「ない仕事」の作り方

  • 文藝春秋
3.85
  • (77)
  • (116)
  • (79)
  • (13)
  • (5)
本棚登録 : 1108
レビュー : 126
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163903699

作品紹介・あらすじ

デビューして今年で35年、「仏像ブーム」を牽引してきた第一人者であり、「マイブーム」や「ゆるキャラ」の名付け親としても知られるみうらじゅん。とはいえ、「テレビや雑誌で、そのサングラス&長髪姿を見かけるけれど、何が本業なのかわからない」「どうやって食っているんだろう?」と不思議に思っている人も多いのでは?本書では、それまで世の中に「なかった仕事」を、企画、営業、接待も全部自分でやる「一人電通」という手法で作ってきた「みうらじゅんの仕事術」を、アイデアの閃き方から印象に残るネーミングのコツ、世の中に広める方法まで、過去の作品を例にあげながら丁寧に解説していきます。「好きなことを仕事にしたい」、「会社という組織の中にいながらも、新しい何かを作り出したい」と願っている人たちに贈る、これまでに「ない」ビジネス書(?)です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • みうらじゅんの仕事はほとんど、今までなかった仕事を生み出してきた。
    マイブーム、ゆるキャラなど、それまでなかった概念を作り出し、世の中に一般的に流布してしまう。

    いわゆるニッチ産業のようなイメージだったが、この本を読んで、むしろ企業がしたくてしょうがないイノベーションを一人でしてしまっているのだなと感慨深く思った。

    本当のイノベーションは今までにないもの、市場の潜在需要を先取りし、色々なものを組み合わせ生み出すものだと思う。

    今あるものはやっているものにのるのはすでに遅い(資本主義の競争に乗り遅れる)。

    みうらじゅんは、自分の気になるもの、違和感のあるものに引っかかりを持ち、市場として成熟していないジャンルに対して、深く研究をすることで他の追随を許さないレベルに達する。ほかの人からみるとあほらしすぎること、瞬殺するのようなことに意味を見出すための地道な努力(フィールドワークにあたるようなもの)をしている。
    その手段の為に、自分にその研究にいそしむように「自分洗脳」をしたり、編集者への企画提案、接待「一人電通」をしたり、いわゆるビジネス書にのっても違和感がなさそうなフレーズの営みをしているというのが、みうらじゅんのイメージと違い面白かった。

    やはり、ここまで独自の企画を成り立たせるのは、クリエイティブで、かつビジネスとしても確立させるという、すごいことなのだなと。
    飄々としているのですが、偉大なんだな。

    本文中で、みうら自身が言っているが、小さいころから、コレクターなのではなく、編集してプロモーションする人なのだ。というところがキーだと思った。
    集めて満足するだけではなく、他者に対してのアピール(編集、プレゼン)ができないと何事も価値として認められないということ。

    80年代のテクノカットボストンメガネのエセおしゃれイラストレーター時代のみうらじゅんのかわいさには笑った。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    「マイブーム」「ゆるキャラ」の名づけ親みうらじゅんの「一人電通」式仕事術を大公開!

    僕が尊敬している人の一人にみうらじゅんさんが居ます。ゆるキャラやマイブームという言葉の生みの親として有名ですが、僕らの世代では「大島渚」というバンドでイカ天に出た辺りが初めて認識した頃ではなかったでしょうか。しかもバンドマンでは無くてそもそも何を生業にしているのかさっぱりわからない怪しいお兄さん(その頃は)でした。
    その後たまーにラジオやTVで姿を見かけていましたが何時まで経っても怪しさは変わらず、生業が分からないままでした。そもそも漫画家だって事も知らない始末でした。
    確か20年ほど前によしだてるみのヤル気MANMANというラジオでコーナーを持っていて、その時にとんまな祭り(とんまつり)について熱く語るみうらさんの声に魅了されて、著作を買いに行ったのを覚えています。なんでこんなアホな事を熱く語れるんだろうと若かりし日のゆういちは感嘆したので有ります。そのとき確かヘビーロック風のとんまつりの歌も披露したりしてそのぶっ飛び加減にやられました。ふざけているのか本気なのかと判断に苦しみました。だって周りにこんな大人皆無ですからね。
    そんなみうらじゅんが自分の仕事術について語る!しかも「ない仕事のつくりかた」もう題名からして素晴らしいです。無い仕事ってなんだよ!そんなのこの現代に存在するの??そう、それを作った過程を書いてあるんですよ。これは僕的には相当な名著です。お勧めです。

