若冲

著者 :
  • 文藝春秋
3.79
  • (63)
  • (146)
  • (102)
  • (11)
  • (2)
  • 本棚登録 :887
  • レビュー :147
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163902494

作品紹介・あらすじ

奇才の画家・若冲が生涯挑んだものとは――今年、生誕300年を迎え、益々注目される画人・伊藤若冲。緻密すぎる構図や大胆な題材、新たな手法で周囲を圧倒した天才は、いったい何ゆえにあれほど鮮麗で、奇抜な構図の作品を世に送り出したのか? デビュー作でいきなり中山義秀賞、次作で新田次郎賞を射止めた注目の作者・澤田瞳子は、そのバックグラウンドを残された作品と史実から丁寧に読み解いていく。 底知れぬ悩みと姿を見せぬ永遠の好敵手――当時の京の都の様子や、池大雅、円山応挙、与謝蕪村、谷文晁、市川君圭ら同時代に活躍した画師たちの生き様も交えつつ、次々に作品を生み出していった唯一無二の画師の生涯を徹底して描いた、芸術小説の白眉といえる傑作だ。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何かを表現する術を持ち合わせた者は、
    自分の中に押しとどめられない程の深い悲しみや苦しみをも
    約束事のように一緒に持ち合わせてしまうのでしょうか。

    江戸時代の絵師、伊藤若冲の物語。

    美術関連に疎い私は、描かれた絵も
    見たことありませんでしたし、存在も知りませんでした。

    でもこの本の表紙にクギ付けになった人は
    私だけではないと思います。
    何でしょう、この絵から出てくるものは。
    綺麗な色で塗られているのに、
    見た人をフリーズさせる程、強く掴まれるような感覚。

    この物語を読んで納得します。
    全くの物語なのですが、
    こんなことがあれば、そうなってしまうかもしれないなと。

    生きることとは、朽ち果てていくこと。
    絵画の中にはこの世の輝く一瞬を閉じ込めて欲しいと
    勝手に思ってましたが、
    清濁を同時に閉じ込めた絵の方が、
    私の中の核心の部分が揺さぶられるんですね。

    見る側の心を捉えて離さない作品には
    作者の苦悩が幾重にも塗り込められている。
    絵画を鑑賞するときはその一兆分の一でも
    感じられるようになりたいと思う一冊です。

    読んでいる間に、
    この作品が直木賞候補になったようですね。
    他の作品をほとんど読んでいないのに申し訳ないですが、
    私はこの作品に一票入れたいです。

    日本画もいいですね。澤田瞳子さんのおかげで
    美術オンチが日本画にも興味を持ち始めました☆

  • 以前、棟方志功展に出掛けた際、
    作品制作中の彼の姿を捉えた映像を見て
    仰天した事を思い出した。

    棟方氏と作品の間に
    彼の意識は無く、
    まるで見えない何者かによって
    絵筆を持つ手を支配されていた、かの様な…
    実際、彼曰く。
    「私は描かされているだけ。」

    何かしらの才能を天から与えられた者は
    それをこの世に<誕生>させる使命を担う。
    だが、それが決して容易い事ではない、と言うのが
    人であるが故、人として生きる為の道理も通さねばならない事。

    若冲も絵筆さえ手にしていれば
    それで良い性分であったが、
    彼の不運が名立たる名家の長男として生まれた事。
    家で起こる度々の騒動にも全く関心を示さず、作品を制作し続けてばかりいた若冲はやがて悲劇に見舞われる事となる。

    その悲劇こそが、
    その後の彼の作品に多大な影響を受けてゆく事となるのだが、とにかく彼の見る視界は暗かった。
    根はただの天才絵描きだからこそ、
    彼が受けた傷は計り知れない程大きくて、物語が(彼の一生が)非常に長く長く感じられた。

    一生許しを得る事なく
    生き続けなければならないつらさ、
    その目的とは
    絵を描かねばならぬ故。

    まっさらな紙面を前に絵筆を持つ
    若冲の胸中はいかなるものだったであろう。
    しっとり降る雨音が未だに耳に残っている。
    彼亡き後、
    残された人達が彼の一生と向き合うシーン。

