さよなら神様

著者 :
  • 文藝春秋
3.45
  • (45)
  • (162)
  • (171)
  • (40)
  • (9)
本棚登録 : 895
レビュー : 181
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163901046

作品紹介・あらすじ

『神様ゲーム』の神様こと鈴木太郎が復活「犯人は〇〇だよ」。鈴木の情報は絶対に正しい。やつは神様なのだから。衝撃的な展開でミステリー界を震撼させた神様探偵が大復活。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 神様シリーズの連作短編集。

    一行目から犯人がわかる、っていう構造でどこまで遊べるか、だけじゃないんだね。

    ネタバレは嫌なので最終章だけの感想。



    ひたすらビターエンドだろう、これは。

    さよなら神様ってこういう意味なのか。
    真実なんて子供時代にしか通用しないってことなのか。
    「犯人は君だよ」ってそういうことか。

    最終章より前の章で崩してたものが更に崩れていくだけの章なんだけど、信頼出来るものをなくした上で、そこをそのままで放っておけるオチはヤバい。

  • 「少年探偵団」なんて言うから、ほのぼの寄りのミステリーかと思ったわたしが全面的に間違ってた!
    どちらかと言えばイヤミス、自分の欲望にズブズブはまっていく主人公の周りの人たちはマドマギを彷彿とさせる感じがしました。
    ダムからの遠い道、から「?!」って思う場面が増えてきて面白かった。ダムのやつ、こんな終わりある?って思っちゃった。現実にありそう。
    最後はわかるようなわからないような、って感じだけど、なんとなくミステリーの賞を取るのは納得

  • 『神様ゲーム』での自称神様こと鈴木が神降市から移動し、舞台は久遠小探偵団となっている。あまり目立たなかった『神様ゲーム』の時よりも、かなりモテる状態の鈴木になっている。


    「少年探偵団と神様」「アリバイ崩し」「ダムからの遠い道」「バレンタイン昔語り」「比土との対決」「さよなら、神様」の6つの連作短編。


    「バレンタイン昔語り」より前の3編は睡魔との戦いで大変でした。違和感、違和感、違和感の連続で読むのやめようか…悩んだほどでした。「バレンタイン昔語り」からは畳み掛けるかのようにぐいぐい。それまで退屈(暇)だったので、なおさら面白味が増したように感じた。(実は自称神様の鈴木もこういう感じだったのかも?)


    それにしてもメリハリしっかりして、で、最後にあれで…相変わらずおふざけというか…何というか…。ふざけてるー。けど面白いのが不思議でした。何といってもハートだよ、❤。呆然としちゃった。イヤ面白かった。


    相変わらず騙されまくりでしたが、「比土との対決」は、章のタイトルもう少し工夫してほしかったかも。何となく察してしまった。

  • 神様ゲームの続編ですが、話の繋がりはほぼないのでこちらから読んだとしても問題はないと思います。
    連続短編集で、毎回誰が犯人かが一行目から神様によって教えられその人物のアリバイを崩したり調べたりするという異色のミステリ。
    読み始めは、前作のほうが良かったかなぁインパクトがなぁとか思ってたんですが『バレンタイン昔語り』以降の怒涛の展開が良かったです。
    最後の方はなんだか切ないし、最後の最後はやっぱりめちゃくちゃ後味悪い…。
    こういうのがなんだかんだ好きで癖になっちゃってるのでいいんですが、やっぱり人によっては嫌だろうなーと…。
    麻耶先生のはどれもそんな感じですが…。

  • 六篇の連続短編集でした。
    先入観ってよくない!

    でも、犯人が分かっているからこそ「なになに!?」と一気読みしました。

    最後はそれでいいのか?という読後感です…。


    少年探偵団と神様
    同級生の上林くんのお父さんが、青山先生を殺した。
    でも上林くんのお父さんは、別の学校の青山先生のことを知らない。
    同じ方向に帰る、同じ体格をした美旗先生を殺そうとして、青山先生を殺した。
    しかもその日は雨で、美旗先生も残業をしていたから間違えた。
    殺害動機は、浮気現場に美旗先生が居合わせたから。


    アリバイくずし
    同級生の丸山くんの母が、近所のばあさん里子を殺した話。
    淳は、里子が殺されたからじゃなく、犬が殺されたから犯人を知りたかった。
    でも、どう頑張ったってアリバイがくずれない。
    里子がタンス貯金していたお金もなくなっている。
    甥が度々金を借りに出入りしているところも見られている。
    ご飯の支度をしたあと殺されている。
    8時50分に宅配が居留守を使われたと言っている。
    9時のニュースの後に犬の鳴き声が聞こえなくなったと近所のじいさんはいう。
    その間丸山くんのお母さんは飲み会で、十分だって席を立っていないという。
    移動には二十分はかかる。
    後日、甥が逮捕された。
    窃盗と、犬を殺したことを認めて。
    里子の晩御飯はカレーだった。
    その時になってラッキョウがないことに気づいて買いに行ったところ、丸山くんの母と会い、争いになって殺された。