  • 日本は モノがあふれている。
    その中で、今日は差別化をはかるために全力を挙げている。
    充足している。足りないものがない。欲望が消えている。
    欲しいものが 何かわからない。
    そんななかで、みうらじゅんは 自分でブームをつくる。
    マイブーム。
    だいたい 自分だけのブームというのは ブームではない。
    それでも それをブームにしてしまうのだ。
    その時に必ず ネーミングをする 
    それが マイブームを拡げる大きな役割を果たす。

    ゆるきゃら というのが どこかが合っていないけど、
    それでも納得させるネーミングとなる。
    それで、いつのまにか 広がっていく。
    結局 地方公務員って ヒマなんだよ。
    地域振興の名の下に ムダな税金を使う。
    その税金のムダ使いを 拾い集めて 
    ゆるキャラブームにしてしまう。

    いやげもの。
    土産なんだけど よろこばれない土産というものがある。
    それは 俺が買わなければ 誰が買うのだ 
    といって 買って コレクションにしてしまう。
    そこには あきれはて、失笑し、
    なんでこんな意味がないもの、人が見向きもしないもの
    そういうものを集めて、結果として 
    『いやげもの』展示会を行い、意味がないものが
    集団となると 意味があると言えるような 
    不思議な ムダワールドが生まれる。

    みうらじゅんの 好きなものを 
    どうして好きなのかということを みうらじゅん的センスで
    語りつづけることで、好き者同士が集まり、
    そのまわりに ファンができる。
    好きこそ、モノの上手なれとは よくいったモノだ。

    みうらじゅんの 髪の毛の ひしぎなぎひろがりは 
    自分を隠すものかもしれない。
    でるクギは うたれるというが 
    ここまで 出過ぎると うつヤツもいなくて
    あきれ果てるしかない。
    硬直した組織に、クラゲのように襲いかかる戦略かもしれない。
    結局 欲しいものは ないわけで 
    自分で欲しいものつくって マイブームにすることだ。

  • みうらじゅんの手がけた、世の中の「ジャンル化されていなかったもの」、それも括られるまで日の目を見なかったり世間からマイナスイメージで捉えられていたものを「ポップな1つのジャンルとして」昇華する術の紹介本。

    この人の着眼点、「ネガ→ポジ」の発想や、「自分無くし」の考え方って、いざ実行しようとするとなかなか自力で到達しないこと。
    別に知らなくても生きていけるや、的なサブカル分野から思わぬ「処世術」に繋がるようで、なんとなーく読み終わると前向きな気分になるから不思議。

    「1人電通」と称されてるこの仕事術や発想法は、もっと評価されてもいいと思うんだけどなー。でもそうなったら別物になってしまうんだろうな。

    ちょいちょい出てくる言葉遊びネタのセンスも好き。自分のやってることはずっと大通りを歩いている、大通りヘップバーンだと思っていた、とか。

  • みうらじゅんさんの存在は、不思議です。

    相撲取りが、自分より年上のような感覚に陥るのと同様に、みうらじゅんさんを見ていると、イカ天が放映されていた時代に、タイムスリップします。

    大島渚監督も、ご健在で、
    「ばかやろう」と叫んでいましたっけ。

    失礼ですが、永遠の若手といったイメージです。

    1958年生まれ、もうすぐ還暦にもかかわらず、
    この大御所感のなさは、見習うべきものがあります。

    本の内容は、みうらさんが、これまで、人が見向きもしなかったもの(例えば、ゆるキャラ)を、いかにして見つけ出し、ネーミングし、分類し、出版社等に売り込み、世間に送り出してきたか、その具体的方法が書かれています。