    暗い雨雲でびっしり覆われた空ではあったが、
    作品に向けてようやく光は射した。
    その瞬間、彼がこれまで描いてきた絵の中のちょっと奇怪な生き物達がほっと和らいだ表情を見せてくれた様な気がしたのだが。


    若冲という号は
    『枡源』(若冲の実家)の主を退くと決意した際、
    大典(僧侶)が老子第45章の
    「大盈(たいえい)は冲(むな)しきが若(ごと)きも、その用は窮まらず」
    すなわち
    「満ち足りたものは一見空虚と見えるが、その用途は無窮である。」という一節からつけてくれたもの。

    若冲の絵に意味を持たせるとすれば
    すとん、と腑に落ちるこの一文がとても好きだった。

  • 京の老舗青物問屋の長男でありながら、若くして弟に家督を譲って隠居、その後は描画に邁進した若冲。
    彼を突き動かしたものは、自殺した妻と、そのことで若冲を憎み続けた義弟でした…

    恥ずかしながら、伊藤若冲という絵師については、樹花鳥獣図屏風の作者であるということくらいしか知りません。
    しかし、本書の中に描かれる、憑かれたように筆を運ぶ若冲の姿や、表紙を飾る緻密に描きこまれた紫陽花双鶏図の迫力に圧倒され、若冲の画を目の前で見てみたいという衝動に駆られました。

    この時代について私がよく知らないせいかもしれませんが、どこまでが史実でどこからが著者の創作なのか、どんどんわからなくなっていきます。
    著者に誘われるままに読み終えたとき、はじめはおぼろげだった伊藤若冲という人物が、しっかりとした輪郭を持った姿で自分の中に立っていました。
    その姿がたとえフィクションであれ、この先私が若冲作品を目にするときに、より一層滋味深く作品を観る助けとなってくれることでしょう。

    人々の心の内を描き出す筆者の筆の巧みさに敬服。
    小説を読む楽しみを存分に味わえる時代小説でした。

  • 「美しいがゆえに醜く、醜いがゆえに美しい、そないな人の心によう似てますのや。そやから世間のお人はみな知らず知らず、若冲はんの絵に心惹かれはるんやないですやろか」

    江戸時代の京都、市井の絵師が数多いる中、一際奇抜で色鮮やかな絵を描く若冲。
    世に二つとない絵を描く、と評された若冲は常に最高級の画材を使って己の想いを絵に託していく。
    精密な花鳥画や風狂な水墨画を得意とし、観るものを不思議と虜にしてしまう。
    内に隠された葛藤の渦が若冲の絵の魅力と合間って、こちらの感情も揺さぶられていく。

    例え絵師本人が亡くなっても、絵は永遠に残り何時の世も人々を魅了する。
    何時までも生き続け、観る度に新たな輝きを放つ若冲の絵をこの目で観たくなる物語。
    池大雅、円山応挙、与謝蕪村等、同時代を生きた絵師達との関わりも楽しめた。

  • 伊藤若冲は江戸中期、京都で活躍した異色の絵師である。細密な描写、過剰なほどに溢れる色彩の絹絵、飄々とした禅味が漂う墨絵、しんとした異界に誘うような版画。驚異の技術を持ち、生きとし生けるものを描ききった85年の生涯であった。
    本作はこの若冲を主人公に据えた歴史「小説」である。

    物語は8つの章からなる。連作集と見ることもできよう。
    8つのストーリーを通じて、画家としての頭角を現す壮年期から晩年と死までを追う。
    天明の大火や錦市場の再開といった歴史上の事件、池大雅、円山応挙、谷文晁といった同時代人をちりばめ、世界が立体的に立ち上がってくる。市場同士のつばぜり合い、大災害の起きた際の都市の様子などは筆が冴えて読ませる描写である。上記の人物に加えて、交流があったとされる文人・木村蒹葭堂や儒学者・皆川淇園などが、姿は見せないものの、ちらりと名前が織り込まれるあたりが物語に厚みを与えている。

