辞書になった男 ケンボー先生と山田先生

著者 :
  • 文藝春秋
4.15
  • (62)
  • (66)
  • (23)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 551
レビュー : 76
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163900155

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「舟を編む」で辞書作りの世界を垣間見た思いだったがそれはまさしく垣間見ただけだった。
    「新明解国語辞典」と「三省堂国語辞典」二点で累計4000万部を超える日本を代表する小型辞典は二人の個性的な編纂者の手によって編まれたものだった。
    母体となった「明解国語辞典」から二つの辞書が編まれるに至った経緯と編纂にあたった見坊豪紀先生と山田忠雄先生の出会いから確執を抱えたまま終えた生涯を記したノンフィクション。
    収録された語彙やその語釈を読むことによって二人が辞書を通して語り合っているかの様な深い読みに感動した。

  • 小さいころから家に会った辞書は、三国と岩波の辞書だった。大人になり、辞書といえば広辞苑って思っていた。ことばを教える仕事をするようになり、辞書を引くことが多くなり、説明のわかりやすい、明鏡を使うことが多い。辞書ってみんなおんなじ、どれを引いても、同じ、言い換え、堂々巡りって思ってた。
    辞書にも個性がある。見坊と山田。三国と新明解。
    辞書は鏡だ。辞書は文明批評である。いろんな辞書があっていいのだ。
    中国の康煕字典のように国によって言葉が決められるのではなくてよかった。
    新明解(三版)読んでみたかった。

  • ことばと共に生き、ことばに傷つき、誰よりもことばを愛し、国語辞書に人生を捧げた二人の男の物語。

    『舟を編む』の時は広辞苑を引っ張り出してきたが、今回書棚から手にとったのは子どもの頃から愛用していた『三国・第三版』。ケンボー先生をはじめ、編者一人ひとりの人となりが浮かび上がり、表紙を見ただけで感激してしまう。恐らく初めて読んでみた序文に胸がいっぱいになる。思わず、「エー(A)」や「レクシコグラファー」をひいてみる。実用品以外の何者でもなかった三国が、ケンボー先生の思いや人生が詰まった宝箱のように思えてくる。

    わが家に『新明解』がないのは何とも残念。日本を代表する二冊の国語辞書は、複雑に絡み合った数多の偶然がなければ生まれることはなかった。昭和辞書史最大の謎を丁寧に解き明かしていった著者の取材力には本当に頭が下がります。

  • 三省堂国語辞典と新明解国語辞典という二つの国語辞典に関わった見坊豪紀と山田忠雄という二人の辞書編纂者。東大での同級生だった二人が明解国語辞典の編纂者として協力しながら何故絶縁状態となったのか。この本は当時の関係者からの証言などからこの謎を解くとともに、二人の国語辞典への思いの違いを描く。

  • 全然興味が持てなかった。「葬式はするな」とまで言い遺した人のことをこんなに掘り下げるのは止めてあげてよう。

  • 国語辞典は言葉の意味を調べるために引くものだと思っていた。
    この本を読んだ事で、これからは語釈を読むのが楽しみだ。
    序文に編者の熱い思いが込められていたことや、それが二人の袂を分かつ大きな要因になった事にも驚いた。
    言葉は相手に伝えてコミュニケーションをとるためのものと思っていたが、伝わらないようにする要素もあるとのこと、またこれまでは抵抗感があったが、言葉の変化について行けるようにしたい。
    辞典を立ち読みし、編者がどんな気持ちで語釈を作ったのかを考えるのも楽しそうだ。

  • 言葉の意味の解釈にも個性があり、辞書にも相性がある
    人の作った社会の全てに人の手が関わっている、ということを思い出させてくれる、良書
    あとやはり時間というのはあらゆるものの薬になったりするんだな

    偉大なる先人に敬意を

  • 国語辞典にまつわる二人のお話
    内容ぎっしりだけど面白い

  • 辞書を通じて思いを伝える。かっこいい。

  • 20141218読了
    2014年2月出版。図書館で6月に予約し順番は半年後だった。●「三省堂国語辞典」の見坊豪紀(けんぼうひでとし)、「新明解国語辞典」の山田忠雄(やまだただお)、三省堂の辞書2冊ができるまでの話。三浦しをん「舟を編む」で辞書作りの世界を知り、この本を読んでみたくなったのだった。ことばが専門の業界で、ことばを発端に誤解がうまれた2人の関係性、「ことばは不自由な伝達手段である」事例そのもの。●辞書でよく見る「金田一京助」の名前。あれは名義貸しで、辞書作りの当事者は別にいると知った。●P240 平田篤胤「毀誉相半書」真の具体的評価は必ず毀誉相半するもの。ものにはプラスとマイナスの評価が相伴うもので、それが真の意味での具体的評価である。●「新明解」に関する本も読んでみたくなった。●1月9日 P188、P215

全76件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

佐々木健一

1943年,東京都生まれ.東京大学文学部卒業.同大学院人文科学研究科修了.東京大学文学部助手,埼玉大学助教授,東京大学文学部助教授,同大学大学院人文社会系研究科教授,日本大学文理学部教授を経て,現在,東京大学名誉教授.美学会会長,国際美学連盟会長,日本18世紀学会代表幹事を歴任.専攻,美学,フランス思想史.

「2019年 『美学への招待 増補版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辞書になった男 ケンボー先生と山田先生のその他の作品

佐々木健一の作品

ツイートする