夫・車谷長吉

著者 :
  • 文藝春秋
4.04
  • (9)
  • (10)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163906478

作品紹介・あらすじ

この世のみちづれとなって――十一通の絵手紙をもらったのが最初だった。直木賞受賞、強迫神経症、お遍路、不意の死別。異色の私小説作家を支えぬいた詩人の回想。【本文より】長吉は二階の書斎で原稿を書き上げると、それを両手にもって階段を降りてきた。「順子さん、原稿読んでください」とうれしそうな声をだして私の書斎をのぞく。私は何をしていても手をやすめて、立ち上がる。食卓に新聞紙を敷き、その上にワープロのインキの匂いのする原稿を載せて、読ませてもらう。 (中略)それは私たちのいちばん大切な時間になった。原稿が汚れないように新聞紙を敷くことも、二十年来変わらなかった。相手が読んでいる間中、かしこまって側にいるのだった。緊張して、うれしく、怖いような生の時間だった。いまは至福の時間だったといえる。 (本文より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵手紙と旅と記録 何か形にし続ける執念を持ち続けたい
    文章が上手で引き込まれるように一気に読んでしまう。著者がことばをあつかう人ということもあるだろう。

    これまで読んできた車谷のかずかずの作品の成り立ちや背景、トラブル、さらにはそのときの夫婦それぞれの精神状態などまで語られる。作品を再読したくなる。まあ、しかしこの夫に付き合って生きるのもまた大変だっただろう。度量が大きい奥さんだ。

    文筆家はよく旅をすることに驚いた。その旅が夫婦にとってよかったということか。ある種の義務的な旅を人生に盛り込んでおくことは大事だ。さらに作品であったり、絵手紙であったり、日記であったりの記録が残されているということも。凡人には作品は無理でも、旅と日記、そして消えてなくならない手紙・・・それらを大事にしていきたいな。

  •  2015年に亡くなった私小説作家・車谷長吉の思い出を、妻で優れた詩人である著者が振り返ったもの。2人の出会いから永訣までが、ほぼ時系列で綴られている。

     もう10年以上前だが、私はこのご夫妻を某誌の「おしどり夫婦特集」で取材させていただいたことがある。そのときのことを思い出しつつ読んだ。

     2人は共に40代後半で晩い結婚をしたから、夫婦として過ごしたのは約20年。
     その間、車谷の直木賞・川端康成文学賞受賞、高橋の読売文学賞・藤村記念歴程賞受賞などがあり、思えば華々しい年月である。

     だが、その一方で、車谷の病や、私小説に描いた人から名誉毀損で訴えられるなどの筆禍が続き、波乱万丈の20年でもあった。

     本書は全体が6つのパートに分かれている。そのうち、愛の物語として最も胸を打つのは、結婚に至るまでの日々を綴った「Ⅰ」の部分である。

     高橋の詩「木肌がすこしあたたかいとき」に深く感動した車谷は、計11通もの絵手紙を一方的に送りつけるなどして、彼女への思慕をつのらせていく。
     それは、高橋を自らの「ミューズ(芸術の女神)」として渇仰するような、特異な恋のありようであった。

     一方、高橋も、車谷の小説を読んで次のように思う。

    〝これほどの小説を書く人が世に埋もれているのは、よほど頑固で風変わりな人ではないかと思った。それとともに、この人はおろそかにできない、という気持ちが湧いてきた。〟

     2人の結びつきは、互いの才能を認め合うところから始まったのだ。
     その意味で、与謝野晶子と鉄幹、パティ・スミスとロバート・メイプルソープの恋のような、「表現者同士の恋」の物語として強い印象を残す。

     本書には言及がないが、車谷が高橋について書いた「みみず」という名エッセイがある(『錢金について』所収)。
     作家として「埋もれて」いた車谷は、高橋との出会いを機に、三島賞を受賞するなどして脚光を浴びる。そのことで「あなたは私のミューズだった」と讃えると、高橋は「私なんて蚯蚓(みみず)ですよ。でも、蚯蚓は土の滋養になるのよ」と答えたという。

