朝が来る

著者 :
  • 文藝春秋
3.87
  • (291)
  • (621)
  • (362)
  • (41)
  • (4)
本棚登録 : 3445
レビュー : 578
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163902739

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 同情出来ない。

  • 辻村深月の優れている点って、圧倒的リーダビリティの高さ(読みやすさ)なんだから、もうこの人は、「小説家」でなく「ノンフィクションライター」にでもなればいいのにと思う。今回であれば、不妊と特別養子縁組について、「丁寧に取材をした上で」お得意の平易な読み味できっちりまとめ上げれば、上質なノンフィクションの読み物になったと思う(「丁寧に…」にカッコをつけたのは、今作は丁寧な取材がなされていないことは明らかだから)。
    この人の作品を読むといつも、絶対に意図していないであろう些細な創作部分に、作者本人の偏見や差別意識がダダ漏れてしまっていて、うへえ…という気分になる。今作でほんの一例を挙げるなら、風俗嬢に対する差別意識とかね。
    今回はとりわけ、核になる少女のストーリーが、かの有名な『恋空』を思わせるようなアレな感じで溜息、また、この作者のメンタルって最近話題の「のぶみ」にすごく似てるんだろうなと思いました。

  • 前半引き込まれたけれど、後半はひかりに同情できず、ラストが甘すぎるように感じた。でも色々興味深かった。

  • 養子縁組がテーマのお話。10代の学ぶ時期なのだからしっかりと勉学に励めといいたい。ましてや頼る相手が違う。作者が最終的に言いたいことがまるで見えず。

  • 私にはおもしろいとは思えない

     幼稚園トラブル、養子縁組、不妊など現代のテーマが底流を流れている。淡々と進むストーリーに激しい展開はない。ただ、淡々と本当の母と育ての母の物語が進む。

     ハッピーエンドなんだろうけど、作品のテーマがなんなのかわかんない。1時間程度で一気に読めるけど、え?終わり?てな感じ。私の感性が悪いのだろうな。

  • 読まなきゃ良かった。
    こんな悲しい話は嫌い。泣けてくる。

  • 特別養子縁組で授かった朝斗を返して欲しいと、本当の親から連絡が入る。
    出産してからというもの、借金を背負い孤独となった片倉ひかりは、唯一の頼りである朝斗の元へ。初めは突き放されるが、育ての母は急激な理解を示し、救いの手を差し伸べる。
    とんだミステリーかと思いきや、特別養子縁組をテーマにした社会派。どちらのお母さんの行動も共感できない。

  • 幼くして身ごもり出産と同時に我が子を養子縁組へ出さなければいけない
    子を持ちたくても持てない母親と
    子を持てても育てられない母親。

    いろいろな考えはあれども
    最後があっけなく終わってしまって
    物足りなかった

    罪は罪
    きちんと償ったのかその辺りがあやふや

  • 最初に母親だと思ってた女性がひかりではなかった
    お金を要求して来た女性がひかりではなかった
    さらにそれを画策したのは大空くんの母親
    偽ひかりは新聞配達で一緒だった女性
    ひかりを殺したのは実母

    等々色んな想像をしながら読んだけど、その辺りは
    何のひねりもなく実にシンプル

    ひかりの絵に描いた様な、転落人生は自業自得だけど
    読んでいてしんどくなる

    ラスト佐都子が、ひかりに言う「わかってあげられなくて
    ごめんなさい」もどうだろう?そんなのわかる訳がない

    立ち直ってくれれば良いけど、これまでの人生を見てると
    それも不安、将来朝斗に何かと頼って来そうで恐い

  • 16/05/15
    辻村さんの新刊ということで内容も確認せず、図書館で借りました。不妊治療の話だと知ってたらわざわざ借りなかったなあ。でも辻村さんの文章は沁みる。あたりまえが、普通が、どんなに輝いているかを教えてくれる。うーんドラマチック。

    P133ー134
    その瞬間、思った。
    恋に落ちるように、と聞いた、あの表現とは少し違う。けれど、佐都子ははっきりと思った。
    朝が来た、と。
    終わりがない、長く暗い夜の底を歩いているような、光のないトンネルを抜けて。永遠に明けないと思っていた夜が、今、明けた。
    この子はうちに、朝を運んできた。

    P223
    祝ってもらったことがない、ホールのケーキを見たことがないマホは、どんな家に育ってきたのだろう、とひかりは考える。
    自分のおなかの子も──と、考える。
    自分のおなかの子も、マホのおなかの子も。
    ここにいる子どもは全部、これから、誕生日を祝ってもらえる家に行けたらいい、とそして、思った。

著者プロフィール

辻村深月(つじむら みづき)
1980年山梨県生まれ。千葉大学教育学部卒業後、2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、2017年『かがみの孤城』で「ダ・ヴィンチ ブックオブザイヤー」1位、王様のブランチBOOK大賞、啓文堂書店文芸書大賞などをそれぞれ受賞。本屋大賞ノミネート作も数多く、2018年に『かがみの孤城』で第6回ブクログ大賞、第15回本屋大賞などを受賞し、2019年6月からコミック化される。他の代表作に『子どもたちは夜と遊ぶ』『凍りのくじら』『ぼくのメジャースプーン』『スロウハイツの神様』『名前探しの放課後』『ハケンアニメ!』『朝が来る』など。新作の度に期待を大きく上回る作品を刊行し続け、幅広い読者からの熱い支持を得ている。2020年、河瀬直美監督により『朝が来る』が映画化される。

朝が来るのその他の作品

朝が来る (文春文庫) 文庫 朝が来る (文春文庫) 辻村深月
朝が来る (文春文庫) Kindle版 朝が来る (文春文庫) 辻村深月

辻村深月の作品

ツイートする