寄生虫なき病

制作 : Moises Velasquez‐Manoff  赤根 洋子 
  • 文藝春秋
4.29
  • (42)
  • (23)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 419
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (507ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163900353

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人類はこれまで何百万年もの間、寄生虫を飼ってきており、その免疫系は寄生虫に順応し、依存するようになった。
    アレルギー疾患とは、人間の生活が清潔になったことで不要化した免疫系の活動が継続している状態である、という衛生仮説にもとづき寄生虫や腸内細菌叢のバランスを取り戻すことの重要性を説いた本。

    ただし、ロジックはゆるい。
    日本の子どもたちにアトピーが増えている一方、ボルネオの子どもたちにはほとんどアトピーもアレルギーもない。ボルネオの子どもたちは寄生虫に感染している。だから寄生虫に感染するとアトピーも治る、というのは相関と因果を混同しているとしか思えないのだが。
    もちろん、実験データによる裏付けも豊富に紹介されてはいるが、きちんとしたRCTにはほど遠い内容だったり動物実験のみだったりするので、うのみにはし難い。

    衛生仮説がこれほどまでに共感を集め、人気になっているのは「自分の病気に理由があることを知るのは、何という慰めだろう。病気が自分のせいではないこと、病気が偶然のいたずらでないことを知るのは」と、あるように、アレルギー疾患の患者にとって、自分は現代社会の被害者なのだ、というルサンチマンを共有できることにあるのだろう。

    ・免疫系が寛容を学習することが重要で、T細胞の一割程度を占めているレギュラトリーT細胞がアレルギー反応の予防には重要な役割を果たしている。
    寄生者は、宿主の免疫制御回路を作動させることによって排除を免れており、それが付随的に喘息、MS,UCなどの炎症性疾患の予防につながる

    ・ピロリ菌は、胃の酸性度が強くなりすぎると胃酸の分泌を妨害することによって、酸性度を適正に保っている。除菌してしまうと胃液が逆流した時、酸性度が高すぎて食道に炎症が起こりやすくなる。
    また、ピロリ菌に感染していると結核の発症率も低くなる(サルのデータ)

    ・EBVは他の感染症への抵抗を強める。予防接種でこれを排除してしまうのは危険ではないかという。

    ・重量でいうと、人間の便の60%は生きている細菌

    ・花粉症が最初に出てきたことは清潔な上流社会の人のみがこれにかかったため、「最高の知性と最強の道徳心を持つ人間だけがこの病気になる」と考えられていた。

ツイートする