コンビニ人間

著者 :
  • 文藝春秋
3.61
  • (648)
  • (1511)
  • (1294)
  • (294)
  • (90)
本棚登録 : 11499
レビュー : 1738
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163906188

作品紹介・あらすじ

第155回芥川賞受賞作!36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。現代の実存を問い、正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ページ数が少ないのですぐ読める

  • 普通とは何か、について考えさせられる本だった。
    ある意味ホラーで、ある意味コメディ。読んでいてドキッとする場面が多かった。

  • 発達障害の私はこの本の見出しに書いてある「普通とは何か?」の問いに惹かれ、もしかしたら主人公に共感できるのかと思い読み進めました。けれど、共感出来たのは最初のみで、社会の実存に疑問を抱くわけでもなく、ただ淡々とコンビニのために働く恵子に恐怖を覚えました。合理的に理路整然と物事を考えることが出来る恵子ならばコンビニの社員にさせてもらうお願いをしたり、就職活動の時点でコンビニの本社に就職し、指導員として各店舗を回るようにするなど、コンビニ好きならば好きなりに方法は色々あったはずです。それに、18年間コンビニアルバイトを同じ店舗でしていて店長にならないのも現実味がないように感じました。けれど、恵子のように色々な人の喋り方をミックスし、容姿の傾向をマネる行為は今後参考にしようと思いました。読み終わった感想がこのような感じなので私は恵子と白羽さんが言っている「縄文時代から何ら変わらない村の人」と恵子と白羽さんのような「社会不適合者」が混じっている人間です。そのような人は多いと思います。
    2時間ほどでサクッと読めて、最後も恵子は変わらずコンビニ店員を続けている未来が見えるような、無駄に希望も持たず、ストンと胸に入ってくる作品だと感じました。

  • 言葉に含まれる微妙な意味を理解できず、子供の頃から周囲を困惑させてきた古倉さん。

    就職も結婚もせず、恋愛経験もない彼女が唯一自分らしく働ける場所が、コンビニだった。
    人の真似をしてコンビニの店員としていれば、一緒に働く人たちにもその場にも馴染めている心地よさを感じていた。

    そこに婚活目的で入ってきた白羽さんに、就職も結婚もしないでいるのはおかしいと突きつけられ、彼の思惑に乗せられるままコンビニを辞めて、改めて自分の居場所を再確認したこと。

    就職しなければどうしてと聞かれ、結婚しないとどうしてと聞かれ、大体の人が通る人生にそれていると、人はやたらと詮索したがる。

    就職や結婚しないのが悪いわけでもなく、詮索する人も悪いわけでもないと思うんだ。

    白羽さんのダメ人間ぷりがうける。
    確かに、現代は縄文時代とそれほど変わらないのかもね。
    おもしろかった。現代ぽい。

  • 読みたいと思いながらようやく読めた! 普通ってなに? 人は普通こうだ!こうすべきだ!外れると変だ!と勝手に決めつける。でも、普通って? 皆個人それぞれの基準があって、違うのに。 ままわりの言う「普通」に縛られない生き方が自分に合った生き方。そう言う生き方したいな。

  • 「普通」とは何か、を考えさせられる作品。
    就職、結婚、妊娠など「普通」でなければ、まわりから変な目で見られ、社会の中で生きづらくなる。
    人生に正解はなく自由だが、生きることは難しい。

  •  社会に適合しずらい自分に幼いころから気づいていた彼女は、トラブルを避けるために他社とのコミュニケーションを避けるようにしていた。そんな彼女であったが、大学生になりコンビニでのアルバイトを始めたことから、マニュアル通りの行動や会話を身に着ける事によって、トラブルを避ける行動や会話の判断基準を得ることができ、社会で生きて行く手段を得られ、そして、そこに自分の存在意義を見つけていた。しかし、大学を卒業してから18年間バイトを続けている彼女は、今度は就職、結婚など様々な社会の常識を周りから突き付けられるようになり、次第に戸惑い、思ってもみない行動に出る。
     別の角度の視点を持つ主人公の語り手によると、普通の反応をしているはずの人たちが、いかに社会の常識に縛られているかがあらわになり滑稽さが鮮明に映し出される。普通とは何なのか。少しでも疑問を持つ人に読んでもらいたい。
    2016年芥川龍之介賞受賞作品

  • それでは普通とは何を基準にすればいいのだろう。自分は普通であるだろうか。そもそも普通である必要はあるのだろうか。永らくお暇していたような、そんな若い時分の問いを思い出させてくれる。あのときはそう、太宰であったり、カミュであったり。
    今で言えばサイコ小説のひとつとしてジャンル分けされそうなテーマだが、実は純文学の古典的なあり方のように思う。であれば久しぶりに順当な芥川賞なのではないか。
    ストーリーもスリリングかつ笑えて、しっかり悲しく希望もある。
    面白いのだ。

  • 話題になった本は読まねば、ということでかなり遅れながらも読了。印象的なのは、最後のくだりで、少しヒヤッとしてしまった。自分は人間じゃなくて、コンビニ店員だと開き直るような場面で清々しさを感じられたことがヒヤッとした。
    “普通”が何か分からない、”普通”にどうしたらなれるのかという主人公の悩みは、小さい頃から周りと少しずれてると自覚していた私にとっては、とても共感できるものだった。
    題がコンビニ人間であることは何か意味があるのかと思ったので、いつか再読して考えてみたい。

