羊と鋼の森

著者 :
  • 文藝春秋
3.91
  • (812)
  • (1167)
  • (735)
  • (125)
  • (25)
本棚登録 : 7658
レビュー : 1265
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163902944

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高校生がピアノ調律師の仕事に立ち合ったことをきっかけにピアノ調律師の道に飛び込み、成長過程を描く物語。
    明確な「正解」のない仕事の中で、自らの価値観を見出す過程の心の動きが丁寧に描かれている。
    才能を言い訳にしない。
    「才能という言葉で紛らわせてはいけない。あきらめる口実に使うわけにはいかない。経験や、訓練や、努力や、知恵、起点、今期、そして情熱。才能が足りないなら、そういうもので置き換えよう。」
    「音楽は競うものじゃない。だとしたら調律師はもっとだ。調律師の仕事は競うものから遠く離れた場所にあるはずだ。目指すところがあるとしたら、ひとつの場所ではなく、ひとつの状態なのではないか。」
    「明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体」
    「道は険しい。先が長くて、自分が何をがんばればいいのかさえ見えない。最初は、意思。最後も、意思。間にあるのが頑張りだったり、努力だったり、かんばりでも努力でもない何かだったりするのか。」

  • ピアノの調律師の青年外村くんの成長する物語。
    ピアノの弾く人によって調律を変える秋野さんとピアニストの技量がはっきりと出るピアノを調律する板鳥さんに興味を引かれる。
    最後の外村くんが調律したピアノで双子の姉和音が弾く場面に感動した。

  • 音が聴こえてくるとよく書評に書かれているが、私はそれよりも新人が真摯に感性を必要とする仕事に向き合い、先輩の技量に圧倒され、自分の不甲斐なさに悶えつつ前進しようとする姿に胸熱くなりながら読んだ。どこを目指すか分からないまま進まなければならない、心許なさ。それを見守る温かい先輩の眼差し。新人の頃を思い出した。


    「目印を探して歩いていけるということは、僕も神様を知っているということだ。見たことはない。どこにいるかもわからない。だけど、きっといるのだ。だから美しいものがわかるのだ。そう思えることが嬉しい。」

    「初めから望んでいないものをいくら取りこぼしても辛くはない。本当に辛いのは、そこにあるのに、望んでいるのに、自分の手には入らないこと。」

    「いいんじゃないの。怖けりゃ必死になるだろ。全力で腕を磨くだろ。もう少しその怖さを味わえよ。怖くて当たり前なんだよ。今外村はものすごい勢いで色んなことを吸収している最中だから」柳

  • ピアノの話。そう聞くとピアニストとか演奏の話だと思いがちだけれど、これは調律の話。

    自身も長くピアノを弾いている作者の音楽やピアノへの、そして、なにより人間への愛にあふれた静かな成長の物語。すくすくと、木のように育つ主人公、彼を取り囲む他の木々、森。

    主人公の青年がいくつもの気づきを得て成長し、成長するたびに過去の自分の気づきでは足りなかったことに気づく、その感じが新鮮でとてもよかった。経験をつむごとに、過去の自分を超えて大きくなる感じが。

    いつもは主人公が女性が多い作者だけど、静かで謙虚で優しい青年は、作者の息子さん、長男をイメージしているのかもなぁと思ったりした。

  • ひたむきに調律師になろうとする北海道の青年。主人公がピアノを弾く人ではないという設定のお陰で、専門的な調律の世界を身近に感じることができ、彼自身の透明で澄んだ生き方に魅了されて、本を開いてから半日で読んでしまった。
    ピアノは他の楽器と比べて自分の思い通りにならなくて大変だなあと思っていた。本番で弾くのは必ず練習時とは違う楽器。それも本番ごとに違う。叩いて出す音程は自分では変えられない。オーケストラの練習では、よく和音のところを取り出して指揮者の方がこっちは高めにこっちは低めにと指示され、膨大な音符の中からその和音(の一音)が自分に割り振られた時はオーケストラの全体の中からその和音に耳を澄まし、口の圧で自分の音の居場所を探した。ピアノにはそういうことはできない、別物だと思い込んでいた。でも今回始めて、そうかピアノはその曲の調に合わせた調律をされたうえでその和音を響かせるように弾き手がペダル等で駆け引きしていたのか、と知った。ピアノ界では常識なのかもしれないが、今まで与えられた音を出してるイメージだったピアノの像が一新されて、なんだかもっと生き生きとした楽器に思えてきた。
    と言って、ピアノの練習を再開しても自分がそんな弾き手には程遠いのはわかっているが、それでもピアノをまた弾きたくなった。

  • 美しい文体で紡がれたものがたり。

    縁あるいはタイミングの重要性を、改めて認識させられました。

    自分を信じひたむきに努力する少年は、読み終える頃には親しみ深い存在へと変化しました。若い皆さんは彼と自分を重ねるでしょうか。ぜひ感想を聞かせてください。

  • 素敵でした。才能なんて分からないけど、やりたいと思ったことに突き進むしかない、悩みながら、もがきながら、こつこつこつこつ。主人公たちに励まされる本でした。ピアノの見方がちょっと変わりました。

  • 話題の本だったので、読みたいと思いつつ。。。

    積ん読本の中に埋もれて、数ヶ月たってしまいました。



    新米のピアノの調律師の物語です。

    物語の中で、これといった大きな事件は起りません。。。

    それなのに、先が気になる。。。



    一人前の調律師になりたい青年の思いや、先輩からの教え。。。

    いろんな言葉に、心がほんわり温かくなります。

    本のタイトルの羊って何?鋼って何?という疑問が解けていきます。

    読み終えて本を閉じる時に、満足の「ほっ。。。」というため息が出ます。

  • 新人調律師の外村が、双子の少女を始めとしたお客さん達や、個性豊かな先輩調律師と触れ合う中で、一歩一歩調律師として成長していく様を描いた作品。

    始め、この外村の卑屈かつ頑固で無神経な所に苛立ちを覚えていたが、物語が進むうちに少しずつではあるが文字通り"成長"していく姿が垣間見え、そこにこの小説の良さ、味を感じた。

  • また新たにお気に入りの作家さんができた。人生で最も心躍る瞬間の一つ。原民喜の文体を宮下さん自身も目指されているのかしら。静謐で美しく心に響いた。

全1265件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

宮下 奈都(みやした なつ)
1967年福井県生まれ。上智大学卒業。2004年、「静かな雨」で文學界新人賞に入選し、デビュー。日常に起こる感情の揺れを繊細で瑞々しい筆致で描きだす作品で知られる。『スコーレNO.4』が書店員から熱烈な支持を集め、注目を浴びる。代表作に、2016年本屋大賞、ブランチブックアワード2015大賞、「キノベス!2016」などを受賞した『羊と鋼の森』があり、2018年6月映画化。『静かな雨』が2020年新春映画化が決まり、2019年6月6日文庫化される。ほか、福井からトムラウシに移り住んでいた頃の日々を描いた『神さまたちの遊ぶ庭』や、福井での身辺雑記や本屋大賞受賞前後のエピソードなどを描いた『緑の庭で寝ころんで』がある。

羊と鋼の森のその他の作品

羊と鋼の森 (文春文庫) Kindle版 羊と鋼の森 (文春文庫) 宮下奈都
羊と鋼の森 (文春文庫) 文庫 羊と鋼の森 (文春文庫) 宮下奈都
羊と鋼の森 Audible版 羊と鋼の森 宮下奈都

宮下奈都の作品

ツイートする