晴れの日には 藍千堂菓子噺

著者 :
  • 文藝春秋
3.83
  • (17)
  • (29)
  • (24)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 173
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163904733

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おお、第二弾!
    残念ながら一巻時にあった各話ごとの千代紙的ページがなくなっているが、まあ、手間もお金かかることでしょうし、しょうがないよなあー。

    和菓子屋さん兄弟のお話。
    人情満載で、だいすきだわー。
    今回は兄の恋話。関連して、ご両親の、かなーり劇的ななれそめ話もありで、常連客がまさかの身内だったりと、
    てんこもりなおもしろさ。
    想い人の元夫がヤバイお人だったので、
    ほんわり話にドキドキがつきまとい、どう決着をつけるのかと心配していたのだが、嘘みたいにまーるくおさまって大変よかった。
    うん、あとあといつ横やりがはいるのか、という心配が
    いったんは残ったのだけれど、その後そーくるかーっという解決をみた。
    あの兄弟にもサチあれ~。

    第三弾も希望♪

  •  叔父さんとの確執もなくなり、幸次郎の結婚問題くらいかと思っていたら、とんだ強敵を持ってきましたね。どう太刀打ちするのか。


     最後はちょっと力業かな。

  • 晴太郎の恋の話。
    ちょっとハラハラしたものの、光があふれるような締めくくりで読了後はほっこりしました♪
    続きも出るかなぁ、出たら読みたいなぁ。

  • 上菓子司「藍千堂」を舞台にした、シリーズ第2弾。全くもう。最高かよ。笑いあり涙あり。あの晴太郎が大人になりました(笑)。茂市さん笑いすぎ^^。総左衛門の思い出話もよかった。前回以上に恐ろしい敵も現れるけれど、「チーム藍千堂」団結の勝利で大団円。さて、次は幸次郎の番だな。

  • 藍千堂菓子噺シリーズ第2巻。

    1巻読んで、続き読みたいと思ってたところにタイミングよく刊行されて嬉しい。

    1巻で親戚の理不尽な仕打ちの理由もわかり、ひとまず決着がついた藍千堂。
    2巻では、兄で菓子職人の晴太郎に新たな出会いが…。

    のんびりしているが、生粋の菓子職人である晴太郎の作る和菓子は美味しそう。
    実際に売ってほしい。
    食べたい。

    このシリーズ、私はお兄ちゃん派だったのですが、お兄ちゃん派か弟派か分かれそう。
    あ、茂市派か岡派という場合もあるかな。


    収録作品:羊羹比べ 母と似た女 青の星川 思い出話 ひいなの祝い

  • 待ってましたの「藍千堂」シリーズ。          相変わらず書かれている和菓子はおいしそうで、特段和菓子が好きじゃなくても、食べたくなる。
    藍千堂の主、晴太郎の恋が微笑ましく可愛かった。
    私は次男の幸次郎のほうが好きなので、今回はいまいち出番が少なくちょっとだけ残念。
    「藍千堂」に降りかかる火の粉を払いのける術は、爽快でとてもよかった。

著者プロフィール

田牧 大和(たまき やまと)
1966年、東京都生まれの小説家。明星大学人文学部英語英文学科卒業。市場調査会社に勤務しながら、ウェブ上で時代小説を発表していた。2007年『色には出でじ、風に牽牛』(『花合せ』)で第2回小説現代長編新人賞を受賞。
代表作に、『花合せ 濱次お役者双六』などの「濱次シリーズ」、『鯖猫長屋ふしぎ草紙』の「鯖猫長屋シリーズ」などがある。

田牧大和の作品

ツイートする