    だがしかし、メインのストーリーがいただけない。

    作者は若冲の人となりを形成する重要な人物として、架空の人物を複数配する。その架空の人物との事件を通じて、若冲の画風が生み出されたとしている。
    なぜ架空の人物との架空の事件を配したか。それは作者が若冲の絵に「負」の感情を見ているからだ。すなわち、人生に対する後悔、自らの「業」、人の醜さ、そういったものを抱えて、生み出されたのが若冲の絵だと捉えているからだ。
    その前提がそもそもどうなのか。
    若冲の画風は特異かもしれないが、「弱さ」や「苦しみ」が大きな部分を占める絵だとは私には思えない。作中何度も、「え? それは本当に若冲の絵のことを言っているのか?」と奇異な思いに捕らわれた。特徴の具体的な描写(例えば碁盤の目に区切ってそれぞれに色を入れた「鳥獣花木図屏風」の説明など)を読めば若冲の絵について述べているのに疑いはないのだが、その裏に込められているのが負の思いだとは、私には思えない。
    同じものを見ても、これほど思うことが違うのか。むしろそのことに驚きを覚える。

    もちろん、真相は誰も知らないわけだ。
    しかし、わざわざ架空の事件を作り出してまで若冲という奇才の重要な内面を構築する根拠が、もしも作者の「直観」だけだとするならば、少なからず踏み込みすぎで、なおかつ踏み込んだ方向が間違っている印象を個人的には受ける。

    江戸の風俗、人物模様という意味ではおもしろかった。しかしここに描かれているのは、「若冲」とは思えない。


    *若冲はやっぱり絵を見る方がよいのかもしれません(^^;)。

  • 今、話題の若冲。
    確かに、一度見たら忘れられないような絵が何点もありますね。
    虚実ないまぜて織り上げた奇矯な画家の物語。

    京の老舗「枡源」の長男に生まれた若冲。
    (1736年~1803年)
    自分の部屋にこもって絵を描いてばかりで家業は省みず、仕事は母親と弟達に任せていました。
    作品を売るという感覚も当初はないのですが、相国寺の僧・大典が才能を認め、引き上げてくれます。
    (ここまでは多分、史実。あとは、どれぐらい想像なのか‥?)

    結婚すれば少しは落ち着くかと結婚させられるが、その甲斐もなく、妻・お三輪が二年後に首をくくり、若冲は生涯、その後悔にさいなまれたという。
    執拗なまでの色彩の追求や、普通は雌雄仲良く描くと決まっている題材を別々に描いているところが、その表れだと。
    妻の弟は恨み、後に画家・市川君圭となって、若冲に対抗しようとする‥

    妹・お志乃の視点から、大部分が描かれます。
    腹違いの妹で年の離れたお志乃は顔料作りを手伝い、後に君圭が置いていった幼子を育てることにも。

    当時というのが文化的で、画業が花開いた時代。
    池大雅、丸山応挙、与謝蕪村、谷文晁といった面々との交流なども描かれています。
    京の画壇という特殊な世界の雰囲気をうかがわせつつ、濃密な画風にふさわしい数奇な人生が展開。
    面白く読めました!

  • 名前と絵を数点知ってるだけだった。なんで読んでみようと思ったんだろう。
    フィクションもあるようだが、彼のいた時代は有名な画人が沢山いたようだ。沢山の人との絡みは興味深いし、だけど人嫌いだったようだし、内に篭る感じが沢山の素晴らしい作品を生み出していったのであろうし、小説の最後の君圭の思いのくだりは込み上げてくるものがありました。素晴らしい小説だと思います。

  • 伊藤若冲をはじめて“それ”と認識して観たのは、2008年のトーハク 対決-巨匠たちの日本美術展
    http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=55
    トップアーチストを対比させて次々と展開する素晴らしい展示だったが、好き嫌い抜きで 強烈に記憶に残ったのが 若冲 vs 蕭白のギトギトの作品群。
    さぞやクセの強い人物か?と思いきや、立派な青物問屋の跡取りなのに家業をほっぽらかして画ばかり描いたと知るにつれ、なんだかわけがわからなくなる。

