「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

著者 :
  • 文藝春秋
3.64
  • (37)
  • (106)
  • (89)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 844
レビュー : 94
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163901756

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 筆者は常に考えることを旨として生活をしている。
    ブログを通じてそれを発信しているわけだが、時には炎上することもあるようです。
    私は筆者の意見も聞きつつ、参考にはするものの、まだまだ考えが及ばないことも多数。
    独身だからできる行動範囲かとも思います。

  • 全国の子供たちに告ぐ お年玉はソッコーで使うべき!
    に痛く共感!(≧∇≦)まったくもってその通りなり!社会人になれば、5000円と言う金額は、小学生の時と比べたらカンタンに手に入る金額。それを、小学生の『今』使うことに意義がある。物を通した体験を買うのだ。
    どのエントリも、メディア作りへの取り組みも、すごく考えられている。考え方のわかる本。

  • 電子書籍を読んでいたが、再読したくなり紙のほうも購入。
    戦略的にブログを運営するちきりんさんの方法に脱帽。エントリまとめも紙で読むと新鮮に入ってくる。
    思わず誰かと話をしたくなるような、そういう言い回しが多いのがすごく素敵。
    「Aとも言えるがBとも言える」「一概には言えない」みたいなあいまいなことは言っちゃってる節があるのでドキリとしました。肝に銘じて自分の意見を考えていきたい・・・

  • ブログをどんな人に読んで欲しいのか(どんな人が集まる場にしたいのか)、という観点から様々な仕掛けをする、あるいはステージに合わせて不要なものを捨てる、というちきりんさんの戦略が面白かった。

    それから何故炎上がおこるのか、という話題が個人的にはためになった。

  • ○人気ブロガー「ちきりん」氏の作品。
    ○「Chikirinの日記」が、超人気ブログになった理由や、それをどのようにとらえ、生かしているのかを中心に、「ちきりん」氏が考える理想の生き方やこれからの未来について記した作品。
    ○後半の過去のブログエントリ作品も、独自の視点に溢れ、考えさせられる。

  • 2014年 68/50


    「自分メディア」はこう作る! ちきりん著

    Facebookやtwitterはその時点の出来事・思いを友人と共有・共感するメディアで、
    投稿した内容はタイムラインに流れていきますよね。
    だから、後日振り返るような内容を投稿するには向いていないと思っています。
    ということで、私はリア充投稿がメインです。

    これとは逆に、ブログは記録を残すメディア。
    旅行記を書いておけば後々振り返る時に思い出が鮮明に蘇りますし、
    読書やトレーニングなどの活動の記録も日記としてのこしておけば振り返ることができます。

    「自分メディアはこう作る!」を読んで、
    もしかしたら自分もトップブロガーになる可能性があるかもと思ってしまい、
    2年ぶりにブログ更新を再開してみました!

    世界遺産やカメラなどの趣味の知識を纏めたり、
    マラソンやデュアスロン、トレランなどの活動記録やトレーニング方法の知識を纏めたり、
    それを継続すると、もしかしたらトップブロガーになる可能性があるかなと(笑)

    まぁトップブロガーになることが目的では無く
    知識を纏めたり記録を残そうとすることで、
    正しい知識を身に付けようとしますし、
    より具体的に試行錯誤するようになるかなと。
    そういう方向でブログを育てていこうと思います。

  • Chikirinの日記の概要が理解できた。
    ちきりんさんの思いが詰まった一冊。

  • ちきりんさんのブログがどのように成長してきたのか、どんな思いでブログ運営しているのか、思いが一杯詰まった本。

    『「Chikirinの日記」の育て方』がベースとなっているので、それを 読んだことがある人には知ってることが多いのかもしれない。

    http://ayakakingdom.blog.jp/archives/20220034.html

  • 1/6

  • 2015/1/3読了

全94件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

【ちきりん】社会派ブログ「Chikirinの日記」運営者

「2013年 『強く生きるノート 考え方しだいで世界は変わる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ちきりんの作品

ツイートする