コンビニ人間

著者 :
  • 文藝春秋
3.61
  • (648)
  • (1511)
  • (1292)
  • (293)
  • (90)
本棚登録 : 11481
レビュー : 1737
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163906188

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 話題になった本は読まねば、ということでかなり遅れながらも読了。印象的なのは、最後のくだりで、少しヒヤッとしてしまった。自分は人間じゃなくて、コンビニ店員だと開き直るような場面で清々しさを感じられたことがヒヤッとした。
    “普通”が何か分からない、”普通”にどうしたらなれるのかという主人公の悩みは、小さい頃から周りと少しずれてると自覚していた私にとっては、とても共感できるものだった。
    題がコンビニ人間であることは何か意味があるのかと思ったので、いつか再読して考えてみたい。

  • 人と違っても、どう思われても、結局大事なのは自分が何をしたいか、何をしている時が一番夢中になれたり一生懸命になれたりするかが大事、っていうメッセージに感じた。

  • 自分もコンビニでバイト経験があるので
    うわぁ気持ちわかるわぁとも思いつつ、
    でもここまでコンビニに命かけれる人間には
    なれないなぁとも思った。コンビニに命かける人って世間的にはどうなのよってのがあくまで「世間的な」考えやけど、別に私はそれでもいいんじゃないとは思う。自由に生きればいい時代。人に迷惑もかけてないし、一応お昼時のレジを回すのも社会を回してることには変わりないし。
    フリーター独身別にええやない。
    俺は会社員として働いて結婚もして子供も欲しいけどね。
    結論、人それぞれ。他人の人生にケチつけるな。

  • ゾワっとした。
    共感できたことにゾワっとした。

  • 芥川賞受賞作です。とてもサクサクと読み進めあっというまに読了でした。今はこのような作風が時代なのかな?話的には、面白かったです。幼少の頃から、人と同じ感情を持てない主人公の古倉恵子。喜怒哀楽がどうしても理解できない。そのため、趣くままに行動を起こすと、周りから奇異な目で見られる。弾かれる。主人公は、周りに溶け込む為に、人まねをしながら生きていくすべを見つける。それが、コンビニ店員。完璧なコンビニ店員という記号でいれば、この社会から弾かれずに生きていける。私生活もすべてコンビニ基準で過ごしていけば、普通の人として暮らしていける。しかし、それも長く続けると、さまざまな壁が。なぜいつまでもバイトなのか?恋人は?結婚は?子どもは? そんな壁に主人公が取った打開策は・・・。特異な価値観は理解されず排除される。なので、仮面を被るしかない。この主人公は極端だが、誰もが弾かれるのが恐く仮面を被るのではないだろうか。ラストはこうとしか生きていけない主人公の悲しさがありましたが、本人は幸せなのだろうなと思いまたけどね

  • 2019/04/11
    自分の当たり前としているのを、本当に当たり前としていいのか考えさせられた。自分の価値観を大切にしつつ、他人の価値観を尊重できる人でありたい。いかなる状況においても。

  • 「普通」に物事を捉えられない主人公はコンビニというあらゆる物を「普通」化した環境で長年働いている。周囲との微妙なズレ、違和感、理解不能な思考に恐怖を感じる。そんな異質さにもかかわらず、いたって苦痛を感じない主人公。不幸なのは普通を信じる周囲。

  • 高校を卒業して大学生になって突然好きなことしろって言われる。社会人になる時、何がしたいかと聞かれる。

    大学生から社会人になる時の私は、コンビニを辞めた主人公に少し似てたかも。あんなに極端じゃないけど。
    やりたいことって何?私って何?って悩んでたな。

    社会人になって結婚もしてこれから子供も生まれるけど、
    自分らしく生きていきたいってやっと思えた今の自分にぴったりな本だった。

  • 【内容】
    「いらっしゃいませー!」お客様がたてる音に負けじと、私は叫ぶ。古倉恵子、コンビニバイト歴18年。彼氏なしの36歳。日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる。ある日婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて…。現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作。


    【感想】
    実際に恵子みたいな人が居たら、どう思うだろうか。
    大抵の人は、世界からはみ出すことを苦に思う。
    だけど、恵子は苦に思うことは無い。
    余りにも自他共に客観的 且つ 理性的なので、
    ネットでよく感想で書かれていた、
    いわゆる発達障害という感じには見受けられなかった。
    良く言えば、「正直者」「実直・勤勉」「素直」。


    だけど、それが受け入れられない世界、私も経験がある。

    前職での職場では、
    婚姻者としてあるべき(ご飯を作る、家庭的である)を強要され、仕事を頑張れば頑張るほど孤立していった。

    「正直者」「実直・勤勉」「素直」である者ほど、
    淘汰され、転職していった。


    今の会社はいわゆる大手ではないが、
    周りは「正直者」「実直・勤勉」「素直」である。

    主人公の恵子は感じ入っていないが、
    何とも言えない気持ちにさせられるのは、
    親も妹も、友人すらも、
    そのままの恵子を認めていないことである。

    そのままの恵子を認める人は居ないのだろうか。
    それが自分だったらと思うと、切なくなってしまう。


    「...私はコンビニ人間という動物なんです。その本能を裏切ることはできません」
    なんて、強いんだろう、この人は。
    私も何を言われても、
    「自分はこうなんだ!」と言い切る強さがあったらと思う。




  • ふつうってなんなんですかね

    自分という「ふつうの人間」も、おにぎりみたいにぎゅっぎゅと、周りの環境に押しつぶされて出来た個体みたいなもんだなとおもった。

全1737件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

村田沙耶香(むらた さやか)
1979年、千葉県印西市生まれ。二松學舍大学附属柏高等学校、玉川大学文学部芸術学科芸術文化コース卒業。
2003年『授乳』で第46回群像新人文学賞優秀賞を受賞しデビュー作となる。2009年『ギンイロノウタ』で第22回三島由紀夫賞候補及び、第31回野間文芸新人賞受賞。2010年『星が吸う水』で第23回三島由紀夫賞候補。2012年『タダイマトビラ』で第25回三島由紀夫賞候補。2013年、しろいろの街の、その骨の体温の』で第26回三島由紀夫賞受賞。2014年『殺人出産』で第14回センス・オブ・ジェンダー賞少子化対策特別賞受賞。2016年『コンビニ人間』で第155回芥川龍之介賞受賞。
2018年8月末、『地球星人』を刊行。

コンビニ人間のその他の作品

コンビニ人間 Audible版 コンビニ人間 村田沙耶香
コンビニ人間 (文春文庫) 文庫 コンビニ人間 (文春文庫) 村田沙耶香
コンビニ人間 (文春文庫) Kindle版 コンビニ人間 (文春文庫) 村田沙耶香

村田沙耶香の作品

ツイートする