    ダムからの遠い道
    恋人殺しの犯人が美旗先生の話。
    車に疎いおばさんの証言により、話が一からおかしかった。
    先生の車は外車の左運転。
    死んだ恋人を右に乗せていたら、車は美旗先生のでも、恋人が運転していると思う。
    殺害動機は、彼女の浮気。

    バレンタイン昔語り
    川合高夫を殺したのは転校生の依那古の母である話。
    淳は一年前に死んだ、川合高夫の死の真相が知りたかった。
    淳と同級生の赤目は犯人が依那古の母であることを信じきっているから、神社で丑の刻参りを吹き込んだ。
    依那古の親は離婚調停中で、夫の浮気が原因で引っ越してきた。
    依那古の母は、夫のことがまだ好きだった。
    淳と赤目に丑の刻参りを吹き込まれたことで犯行に及び、そこを赤目に見られ、赤目は殺された。
    川合高夫と同じ病院で、同じ日に生まれた赤目正紀。
    川合高夫の親は、生まれる前から高夫と名付けると決めていた。
    つまり、取り違いが起きたとしても、赤目正紀は川合高夫で、川合高夫は赤目正紀。
    神様は、意地悪だ。

    比土との対決
    同級生の比土が、小夜子を殺した話。
    殺害相手は小夜子でなくてもよかった。
    比土は市部と仲良くする淳に嫉妬して、自分のせいで他人が死ぬ苦しさを思い知らせたかった。

    さよなら、神様
    比土との対決後、比土は死んだ。
    滝に身を投げての自殺。
    でも、比土が滝に入って行く時、もうひとり居たと近所の人が証言。
    それは、市部。
    市部と比土が一緒に滝に行き、比土に自殺を促したのが市部。
    川合高夫の時もそう。
    執拗に告白を迫り、市部は川合高夫を殺した。

  • さよなら神様、またきて雄嵩
     ミステリの新しい楽しみ方を提供した「神様ゲーム」の続編。鈴木太郎は犯人を教えてくれますが、身近な人物だったり、完璧なアリバイがあったり、言いようのない不安感がまとわりつきます。これこそが本書の醍醐味で、神の啓示を受け入れるには、信じがたい事実を認めなくてはなりません。
     後半の3作からは、神様という設定をさらに発展させ、通常なら存在しないHow・Whydunitを生み出しています。ラストに待っている悪魔的な展開から、もうないと思わせたうえで登場するサプライズには、感服するしかありません。
     著者らしいアイデアがふんだんに詰め込まれた異色の連作短編集。

  • やるせない気持ちになります。空想的要素が強めの作品ではあるのですが、学級における「神様」という制度に妙なリアリティを感じます。「神様」を失った集団の末路も恐ろしい。淳さん、いつも向かい風が吹き荒びます。鈴木太郎に責任を感じたりもしますが、残酷なことに、彼は嘘はつかずにあくまで「自然に」暮らしているに過ぎません。そして何より恐ろしいのがラスト。神様を信じ切る同級生たちとはどこか一線を引いていたはずの淳さん。自分の信じたいものだけを盲信、「さよなら神様」という一言が彼女をさらに束縛させていきます。残念❤ 世界で一番残酷なマークですね、これ❤

  • バレンタイン昔語りから一気に面白くなる。

  • 読んだ!神様シリーズとても好きです。今回も整った展開で驚かせてくれました。途中途中もえげつなく最後の後味も悪く、これだよね感…。

  • 神様ゲームの続編ですが全く話は繋がっていないので単品でも読めます。
    鈴木太郎と名乗る神様が毎回事件の犯人を名指しするところから始まる話。
    主人公の変わり身にびっくりしました。
    後味もあまりよくありませんが、後味の悪さと、えっ?というインパクトでいえば前作の神様ゲームの方が個人的には上でした。
    あとに残るものが何かと聞かれても、沈黙をもって答えるしかないようなそんな話です。
    ラストシーンを読んだとき、主人公が神様にさよならを告げられるほどに大人になってしまったのだなあとしみじみ思いました。

    このシリーズ二作に共通するのですが、謎が出され、解かれることは解かれますがそれでスッキリするかというと全く別物です。
    ただこういうもやっとする、澱んだ話は個人的には好みなので面白かったです。

全181件中 1 - 10件を表示

麻耶雄嵩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野 不由美
米澤 穂信
麻耶 雄嵩
横山 秀夫
青崎 有吾
麻耶 雄嵩
ピエール ルメー...
今村 昌弘
下村 敦史
ジェイムズ・P・...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

さよなら神様を本棚に登録しているひと

ツイートする