  • みんな、コンビニ人間であってほしい。


    「皆が不思議がる部分を、自分の人生から消去していく。それが治るということなのかもしれない」

    今更ながら、2016年に芥川賞を受賞した、村井紗香さんの『コンビニ人間』を読んだ。

    以前海外に行ったときにもチラホラと本屋で翻訳されているものを見ていて、「コンビニ」という題材が日本的で珍しく、海外でウケているのかなぁくらいの気持ちだったのだが、問題はそこではなかった。

    端的に言うと、誰もが”ギクリ”とする物語だったのだ。

    ネタバレのない程度に話すと、まず、主人公が”世間一般的に言うと”少し変わっている。公園で鳥が死んでいたら、「妹が唐揚げ好きだから持って帰って食べよう!」と思いついたり、喧嘩を止めるために手っ取り早いから、とスコップを持ち出したり、いわゆる”世間一般的に言う”「道徳的」な思考がすっぽり抜けている。

    そして、人と会話をするときも「顔の筋肉を動かす」「同僚の口調を真似る」「然るべきところで怒る」というように、まるでロボットのように自分を操作して行う。

    この物語は、そんな彼女が「普通」になるための過程で出会った、自分を「普通」でいさせてくれる”コンビニ店員”として働く日常を描く。

    彼女の中心にはコンビニがあって、コンビニのために身なりを整え、コンビニのために食事を摂り、コンビニのために眠る。

    ”世間一般的に言うと”おかしな主人公だが、彼女の目を通して世界を見つめていると、「普通」とは何かを考えさせられる。

    妙齢で結婚していないこと。就職をせずにアルバイトをしていること。栄養摂取のためだけに食事をすること。生きる理由がコンビニしかないこと。

    主人公の場合は感情もなく、意志もなく、ちょっと極端な例だが、彼女を他人事と思っていたら甘い。

    笑いたくもないのに笑おうとしたことはないだろうか。

    「わかるー」なんて1ミリも思っていないのに頷いたことはないだろうか。

    ギクリとしたら、あなたも『コンビニ人間』だ。

    いや、むしろ全人類が『コンビニ人間』であってほしい。

    少なくとも、わたしは読みながら、無意識に自分を重ねてしまっていた。

    なんとなく多くの人と関わるのが苦手で、大勢で集まる前は、気合を入れて「笑わなきゃ」ときゅっと口角を上げる。

    どうして他の人がナチュラルに出来ることがこんなにも苦しいんだろうな、とどうでもいい話に適当に相槌を打って笑う。

    それは、「場の空気を乱さないように」「やらないと浮いてしまうから」「みんなやってるから」やっているんだと思う。たぶん。

    “人はひとりでは生きていけない”という言葉がある。

    この言葉って、ポジティブなんだろうか、ネガティブなんだろうか。

    誰かと助けあって生きていかなければいけない限り、時として自分の意思は押し殺して同調しないといけない。それは日本人だから、とかではなくて、社会に生きるものとして。

    それって、慣れればそれなりに振る舞えるけれど、やっぱり息苦しくもあるんじゃないだろうか。

    同調せずに反論したら「KY」と称されて、人並みに恋愛ができなかったら「こじらせてる」と揶揄されて、削除される。

    だから私は、全人類が『コンビニ人間』であってほしいと願う。

    「わかるー」と表面上は同意しながら、心の中ではわからないでいてほしい。

    もともとはみんな「普通」ではなくて、人生のなかで学びながら社会に馴染む術を身につけていった『コンビニ人間』であってほしい。

    そうしたら、「自分っておかしいのかな」と首を傾げていた人が、救われるなって。

    だってもともと「普通」なんてないのだから。

    みんなすっかり笑顔が板についているだけで、本当は「つまんない話だな」とか言いたいんでしょ。あくびしたいんでしょ。叫び出したいんでしょ。それを抑えているのは「本能」ではなく「道徳」でしょ。

    そうであってほしい。

全1738件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

村田沙耶香(むらた さやか)
1979年、千葉県印西市生まれ。二松學舍大学附属柏高等学校、玉川大学文学部芸術学科芸術文化コース卒業。
2003年『授乳』で第46回群像新人文学賞優秀賞を受賞しデビュー作となる。2009年『ギンイロノウタ』で第22回三島由紀夫賞候補及び、第31回野間文芸新人賞受賞。2010年『星が吸う水』で第23回三島由紀夫賞候補。2012年『タダイマトビラ』で第25回三島由紀夫賞候補。2013年、しろいろの街の、その骨の体温の』で第26回三島由紀夫賞受賞。2014年『殺人出産』で第14回センス・オブ・ジェンダー賞少子化対策特別賞受賞。2016年『コンビニ人間』で第155回芥川龍之介賞受賞。
2018年8月末、『地球星人』を刊行。

コンビニ人間のその他の作品

コンビニ人間 Audible版 コンビニ人間 村田沙耶香
コンビニ人間 (文春文庫) 文庫 コンビニ人間 (文春文庫) 村田沙耶香
コンビニ人間 (文春文庫) Kindle版 コンビニ人間 (文春文庫) 村田沙耶香

村田沙耶香の作品

コンビニ人間を本棚に登録しているひと

ツイートする