美しい距離

  • 文藝春秋
3.69
  • (44)
  • (93)
  • (83)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 884
レビュー : 112
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163904818

作品紹介・あらすじ

死へと向かっていく妻に照射される夫のまなざし40歳代の妻は癌に冒され死へと向かって歩む。生命保険会社勤務の夫は愛する妻へと柔らかい視線を投げかける。人生考察の清々しさ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 別サイトでおすすめしていただいた一冊。
    短いページ数に淡々と、だけど深甚な文章で綴られる夫婦の最期の時間。「未来があまりないことは知っている。未来が消える瞬間が来ることも知っている」けど「希望を失っていない」ことを、お医者さまをはじめ周りの人に伝えるのが難しいことが強く心に残った。本で読むのでなく現実で聞いたら、私もきちんと理解できないかもしれない。
    読後、タイトルにしみじみ感じ入った。
    それぞれの関係・想いにとっての、それぞれの美しい距離があるのだと。そしてそれは遺されたものにとって、かわらないものであり、日々、かわっていくものなのだと。

  • 初めての山崎ナオコーラ。去年のlifeで取り上げられていたこと興味を持った。現代小説はあまり追いかけていないが、とっても有意義な読書体験になった。

    妻が死病を患い、夫がゆっくりと看取っていく話。作品はシンプルに良かったんだけど、読みながら下重暁子の「家族という病」を思い出した。あれは一元的な家族という連帯的なイメージにうんざりして、家族の意味と個としての人間のあり方を問うたものだった。メッセージとしては同じではないと思うんだけど、イメージ的には近い感覚がある。

    戦後と高度経済成長が作り出した「日本」という大きな物語。そこでシンプルに作りだされた画一化された人生観が、個々の実存にぶつかり、ほどけて重力を帯びるような感覚。家族であったり、死であったり、概念としての抽象名詞が固有名詞化されていく。しかしその実存もあくまで個別的なので、それぞれが描く自己であったり他者の物語が棘のように刺激する。特に死という終局の実存だからこそ。

    この話のキーは「距離」。惑星間の距離の拡大から話は落ち込んで、人間の距離として進む。妻を愛する夫の敏感な心が、妻の死を目前により先鋭化される。思い残しと同時に、弱くなった妻を介護しながら満たされていく愛情。妻とそれぞれの距離を持つ人たちの物語の中での「死にゆく妻」に違和感を覚えながらも、それを受容しようと努める。作中、中ほどでの夫の言葉が印象的。「愛するということは相手を所有することではなく、相手のもつ社会を受け入れること」。

    そして妻は死んで、受け入れがたい葬式を終えて、一人になった。日に日に妻に対する実存感が薄れていきながら、仏壇に向かい合う心も言葉遣いも変わってしまい、距離は遠のいていく。しかしそれが悪いわけではない。愛したという実感が残っている。それも一つの物語である。

  • 夫と妻…物理的に遠く離れてしまっても、二人の関係は程よい距離感を保っている。
    この心地好さは二人にしか分からない。

    四十代初めの夫婦は連れ添って15年。
    子供はいないけれど妻はこだわりのサンドウィッチの店を持つ等、豊かな生活を送っていた。

    そんな妻ががんを患う。
    しかも助かる見込みはないという。

    妻も夫も、妻の病を冷静に受け止めていることに一番驚いた。
    確かに受け止めるまで葛藤はあったと想像する。
    けれどこの二人の病室でのやり取りはとても自然。
    妻は「死ぬまで修行中」と仕事のことが頭から離れずにいる。
    そして夫…。
    こんなに妻に献身的な夫は見たことがない位、常に妻に寄り添う。妻が少しでも楽に過ごせるよう考え悩む夫の姿が印象に残る。
    病に犯されて痛くても苦しくても、その瞬間瞬間を生ききった妻が羨ましい。

    「来たよ」「来たか」と入院中片手を挙げ合って挨拶を交わした同志の二人。
    この二人の関係を理解できない人は多いかもしれない。
    でもこれが二人にしか出来ない生き方だと思う。
    物語は淡々と進む。けれど山崎さんの言いたいことが心にじわりじわり染み込んできた。

  • 愛する家族を看取る人の心が本当によく書けていると思う。
    看取る間に必ず付き合わなければならない、介護認定の職員、看護師、医師、見舞い客、弔問客などもリアルに描かれている。心無いことを言われても、相手にも「物語」があるのだと納得しようとする語り手の心情もわかる気がする。
     しかし、実際の看取りはもっと激情も伴うと思うし、この物語の看取られる側の妻は、若く、病気の進行も早いけれど、長引けば家族はもっと疲弊し、場合によっては怒りや憎しみを抱くこともあるだろう。そこのところは美しくまとめられているなあ、という気はする。
     実際にがんの家族をを看取った人にこの本を読ませたいかと言われれば、ちょっと・・・と断るだろう。本当に「美しい距離」が感じられるまでにかかる時間は個人個人で違うから。

