晴れの日には 藍千堂菓子噺

著者 :
  • 文藝春秋
3.83
  • (17)
  • (29)
  • (24)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 173
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163904733

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • L 藍千堂菓子噺2

    どうもイライラ募る晴太郎。それがウリなんでしょうけどね。内容も特に重厚さもないので、やっぱり「噺」ってことなんだろうな。同心岡さんは是非この兄弟から脱して単独での活躍を望む。
    諸々都合が良すぎてお腹いっぱい。ほっこりホンワカも兄のキャラに頼りすぎている。兄と弟の対比もあまりいい具合になっていない予感。
    本当にびっくりするほど都合が良くて、そりゃ幸せになるわと思いましたとさ。

  • 2016/8/13(土曜日)

  • 上菓子司「藍千堂」を舞台にした、シリーズ第2弾。全くもう。最高かよ。笑いあり涙あり。あの晴太郎が大人になりました(笑)。茂市さん笑いすぎ^^。総左衛門の思い出話もよかった。前回以上に恐ろしい敵も現れるけれど、「チーム藍千堂」団結の勝利で大団円。さて、次は幸次郎の番だな。

  • 藍千堂シリーズ第2弾。
    本作では兄・晴太郎の不器用な恋模様が大きな流れとなっている。
    藍千堂を取り巻く人々の優しさにホッコリさせられた。

  • 皆が優しい。
    とっても良かったです。

  • 藍千堂菓子噺シリーズ第2巻。

    1巻読んで、続き読みたいと思ってたところにタイミングよく刊行されて嬉しい。

    1巻で親戚の理不尽な仕打ちの理由もわかり、ひとまず決着がついた藍千堂。
    2巻では、兄で菓子職人の晴太郎に新たな出会いが…。

    のんびりしているが、生粋の菓子職人である晴太郎の作る和菓子は美味しそう。
    実際に売ってほしい。
    食べたい。

    このシリーズ、私はお兄ちゃん派だったのですが、お兄ちゃん派か弟派か分かれそう。
    あ、茂市派か岡派という場合もあるかな。


    収録作品:羊羹比べ 母と似た女 青の星川 思い出話 ひいなの祝い

  • 待ってましたの「藍千堂」シリーズ。          相変わらず書かれている和菓子はおいしそうで、特段和菓子が好きじゃなくても、食べたくなる。
    藍千堂の主、晴太郎の恋が微笑ましく可愛かった。
    私は次男の幸次郎のほうが好きなので、今回はいまいち出番が少なくちょっとだけ残念。
    「藍千堂」に降りかかる火の粉を払いのける術は、爽快でとてもよかった。

  • 【晴太郎が恋をした!? 江戸の菓子所「藍千堂」シリーズ第2弾】菓子職人の兄・晴太郎が訳ありの女画師に恋をした。弟・幸次郎は店を守るために兄を止めるが。美しい季節の和菓子が彩る江戸人情話。

全38件中 31 - 38件を表示

著者プロフィール

田牧 大和(たまき やまと)
1966年、東京都生まれの小説家。明星大学人文学部英語英文学科卒業。市場調査会社に勤務しながら、ウェブ上で時代小説を発表していた。2007年『色には出でじ、風に牽牛』(『花合せ』)で第2回小説現代長編新人賞を受賞。
代表作に、『花合せ 濱次お役者双六』などの「濱次シリーズ」、『鯖猫長屋ふしぎ草紙』の「鯖猫長屋シリーズ」などがある。

田牧大和の作品

ツイートする