思えるというかw

  • 深夜バスの運転手、利一。
    離婚した妻との関わり、その父、義父との付き合い、息子、娘、一緒に生活してもいいと思える女性とのつながり。
    女性との関係を除けば、どの関係も今ひとつうまくいっていないという状態。
    相手のことを考えていないわけではないのに、それをうまく表現できない不器用な人もいれば、器用すぎて悟らせない人もいる。
    言わなくてもわかる。
    いえいえ、言わなきゃ他人が考えてることなんてわかるわけないよ。伝えたいことはきちんと伝えていきたい。
    次に何か良い方向に動きそうな終わり方が良かった。

  • よかった。私は泣けた。子供らと親たちの想いがすれ違い噛み合わないところ、でも実はみんなあったかい人であることに、言葉足らずで通じ合わないのは親子だってあるよなと。みんなそれなりに歩き出す前向きな結末にも嬉しくなりました。読み終わったあと、優しい気持ちになれました。

  • 小説を興味を持って、面白いと感じる要素に共感と願望があると思う。主人公は40後半の男性、離婚経験はないものの、家族について悩み、後悔し、感じることに共感でき、今の自分自身にとってど真ん中ストライク。

    アマゾンの内容紹介から
    ーーーーーーーーーー
    東京での過酷な仕事を辞め、故郷の新潟で深夜バスの運転手をしている利一。?
    ある夜、彼が運転するバスに乗ってきたのは、十六年前に別れた妻だった――。?

    父親と同じく、東京での仕事を辞めて実家に戻ってきた長男の怜司。?実現しそうな夢と、結婚の間で揺れる長女の彩菜。?そして、再婚した夫の浮気と身体の不調に悩む元妻、美雪。?

    突然の離婚で一度ばらばらになった家族は、?今、それぞれが問題を抱えて故郷に集まってくる。?全員がもう一度前に進むために、利一はどうすればいいのか。?

    家族の再生と再出発をおだやかな筆致で描く、伊吹有喜の新たな代表作!
    ーーーーーーーーーー

  • いい小説を読めたなあ。話を追っていくのが楽しみでいいペースで読めた。面白い本だと読み進めるが惜しくてチビチビ読んだあげく、読み疲れてグダグダで読了ということもままあるんだけど、この小説はそういうこともなく最後まで、どうなるんだろう、こうなればいいのになあ、と思いながら、「うん、まずまず」と読み終えた。
    淡々と新潟に家があるアラフィフの高速路線バス運転手・利一さんの周囲の出来事が描かれる。淡々といっても、周囲には成人した息子と娘、学生自分にできちゃった結婚して離婚した元妻、最近いい仲になっている東京の女性といった人々がいて、けっこういろんなことが起きるんだけど、それらがいい意味で淡々と、長い人生のひとコマのように綴られる。この落ち着いた筆致が深夜便の高速バス(ミッドナイト・バス)や利一さんの人柄とあっているようで好感がもてる。挿話的に、バスの乗客の人生のひとコマも垣間見える。本筋と関係ないこの部分が意外といい効果を出している。
    この小説は家族を描いているようでもあるが、あえてそうではないのだと解釈したい。血や紙でつながった「家族」というものでなく、合縁奇縁で出会った人々がつながったり離れたり、また結びつきを心の拠りどころにして生きていく物語。数十年ともに生きることも、同じバスに乗ってつかの間ふれ合うのも、ひとつの人どうしの出会いとしては等価値のように思える。だから、バスの乗客の挿話も読み捨てにできない気がするのだと思う。
    終盤に向けて、登場人物たちは一歩いい方向へ踏み出していく感じがするんだけど、そのなかで利一さんだけがどうなのかなと思ってしまう。バス運転手として新潟と各地を行き来するかたわら、利一さんは子どもたちや元妻を包み込んで後押ししてあげている気がするんだよね。それでいながらいい仲だった女性とはぎくしゃくしたあげく、いったんはつき合いを断ってしまう。利一さんは人のために気働きして自分は一歩いい方向へ踏み出せていない気がする(最後の最後はそうでもないのだと思うけれど)。
    利一さんがそうしてしまうのはなぜか。そこがかつての離婚や人づき合いの背景に影響していると思うんだけど、それって勝手な「男たるもの」意識なんじゃないかなとふと思う。利一さんがマッチョ思想なわけではないのだけど、世の男性が心ひそかに思ったり重荷にしている意識に利一さんも縛られているんだろうなあ。
    こんなふうに思ったのは、元妻の父親が「男たるもの」的なことを利一さんに話すところがあったから。ちょっとステレオタイプな描きぶりで、この小説にそぐわない気もしたんだけど、女子ども以外として生きるのってつらくもあるだろうし、よかれと思っていることが、ほかの人を不幸にしていることもある。小説の定石として最後は示唆的に終わっているけど、その先の利一さんを知りたい。

  •  離婚によってそれぞれが心に傷を負って、なんとなく幸せになれないままに生きてきました。それぞれに何かしらの負い目を感じ、自分を罰しながら生きている。
     それでも陰鬱な感じにならないで、寧ろ爽やかな感じがします。
     抱えていた問題を、家族がやり直す事で解決する。皆が幸せに向かって行く最後がよかった。
     

  • 【あらすじ】
    男が運転する深夜バスに乗車してきたのは、16年前に別れた妻だった。
    壊れた「家族」という時計は再び動き出すのか――
    家族の再出発を描く感動長篇。

    【感想】
    すごく切ない物語だった。でも、家族のあり方、絆、すれ違い、愛情…いろんな家族を知ることができた。胸があたたかくなったと思えば、なんでそんなことを!と、もどかしく思ったり…まるで自分が物語の中に入り込んで、その様子をこっそり眺めているような感じがした。何度も読み直したい。そう思わせてくれた一冊だった。

  • 一気に読んでしまった。
    人生はうまくいかないことだらけ。そんな中で、もがきながら苦しみながら、でも前に歩いてる。
    登場人物は「は?」と思う人だらけで、共感は出来ないです。でも、みんなひたむきなので引き込まれます。
    わたしも頑張ろう。

  • うーーん。よかった。
    元妻の性格は嫌でイライラしたけど。
    ラストの方の「星は2種類ある」というくだりが心に沁みた。
    1年位前にアウェイ観戦で新潟に行ったので、地名とかわかるのも嬉しかった。

著者プロフィール

伊吹有喜(いぶき・ゆき)
1969年三重県生まれ。三重県立四日市高等学校、中央大学法学部法律学科卒業。四日市市観光大使。1991年に出版社に入社。雑誌主催のイベント関連業務、着物雑誌編集部、ファッション誌編集部を経て、フリーライターになる。2008年に永島順子(ながしま・じゅんこ)名義で応募した『風待ちのひと』(応募時のタイトルは「夏の終わりのトラヴィアータ」)で第3回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞。2009年に筆名とタイトルを改め同作で小説家デビュー。2014年『ミッドナイト・バス』で第27回山本周五郎賞候補、第151回直木賞候補。2017年『彼方の友へ』(実業之日本社)本作で第158回直木賞候補。

ミッドナイト・バスのその他の作品

伊吹有喜の作品

ツイートする