羊と鋼の森

著者 :
  • 文藝春秋
3.92
  • (808)
  • (1158)
  • (731)
  • (123)
  • (24)
本棚登録 : 7598
レビュー : 1258
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163902944

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読みやすい。一気に読めました。
    家庭小説、教養小説好きの人を満足させる、キャッチ―な言葉、表現がちりばめられている。
    文章技術の巧みな作家さんだと思う。
    主人公の苦悩や葛藤、迷いが、わかりやすく、あまりにも
    明晰に描かれているので、読み手の想像する余地があまりなく、読み手に伝わるということを、重視しすぎている感じが
    しました。
    でも、楽しく読めたのも確か。
    評価の難しい作品です。

  • 読んでいる間中、ずっと一緒に森があった。主人公の心象風景なのか、深くて日の射さない土の匂いの立ち込める森。
    不器用だけど、そんな森の中に聳えるスギのようにまっすぐに目指すところを追い求める主人公に心惹かれた。

  • まっすぐで、ひたむきで。
    読んでいて心が清らかに、澄んでいくような、美しい小説でした。
    相手の望みがなにかを真剣に考えて、その良さを引き出し、喜んでくれることをする。調律師だけでなく、どんな仕事にも、どんな人間関係にも当てはまることだと思いました。

  • ピアノは弾けないので、羊と鋼…ってピアノの話、さらに調律師の話とは知らず
    本屋大賞で知って、読み始めました。

    高校の体育館にあるピアノの調律を偶然みて
    心奪われ、ピアノ調教師を目指して地道に進んでいく。
    ラストは先輩の披露宴のピアノの調律。
    双子ちゃんのコンサートホールでの演奏、調律とか、この先のストーリーも読みたいです。


    調律は狂った音程を正しくあわせればOKくらいに思っていて
    やり方を習得した人なら、皆同じようにできるものだと、なんとなく思っていました。
    こんなに深いものとは知らず、新鮮な話でした。
    また調律には二種類あって平均律と純正律というのがあるそう。

  • 最近の女流作家に見られる、なんともまどろっこしい文章はあまり好きではないので、時々イラっとしながら読み進めました。
    それでも、純朴な青年がもがきながら成長する姿は丁寧に描かれていたと思うし、彼を取りまく人々が魅力的で、悪人は一人も登場しません。そのせいか、読んでる私も素直で純粋な気持ちで読むことができ、爽やかに読後感を味わう事ができました。
    老若男女にオススメ出来るという点で、本屋大賞も納得です。

  • 本屋大賞なので。
    でも大賞ってほどではなかったかなぁ。
    調律師の話って初めてだから
    新鮮だったけど、
    主人公に魅力を感じないし、
    そもそもピアノをまったく弾けない
    調律師ってありなのかな?
    言葉は綺麗だけど、
    好き嫌いがわかれそうな文章かな。
    うーん。まぁまぁかな。

  • うーん、結構期待して読んだせいかガックリ感が…。タイトルと絡めて山とか森とかいろんな情景描写が繰り返し出て来るんだけど、全然、まったく届いてこない。肝心の調律というものに心を奪われる冒頭のシーンから説得力が少なくとも自分には皆無だった。凄い勢いで言葉が上滑りしてる。あとなんか構成もかなーりトッ散らかってまとまりのない感じ。

  • 本屋大賞受賞作なので読んでみた。年齢を問わず誰にでも薦められる本。テーマも目新しいし、いい話。だが、私はひねくれているのでこういうのは好きじゃない。感動も無し。いい話だけどわざとらしさが満載。いちいち登場人物に名ゼリフを言わせようとしてるのがいただけないし、とにかくこの文体が嫌い。 このポエムっぽい文体が最近はびこっているが、誰に端を発しているのだろう? 感受性があふれていると言えば聞こえがいいが高校生が書きそうな文章だ。よかったのは表紙。あの「くうきにんげん」「うきわねこ」の牧野千穂さんの作品。すてき。

  • 優しいお話でした。
    主人公の外村も穏やかな人だし、調律師を目指すきっかけとなった板鳥さんも穏やかな人。
    柳さんも素敵な先輩だし、双子の姉妹もいい子達。
    題材がピアノの調律師という私からしたら特別感ある職業だから全てが優しく温かい。

  • とても久しぶりに読む宮下奈都さん。本屋大賞受賞作ということで。

    高校生のとき、森のようなピアノの調律に魅せられてから調律師を目指すようになった外村。
    彼の成長を垣間みれるような、とても静かで内省的な小説でした。
    職業としての調律たるものをしみじみと感じました。「ピアニストを育てるのも調律師の仕事」という板鳥さんの言葉にはなるほどと思った。
    音楽と才能って切り離せないもので、そのやるせなさは痛いけれど、それでも外村が羊と鋼の森をさまよった先にある美しい何かが聞えた気がしました。

全1258件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

宮下 奈都(みやした なつ)
1967年福井県生まれ。上智大学卒業。2004年、「静かな雨」で文學界新人賞に入選し、デビュー。日常に起こる感情の揺れを繊細で瑞々しい筆致で描きだす作品で知られる。『スコーレNO.4』が書店員から熱烈な支持を集め、注目を浴びる。代表作に、2016年本屋大賞、ブランチブックアワード2015大賞、「キノベス!2016」などを受賞した『羊と鋼の森』があり、2018年6月映画化。『静かな雨』が2020年新春映画化が決まり、2019年6月6日文庫化される。ほか、福井からトムラウシに移り住んでいた頃の日々を描いた『神さまたちの遊ぶ庭』や、福井での身辺雑記や本屋大賞受賞前後のエピソードなどを描いた『緑の庭で寝ころんで』がある。

羊と鋼の森のその他の作品

羊と鋼の森 (文春文庫) Kindle版 羊と鋼の森 (文春文庫) 宮下奈都
羊と鋼の森 (文春文庫) 文庫 羊と鋼の森 (文春文庫) 宮下奈都
羊と鋼の森 Audible版 羊と鋼の森 宮下奈都

宮下奈都の作品

ツイートする