十二人の死にたい子どもたち

著者 :
  • 文藝春秋
3.26
  • (42)
  • (172)
  • (260)
  • (71)
  • (20)
本棚登録 : 1530
レビュー : 259
  • Amazon.co.jp ・本 (404ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163905419

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私はアンリの考え方に賛同なので、ラストが嫌でした。
    他のメンバーの考え方には「理解」はできなくても「受け入れて」あげてるメンバーが、アンリの考え方だけは全否定。

    そこが納得いかない。
    アンリの考え方も「理解」はしなくても「受け入れて」あげる一文さえあればよかったのに。

    ヘルペスを受け入れてあげられるなら、アンリも受け入れてあげられそうだけどな。


  • 登場人物の多さなのか
    視点の移り変わりかたなのか
    鼻につく言い回しからなのか
    なんとなく読みづらくてなかなか終わらなかった…
    特に感情移入することもなくふーんで終わっちゃったのは残念。
    シンジロウの存在都合良すぎる。

  • それぞれの事情を抱えた12人の子どもたちが、集団安楽死を図るべく、廃病院に集う。しかし、彼らの前には13人目の先客がすでに死んだ状態で横たわっていた。13人目の彼は誰なのか、自殺じゃないなら誰が殺したのか。12人の中に嘘を付いているものがいる…
    前半は登場人物を外角的にとらえながら、サスペンス仕立てでストーリーが進む。12人の中に犯人がいるのであろう、と思いながら読み進める。後半、12人のそれぞれの死にたい事情が明らかになるにつれて、犯人探しなどどうでもよくなってくる。この時点で、もはやこれがサスペンスものではなくなってきている。
    昨今、メディアを通して悲惨な親子関係、身勝手な大人たちに虐げられる子どもたちを"現実"に見聞きしているせいか、12人の子どもたちの"事情"の悲劇性に寄り添ってあげにくい自分がいる。私の感覚が麻痺しているのだろうか。
    確かに、12人の事情の中には「はあ?何それ?」と思えるものもあるのだが…まぁ、他人が見ればそう感じることでも、当事者にとっては死にたくなるくらい深刻なことに違いないのだろう。
    いずれにせよ、最後はそれぞれが納得のいく形で自分の足で前に進むことができてよかった。
    それにしても、子ども達よ、もし困ったら、助けを求めなさい。どこかに必ず、差し伸べてくれる手はあるのだから、諦めずに救いを求めてください。

  • 12人の死にたい若者が廃病院に集まり、全員の一致が得られるまで話し合いを続ける話。話が複雑すぎてトリックのネタバレにも全然ついていけなかった。みんな死にたくて集まったのに和気あいあいと帰っていく様も意味不明。意味がわからなすぎてどこかに解説サイトないか探したいくらい。
    ただ登場人物を書き分けるのだけは上手いと思った。

  •  死にたい子供らが集まって、何か問題が出ると議論していきます。その議論が退屈で、結局どうなるんだと飛ばし読み。ああ、そうだろうね。の結末でした。

  • かつて病院だった建物に集う、少年少女たち。彼らの目的は安楽死をすること-。だがそこにはすでに、少年の死体があった。著者初の現代長編ミステリー。

    出だしからテンポが上がらないで話が前進せず、期待外れ。「天地明察」「光圀伝」と佳作が多い作者だけに期待したのに、中盤で投げ出した。すみません。
    (E)

  • 題につられて読んでみた。切り口が面白い。

  • 何かの書評で面白そうだったので読んでみたけど…全然面白いと思う所なく終わった。
    特に最初の方は全然ページが進まなくて辛かったー
    様々な事情を抱えた12人?13人?の少年少女が集団自殺のために集まり、アクシデントからみんなが自分の事情を告白し合ったり、時に言い争いなどもして、結局いつか死ぬその日まで生きてみようか、と集いは解散になる。

    結局どの子にも感情移入もできず、いろんなことが理解できないまま終わった。
    最後まで読みきった自分を褒めたい。面白くなかったのに。

  • 直木賞候補作だが、選考委員が満場一致するほど期待外れ。
    天地明察や光圀伝の力量は垣間見れず。
    残念。

著者プロフィール

冲方丁(うぶかたとう)
1977年、岐阜県生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。
『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。
代表作となる『天地明察』は2011年にコミック化、そして2012年に岡田准一主演で映画化されヒット作となる。2019年1月、『十二人の死にたい子どもたち』が堤幸彦監督により映画化。

十二人の死にたい子どもたちのその他の作品

冲方丁の作品

ツイートする