地平線の相談

  • 文藝春秋
3.87
  • (21)
  • (41)
  • (27)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 455
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163902364

作品紹介・あらすじ

2007年から『TV Bros.』で連載中の大人気対談「地平線の相談」がついに書籍化。1981年生まれの星野源さんが音楽の師と仰ぐ、1947年生まれの大先輩・細野晴臣さんに、日常のゆる~い困り事から、仕事の心配、最近の心もよう、ダイエット問題、男女関係の深い悩み事まで人生相談。書籍化にあたり、34歳差のふたりを結びつけた、星野さんが大好きな細野さんのアルバム『泰安洋行』をテーマに撮影し、カバー・口絵に収録。対談も大幅に加筆・再編集して、時に深淵でセキララで心和むふたりのトークをたっぷりお届けします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • TVBros.で連載されている地平線の相談をまとめて書籍化したもの。星野源ファンである方は必読、細野さんも小さい頃からYMOを聴いていた私にとっては関心のある方。日常のゆるい困り事から仕事の心配、男女の深い悩み事まで、星野さんが細野さんに相談を持ちかける形の対談集。
    読み進めていて「いいな」と思ったフレーズは「今、軸は、年代じゃなくてそれぞれの個人にあると思うんです。」爆発的なヒットが昔ほどには生まれなくなり、流行に流されない者が増えつつある現代。だからこそ個々人誰しもが己を洗練させ、編み出したものを発信する機会・影響力が均一に与えられている、と考えると、いい世の中ではないかと感じる。そんな世の中でこのお二方は己の軸をブラさずに生きている、かっこいい大人ではないかと感じる。情熱を持った大人に憧れる。
    「欲望というものが人間の元気を支えている」という言葉も好きだ。欲望=イヤらしい、消極的な言葉の様に思われるが、どんどん欲を持って、その欲に向かって熱を持ち、成長していきたいと感じる。

    なんて書いてみましたが、全体的にゆるゆるしていて、途中思わず笑ってしまい、今回も一気に読み進めることができてしまいました!

  • 2016.12月。
    このふたりがいい。空気感がいい。こういう日常の何気ない話がちゃんとおもしろいって、すごいことだと思う。体調悪すぎてしんどくて本も読みたくなかったけど、これだけは読めた。どんなにグダクダでもめちゃくちゃでも、毎日を嘘をつかない自分自身で生きていくこと。それをドスンと自分の中に入れて。

  • 全体的にくだらないの中に愛が。
    「嫌なことは人間忘れるようにできてる」という細野さんのことばに救われている日々。

  • この果てしないゆるさ。そしてこのなあなあな感じ。意外にも深くてよかった。
    イケメンでもない、イケイケでもない、男らしくもない。
    弱さを抱え、その弱さを暴力に変えることもせず、女性に生成変化しようとしてしきれなかった2人の男性の姿がここにある。

  • イエローマジックショー2を見てから途中で止まってた本を手に取った。
    ゆる〜い感じの話が好きな人はいいね。共感するところもあったり、え〜?そうかな?みたいな部分もあり。雑談してるみたいに楽しめる。

  • 結構皆が持つ悩みが多くて面白かった。

  • 細野さんとの対談。ほのぼのと気軽に読める。

  • 「TV Bros.」2007〜2013連載の対談集。音楽的師匠である細野に星野が音楽をはじめに様々な事柄を聞く。似たような温度感でのやり取りながら鋭い発見や物言いが垣間見れる。‬

  • アーティスト星野源が大先輩の細野晴臣に、日常のゆる〜い困り事から仕事の心配、男女関係の深い悩み事までを人生相談。時に深遠でセキララで心和むトーク集。『TV Bros.』掲載に加筆し書籍化。

    ゆるいんだけど深い。
    細野さんは大きいね。

  • 2人の対談とても良かった。共感できる話が沢山あって面白かった!また違った目線で2人を見れる。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年、東京生まれ。音楽家。69年にエイプリル・フールでデビュー後、はっぴいえんど、ソロ、ティン・パン・アレー、YMOで活動。ワールド・ミュージックやアンビエント・ミュージックを探求する一方、歌謡曲のプロデュースも。

「2017年 『HOSONO百景 いつか夢に見た音の旅』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細野晴臣の作品

地平線の相談を本棚に登録しているひと

ツイートする