羊と鋼の森

著者 :
  • 文藝春秋
3.92
  • (809)
  • (1159)
  • (732)
  • (123)
  • (24)
本棚登録 : 7602
レビュー : 1258
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163902944

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実家にあるアップライトピアノは、私がピアノを習い始めたときに買ってもらったもの。
    子どもの頃は妹も私もよく弾いていたけれど、今では誰にも弾かれずに片隅に佇んでいます。
    本書を読み終えたあと、確かめたくなりました。
    私のピアノはどんな音をしていたか。
    どんな風に調律してもらっていたか。

    小さい頃から、年に一度、ピアノの調律師の方が来てくれていたことは知っていたけれど、彼らにまつわるドラマに想いを馳せたことなどありませんでした。
    すぐそばをすれ違っていたにも関わらず見えていなかった調律の世界に、新鮮さと親しみを感じつつ読み進めました。

    偶然居合わせた調律の現場で、ピアノにも音楽にも縁がなかった主人公の目の前に調律師への扉が開かれます。
    運命的な何かと出会い、その道を突き進んでいく主人公の姿が羨ましく、眩しい物語でした。

  • この本を最初に知ったのは『王様のブランチ』でした。
    その後、第154回直木賞候補になり、ブランチブックアワード2015受賞、2016本屋大賞にノミネートされ…

    読みたい、読みたい!、読みたい!!、読みたい!!!
    気持ちばかりがどんどん膨らんで…
    ようやく手にすることができました(笑)

    高校の体育館で偶然、ピアノを調律する場面に出会い、魅せられ、調律師を目指す外村。
    それまでピアノとは無縁の世界にいた一人の青年が、自分と向き合い、仕事と向き合い、悩み、苦しみ、もがき、成長していく…

    ゆったりとした宮下ワールドに浸りつつ、読み進めました。

    • けいたんさん
      こんにちは(^-^)/

      私もこの作品、読みたい、読みたい、読みたいでどんどん気持ちが膨らんでいます(*^^*)♪

      でも、膨らみ...
      こんにちは(^-^)/

      私もこの作品、読みたい、読みたい、読みたいでどんどん気持ちが膨らんでいます(*^^*)♪

      でも、膨らみすぎると期待しすぎていけないので、もう少し心を落ち着けてから読みます。

      感想参考になります。
      静かなイメージがふくらみます。

      今、津軽百年食堂を読んでいます。
      静かで心地よい読書が出来ています(^-^)
      紹介ありがとうございました♪
      2016/02/07
    • azu-azumyさん
      けいたんさん、こんにちは~♪

      やっぱり~!
      けいたんさんも読みたい気持ちを募らせているのですね(^^♪
      私は期待値がMAXだったの...
      けいたんさん、こんにちは~♪

      やっぱり~!
      けいたんさんも読みたい気持ちを募らせているのですね(^^♪
      私は期待値がMAXだったのですよ~
      そのせいか、宮下ワールドにどっぷりとつかりきれなかったかも…(^-^;

      津軽百年食堂、読まれているのですね。
      また、感想を聞かせてくださいね。
      楽しみにしています。
      2016/02/09
  • 些細なきっかけ。だけれども、人生を変えるほどの邂逅。
    ピアノの調律師、外村のこれまでとこれから。
    「ピアノの音」を、こんなにも鮮やかに文字で彩ることが出来るのか、と、まずはそのことにびっくりした。音を、そのイメージを言葉にすること。受け取った言葉のイメージを音にすること。きっと、果てのない挑戦。正解はなく、ゴールもない。それでも諦めない。挑み続ける。努力を努力と自覚しないのはそれだけで才能なのだ。ピアニストを目指す少女に外村は才能を見る。読者は同じものを外村に見る。
    今はうまく行かなくても、きっと。
    言葉のチョイスが抜群に好みでやさしい読後感の本でした。