    みうらさんは、それを「一人電通」と称しています。

    「ない仕事をつくる」

    会社員誰もが、過労死するほど働いているわけではありません。中には、やることがなくてつらい人もいます。

    仕事は自分でつくるものだ、といいますが、
    それは、社内ベンチャーを立ち上げるくらいの、
    高尚なことだと思っていました。

    しかし、実は、もっとハードルを下げて、
    とにかく、何かやり始めて、仕事です、
    と言い切ってしまえばよいのではないでしょうか。

    もうひとつ、いいなあ、と思った考え方があります。

    それは、好きでもないものを、どうにかして好きになる、その過程に、喜びを見出すというもの。

    もっとエキセントリックなことが書いてあると思ったのですが、一般の会社員がよんでも、勉強になる内容が多々ありました。

  • みうらじゅん氏、本当に面白いな。
    「マイブーム」も「ゆるキャラ」も彼の仕事だったとは知らなかった。
    嫌いというネガティブな感情を好きというポジティブに変えること、とにかく続けること(言い続ける、好きでい続ける)。

    読者層の違う多種多様な雑誌で連載を持っている著者は、マイブームについて、一気に全部の雑誌に書き、それによっていかにも流行っているかのように見せ、そこから読者が興味を持ち始めるという話はとても面白く、さすがだなと思った。
    また、多様な分野に興味を持ちつつもどれも深く追及しているところもすごいと思う。
    「またやってる」ではなく「まだやってる」と言われることを望むように、ずっとやり続けることで見えてくるものがあるのだろう。
    著者のように面白いと思ったことを追及し、仕事にまで繋がれば楽しいだろうなと思う。
    新たな視点を持てる楽しい内容だった。

  • A+B=ABでなく、A+B=Cになるようにする。AかBのどちらかはもう一方を打ち消すようなネガティブなもの

    cf. とんまつり、いやげ物、ゆるキャラ

    「収集」しただけではただのコレクター。それを書籍やイベントに昇華させて、初めて「仕事」になる
    収集と発表

    ブームというのは「勝手に独自の意見を言い出す人」が増えたときに生まれるもの

    マイナスのものを、名前をつけて面白がってみると、自分の気持ちすら変わってプラスになる
    cf. 地獄表のある町
    マイナスの中にチャンスは埋もれている

    「突き詰める」なぜそれが好きなのか、そこをどんどん狭めて考えていったときに、誰も手を付けていない「ジャンル」が浮かび上がってくる

  • ない仕事とは、今までジャンルや名称が存在しなかったモノに注目して、ふさわしいネーミングをつけたり、皆にしってもらうように活動することで生まれる。どんどん既存の仕事が低賃金化や機械化で無くなっていく中、非常に重要なアイデアだと感じた。

  • 新年初読了本。接待、か…。あとプレイだな。仕事のヒント。

  • ★『好きなこと』が見つからないときに読む本★⭐︎

    人と違う
    個性
    普通じゃない

    ってかっこいい!羨ましい!
    でも自分はそれ程、突き詰めるほど好きなこと
    って正直ない。


    そう思ってました。

    なんとなく、これ好きなのかな、
    こういうことも好きだけど、
    って思うものやコンテンツってあるけど

    でもそれ程でもない
    って思っていたが、


    なんだ、みうら じゅんさん、その人も、
    自分を騙し騙し、
    突き詰めていっていたんじゃないか。
    そうかこの人、自分プロデュースめっちゃうまいんじゃん。


    あなたが何かを突き詰めたいと思った時に、
    いや、私よりもっと好きな人いるし、
    できないって思ってしまう。

    だけど、違うんだ、
    自分のプロデュースってこんな風にやるんだって
    すごく具体的に赤裸々に書いてある本。

    とってもわかりやすかったし、
    途中で、「あ、そういうことか」とスイッチの入る瞬間がありました。

全126件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

みうらじゅん●1958年京都生まれ。武蔵野美術大学在学中に漫画家デビュー。

「2018年 『仏像ロケ隊がゆく 見仏記7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「ない仕事」の作り方のその他の作品

みうらじゅんの作品

「ない仕事」の作り方を本棚に登録しているひと

ツイートする