     車谷長吉にとってのミューズ・高橋順子が、万感の思いを込めて亡き夫との年月を綴った書。車谷作品の愛読者なら必読だ。

  • ファンにとっては良書となるのではないでしょうか! 長吉さんの奥さんが書かれたものです。それにしても奥さん、70歳過ぎての独り身…少々、辛いと言うか、寂しい感じがするような気がしますけれども、どうなのでしょう…。

    それはともかく…長吉さんの人柄が伺えるような本でしたねぇ…いやはや、本当に変人…いや、自分に正直なだけか?? 強迫神経症になってしまった長吉さん…こういう人との生活は大変だとお見受けしますけれども、奥様、よく耐えましたね…!

    という感じでまあ、長吉さんの人柄を伺うのには最適な一冊だと思いました…さようなら。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 2018/02/08

  • 波乱万丈の人生だったみたいだけど、最期は奥さんが夕飯に大根と生イカの煮物をしようと思って解凍しておいたイカを食べて窒息死なんて…。
    でも安らかに眠ってるような死に顔だったようで救われた。

  • 車谷長吉氏は姫路が誇る小説家。
    『灘の男』や『赤目四十八滝心中未遂』などでどろどろした心の中を見せつけてくれるところが大好きです。

    結婚して間もなく長吉氏は神経症を患い、愛の巣は修羅の場に。でもそれなのに文章は、順子さんは穏やかで、これこそが愛なのか⁉︎と思わざるを得ない。
    書いたばかりの原稿を互いに見せ、感想を述べあう、そういう、二人にしか分かり得ない幸せのひととき。
    結婚とはひとりの人の生き様を見届けること、とても尊く、とても困難なことなんだとわかった。

  • 長吉さんは良くも悪くも子供のような人だった。
    これほど手の掛かる夫を亡くされた奥様の寂寥は如何許りか。

  • 不謹慎な言い方だけれど、あまりに面白かったので二回読み直し。特に東日本大震災以降の部分は五回くらい読んだ。その部分の中に以下の表現。高橋順子にここまで書いてもらったら長吉さんも本望だろう。

    「鈍重な女の恋や黴のごと」(略)。長吉には狂気にまごう冴えがあったが、強情といったらなかった。それは鈍重に通ずるところがあったような気がする。黴はいつまでもそこに、心に居つづける。
    271ページ。

  • 狂った人、変な人、困った人。間違いなくそう評価される男の妻として暮らしながら、著者の強靭さは半端じゃない。こういう女じゃないと車谷長吉の妻は務まらないよなあ。あっけなく訪れた死がいかにも車谷長吉らしくて、ぽっかりと哀しくうっすらと可笑しい。絵手紙の見事なことよ。

  • 高橋順子 著「夫・車谷長吉」、2017.5発行。高橋順子さんが車谷長吉さんとの出会いから結婚、永遠の別れまでを日記風に記した追悼の書、三回忌に間に合うようにまとめられたそうです。高橋順子さんが1つ上の奥様、48歳と49歳、どちらも初婚、純愛そのもののお二人です。結婚して2年4ヶ月、車谷さんが強迫神経症になってからも仲睦まじさはゆるぎなかったものと思います。95日間南半球一周航海、四国お遍路の旅などをはじめ、いろいろな地をお二人で旅されています。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1944年千葉県海上郡飯岡町(現・旭市)生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒。詩人、「歴程」同人。夫は作家の車谷長吉。1987年『花まいらせず』で現代詩女流賞、1990年『幸福な葉っぱ』で現代詩花椿賞、1997年『時の雨』で読売文学賞、2000年『貧乏な椅子』で丸山豊賞。著書に『水のなまえ』(白水社)など。

「2018年 『星のなまえ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夫・車谷長吉のその他の作品

夫・車谷長吉 (文春e-book) Kindle版 夫・車谷長吉 (文春e-book) 高橋順子

高橋順子の作品

ツイートする