  • タイトルと装丁に惹かれて読んでみた本。
    主人公の綺麗な心根が印象的。登場人物は、ちょっとクセのある人たちだが、皆 良心的。
    昨今の泥々劇の物語にすっかり慣れているので
    森の中できれいな澄んだ空気をいっぱい深呼吸した気分になった。

  • 新人調律師の外村が、双子の少女を始めとしたお客さん達や、個性豊かな先輩調律師と触れ合う中で、一歩一歩調律師として成長していく様を描いた作品。

    始め、この外村の卑屈かつ頑固で無神経な所に苛立ちを覚えていたが、物語が進むうちに少しずつではあるが文字通り"成長"していく姿が垣間見え、そこにこの小説の良さ、味を感じた。

  • ピアノ調律師の話。
    学校の体育館に案内したのが始まり。
    物事のはじまり、流れが変わるキッカケは案外こんな単純なことなのかもしれない。そのときの自分の心の動きをきちんと捉えられたから、今後にうまく行かせたり失敗を割けられたりできるのかも。
    この本を読んだらピアノの音が聞きたくなり、家にあるフジコ・ヘミングさんのCDを聴いてしまったわ。

  • 本屋大賞なので。
    でも大賞ってほどではなかったかなぁ。
    調律師の話って初めてだから
    新鮮だったけど、
    主人公に魅力を感じないし、
    そもそもピアノをまったく弾けない
    調律師ってありなのかな?
    言葉は綺麗だけど、
    好き嫌いがわかれそうな文章かな。
    うーん。まぁまぁかな。

  • とても久しぶりに読む宮下奈都さん。本屋大賞受賞作ということで。

    高校生のとき、森のようなピアノの調律に魅せられてから調律師を目指すようになった外村。
    彼の成長を垣間みれるような、とても静かで内省的な小説でした。
    職業としての調律たるものをしみじみと感じました。「ピアニストを育てるのも調律師の仕事」という板鳥さんの言葉にはなるほどと思った。
    音楽と才能って切り離せないもので、そのやるせなさは痛いけれど、それでも外村が羊と鋼の森をさまよった先にある美しい何かが聞えた気がしました。

  • 「森の匂いがした。秋の、夜に近い時間の森。」

    音を言葉で表現するのはすごく難しいと思うけど、まさか森で表現するとは。
    作品中に散りばめられた音の表現が五感を刺激する文章だった。
    タイトルからして秀逸で、読後改めて感心した。

    魅力的な先輩たちが例える様々な音、仕事への向き合い方、調律の世界は興味深かった。
    これからピアノを聞くたびに思い出しそうだ。

  • ゆるされている。世界と調和している。
    それがどんなに素晴らしいことか-。
    ピアノの調律に魅せられた一人の青年が、
    調律師として、人として成長する姿を綴る。
    この青年がこの後、どんな調律師になるのか楽しみ。
    和音のピアノも聞いてみたい。

著者プロフィール

宮下 奈都(みやした なつ)
1967年福井県生まれ。上智大学卒業。2004年、「静かな雨」で文學界新人賞に入選し、デビュー。日常に起こる感情の揺れを繊細で瑞々しい筆致で描きだす作品で知られる。『スコーレNO.4』が書店員から熱烈な支持を集め、注目を浴びる。代表作に、2016年本屋大賞、ブランチブックアワード2015大賞、「キノベス!2016」などを受賞した『羊と鋼の森』があり、2018年6月映画化。『静かな雨』が2020年新春映画化が決まり、2019年6月6日文庫化される。ほか、福井からトムラウシに移り住んでいた頃の日々を描いた『神さまたちの遊ぶ庭』や、福井での身辺雑記や本屋大賞受賞前後のエピソードなどを描いた『緑の庭で寝ころんで』がある。

羊と鋼の森のその他の作品

羊と鋼の森 (文春文庫) Kindle版 羊と鋼の森 (文春文庫) 宮下奈都
羊と鋼の森 (文春文庫) 文庫 羊と鋼の森 (文春文庫) 宮下奈都
羊と鋼の森 Audible版 羊と鋼の森 宮下奈都

宮下奈都の作品

ツイートする