  • がんに冒された妻を見舞う主人公の物語です。妻と主人公のやりとりに激しさはなく、淡々と展開される中、主人公の妻への接し方に細かい気遣いが見られ、妻への愛を感じました。だから、タイトルについては、最初、見舞う時の妻との接する距離感かと思っていたのですが、亡くなった後の距離感でした。最初、毎日夢に出てきていたのが、次第に回数が減っていき、お墓を建てて、納骨の時には、妻に対して敬語を使っていた。今は離れることを嫌だと感じているが、そうでなくなるときが、いつか来る。こう考える主人公は強いなと思います。自分だったら、こうは思えないかもしれない。それから、物語の中心は、妻の死が近づくなかでの、妻と主人公の瞬間、瞬間のやりとりを大事にすることだと私は思ったので、違うタイトルでも良かったのではないかと思いました。最初の書きだしと終わりの内容を、つなげたのも、ちょっと違和感がありました。

  • 題名に惹かれて、初めての山崎ナオコーラさん。距離と言うとネガティブに捉えられがちだが、自分と相手を同化せず、お互いの悲しみや喜びや意思や社会を尊重することの美しさ。

  • 夫婦の美しい距離。

    出会った頃は丁寧語で話し、そのうちタメ口になる事。
    妻の顔に化粧水や乳液、クリームをつける事。
    病院の付き添いで誰か一人泊まってもいいと言われた日に、夫の自分ではなく母親にと言われる事。
    妻にとって近しい存在は親なのか自分なのかと考える事。
    残された時間が少ないとわかっていても、希望を失っている訳でも妻の未来が消えてしまう瞬間を見届けたくてそれを目指して看病している訳でもなく、ぎりぎりまで出来るだけ長く生きていて欲しいと願いながら毎日を暮らしたいと思う事。
    病院でキスぐらいすれば良かった、死ぬ前でも、死んだ後でもこっそり…と後悔する事。
    妻が亡くなると妻との間が急速に離れ、遠い存在になって行く事。
    亡くなって数日すると妻に話しかける言葉が尊敬語や謙譲語になる事。
    毎日のように見ていた妻の夢の間隔がだんだんと長くなり、夢の中の妻は若く元気で頬がふっくらとしている事。
    一年が過ぎるとお墓の前で話しかける言葉が出会った頃のような敬語になり、関係が遠くなるのも乙なものだと感じる事。
    淡いのも濃いのも近いのも遠いのも、全ての関係が光り、遠くても関係さえあればいいと思える事……。

    初々しい距離、微笑ましい距離、悩ましい距離、もどかしい距離、やりきれない距離、後悔する距離、少しずつ遠ざかって行く距離…。どれも愛おしくて美しい距離。
    淡々としていて剥き出しなところがない。お互いの心の中にはあるのだろうけれど、感情をあらわにしてしまったら止められなくなりそうだ。変わらない想い、変わって行く想いが切ないけれど、美しい距離や関係は変わらない。

  • 大切な人との関係を「美しい距離」という一言でまとめてしまう感性に感服しました。グゥの音もない。

  • 末期ガンの妻とその夫の話。結婚しているといつかはこういう日々が訪れる。登場人物に共感できるかは人それぞれだが、気の持ち方として読んでおいて損はないだろう。

  • 泣いた、後半ずっと泣きながら読んでいた。
    ずっと「距離」がテーマだった。そして何度もこの夫から妻への美しい距離を感じたことだろう。美しい距離の選択に、矜持を持っていたのだろう。
    正直、「人のセックスを笑うな」は読むタイミングも悪く、挫折した。だけど、この本は読むタイミングも最善だった。美しき、文学が読みたかった。素晴らしかった。
    『配偶者とは、相手を独占できるものではなくて、相手の社会を信じる者のことなのだ。』

全112件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978年福岡県生まれ。2004年『人のセックスを笑うな』で文藝賞を受賞し、デビュー。小説に『ニキの屈辱』『美しい距離』『趣味で腹いっぱい』、エッセイに『母ではなくて、親になる』など。

「2019年 『リボンの男』 で使われていた紹介文から引用しています。」

美しい距離のその他の作品

美しい距離 (文春e-book) Kindle版 美しい距離 (文春e-book) 山崎ナオコーラ

山崎ナオコーラの作品

美しい距離を本棚に登録しているひと

ツイートする