    今年はサントリー美術館で、クジラvs白象の巨大屏風を観て、あ〜〜この人実物は観てないんや!と確信。
    しかし、上手くて上手くて!
    ヘンテコリンなのに上手くて 観たとたん笑っちゃうくらい上手い。
    ↑イマココ 、という若冲体験の途中でこちらを読む。

    短編8編が時系列にそって並ぶ。
    隠居のいきさつ、池大雅との交友、円山応挙との出会い、家業の危機に奔走する話、蕪村の悲哀、義弟の哀れ、
    嫁が自死して、彼女の実弟が贋作画家で、生家からは疎まれ、母に嫌われ、というあたりは作家の創造。
    登場する有名画家の生い立ちがよく織り込まれているし、生家のある錦高倉市場のピンチに奔走するくだりはしっかりと実話に基づいている。
    歴史学者の研究報告に2008年に美術史関係者が気づいて若冲がどのように生家を助けたか、より詳細がわかったという、そんな経緯も面白い。
    そして、最後は 鳥獣花木図屏風の真贋を題材に、祇園会宵山の華やかさや若冲亡きあとの法要を舞台に、これまで登場したたくさんの人々を繋ぎ合わせて行く。
    時代物らしいまっとうに泣かせる手法も光って、心慰められる大団円でした。

    鳥獣花木図屏風vs樹花鳥獣図屏風、 観たいわぁ!

    ああ若冲、京都に行ったら相国寺を訪れたいが、石峰寺の羅漢さんにもお目にかかりとぉす...♡

    お供の画集は必須。

    p.s. 澤田瞳子さんて 澤田ふじ子さんの娘さんなのですね。京都の素顔にお詳しい。

  • あの緻密さ執拗さには何らかの念が裏付いているという考えは解るが、それにしたって話も雰囲気も極端に鬱で辛気臭すぎる。そしてその極端な辛気臭さを演出し過ぎ。実際にあった事を取り込んで人物造形を行ったのは分かるが、絵との繋がりがこじ付け臭いというか、画道や画力について主人公が若冲なのにろくに頭割いてないし、動植物を好んで描いた理由やあの絶妙だったり軽妙だったりするデフォルメセンスの出所とかにも触れないし、描き方を試行錯誤する場面すら特に無く、どうも釈然としない。辛気臭さと主軸にしてる事柄(贋作師との関係)に拘り過ぎてないか?絵師“若冲”の話を読みたかった身としては読んでる最中ずっと不満が燻る(せめて「等伯」レベルのものが読みたかった…)最近若冲が見直されてブームだから流行りにのったor出版社からのせられた、結果出来上がったんじゃないかなどと変な邪推までしてしまうぐらいだ。

  • 折しも、西条奈加さんの「ごんたくれ」を読んだ後だったので、まだこの時代にどっぷり浸かっていられました。
    ここにに出てくる若沖は、妻をめとっていたことになっています。その妻を失った罪の意識と、妻の弟からの意趣返しであるのか、若沖の贋作画家になっていたことが、若沖に一生つきまとい、絵を描かせる衝動となった。
    ・・・というフィクションなのですが、謎の絵師若沖をいきいきと作り上げて、まるで本当にこういう人生を送ったのではないかと思わせるリアリティがありました。
    若沖の異様とも思える技法はどこから生まれたのか、それの根拠が、罪の意識や恨みをもたれたことかという設定は意外でしたが、ここまでリアルに描かれると、思わず「そうだったのか」となってしまいますね。私は芸術的な衝動だと思っていますが。
    錦市場の存続に尽力した社会的な一面もかいま見て、隠居して絵を描くだけに打ち込んだひとではなかったことも知れました。同時代の画家たちとの交流も、おもしろいエピソードでした。ことばづかいから京都のひとのたたずまいまで見えてきて、それもよかったです。

全147件中 1 - 10件を表示

澤田瞳子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

若冲に関連するまとめ

若冲を本棚に登録しているひと

ツイートする