寄生虫なき病

制作 : Moises Velasquez‐Manoff  赤根 洋子 
  • 文藝春秋
4.29
  • (42)
  • (23)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 419
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (507ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163900353

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 450ページ近くある大作で読み応えがあった。引用した研究論文も数多く、最新医学の研究結果を余すことなく紹介している。発酵食品や微生物のそのまま付着した生野菜を摂取することで、腸内細菌のバランスや多様性を保つことが重要と理解。一方有用な細菌までも死滅させてしまう抗生物質のデメリットを新たに認識すべきと感じた。

  • 大変興味深い内容。だけど実践出来るかは、別問題。

  • 人間はそれ自体複雑な生態系を持つ、超個体であり、アレルギー、免疫疾患、自閉症、うつ病、ガンなどは、古来人間が普通に被曝していた細菌類、ウィルス、寄生虫から隔離され、体内、特に腸内の細菌叢(そう)が破壊されたためである。

    豊富な具体例とさまざまな研究成果、更には著者自身の(寄生虫感染の!)体験も交えた、網羅的な解説書。

    今後、人類はあくまで外部環境と対立し続けるのか、融和を図るのか。

  • 字が非常に多く読みごたえあり

  • 馬小屋で生まれ、まぶねの中に寝かされた赤ちゃんというのは長じてのアレルギー・自己免疫疾患から免れる最高の環境だったってことか。厩戸皇子という方もおいでであった。
    のみしらみ うまのしとするまくらもと (奥の細道)

    確かに一理ある。「笑うカイチュウ」以来日本人にはややおなじみの理論。さらに腸内細菌叢やウイルスの影響も加わって人体の内部世界が広がった。

    しかし乳幼児死亡率の低下、女性一人の出産人数の減少は親世代にはベネフィットだったはず。

    「病気」というのはなんなのだろう。炎症がすべていけないわけではない。暴走をうまくコントロールするようにこれからの人類は進化するのだろうか?

    南部曲家は最高の住居ということになるが現代日本人は臭いに我慢できないだろう。

  • 11月新着

  • これは必読だと思う。原題は" An epidemic of absence"、つまり<不在の伝染病>。”病気の原因は病原菌”という近代のパラダイムから逆に、人間や環境から失われたものが原因であるというパラダイムへ。キーワードは、花粉症、自己免疫疾患、腸内細菌、遺伝子、寄生虫、ウイルス、自閉症、エピジェネティクス、そして共生。自己免疫疾患に悩まされるサイエンス・ライターである著者が、数多くの研究者などに取材し、また自分自身を寄生虫に感染させるなどまでして描き出している最新生命科学。一般向けとは言え、かなり専門的な細かな内容を含んでいるのでかなり重いのが難点であるが、訳も読みやすいので興味深く読める。人間の体は孤立した個体ではなく、内外のさまざまな生き物たちと相互作用して動的に定常状態となった小さな宇宙、超個体であるという事実。病気のことだけではなく色んなことを考えさせられた。

  • 特定の病原菌など「ある」ものが病因とは限らず、あるべきものが「無い」ことが病因となりうる。
    ホームズの語り口のようなこのパラダイムシフトが本書で述べられる。
    膨大な傍証、まさに変わりつつあるパラダイムの現場が理解できる刺激的な良書。

  • 【著者自ら寄生虫を飲んで実証実験を敢行】寄生虫、細菌、ウイルスを駆逐した清潔な現代社会。だが寄生者不在は免疫の暴走を呼び新たな病を生んだ。傑作科学ノンフィクション!

  • 腸内細菌に興味を持ったために、手に取ってみた。寄生虫によってあきらめかけていた病気が治り、共存する。その昔は土に触れ、自然と取り込んでしまっていたもの。最近、抗菌とされるものが多く増えてきて、なんとなく疑問に思っていたが、寄生虫や菌とは共存していくことを考えていこうと思う。そのためにも、まず土に触れる機会を増やすこと、自然に触れること。家族も含めてそういう生活に戻っていこうと思うきっかけをいただいた。

全39件中 21 - 30件を表示
ツイートする