生涯投資家

著者 : 村上世彰
  • 文藝春秋 (2017年6月21日発売)
4.12
  • (69)
  • (97)
  • (30)
  • (6)
  • (1)
  • 本棚登録 :568
  • レビュー :80
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163906652

生涯投資家の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔話題になったときのメディアの報道のみの印象だったためあまり良い印象ではなかったが、率直に投資家としての信念が書かれていて好印象であった。自分の意見としてはコーポレート・ガバナンスの徹底には賛成だが、株主利益の追求によるものだけでは難しいのでは無いかとも思う。人の尊厳と幸せと資本主義社会の矛盾みたいなものをこの本の裏のテーマとして考えさせられた。

  • 村上ファンドが何を目的に投資を続けてきたのか、哲学が書かれています。
    企業として何を目指すのか、経営者に問いかける内容です。

    印象的だったのは村上さんの言葉使いがとても丁寧で、相手に対する敬意を感じること。
    人柄を感じました。

  • 裏表紙の最近の著者の写真がイメージの村上氏と全然違う。
    日本放送や阪神タイガースで騒いでいた時から、20年近く経つのだろうか。

    上場の意義やコーポレートガバナンス、投資に対する考え。それら全ての説明が明瞭で全体を通して頭の良い人なんだな、という印象を持った。それに加えて彼の投資家としの経験談が豊富で面白い本だった。

    彼の投資家としてのスタイルとコーポレートガバナンスの問題って裏表一体で一緒ではなかろうか。結局彼が行ってきた投資は徹底したバリュー投資であって利益や資産を溜め込んだ企業を見つけること。そして、コーポレートガバナンスの考えに則って利益を株主に還元させるということ。ある側面コーポレートガバナンスが効いていなからこその歪みが可能にするスタイルであって、彼がユニークなのはその歪みをコーポレートガバナンスによって正すことにかなりの情熱を持っているということだろう。ITのことがわからないと言いつつも、この方法に則ってIT企業にも投資してきていたのには徹底しているな、と感心した。何も矛盾していないし、悪くもない。自分もやれば良かったと、彼が説明する様々な事例を読んでいて何回も思った。今の日本のPBRも一倍程度だし著者が求めるようなコーポレートガバナンスの実践がまだされていないと状況を捉えるなら、日本株にはまだまだこれからチャンスがあるのだろう。

    終始この本で語られるのはコーポレートガバナンスの浸透に彼がどれだけ打ち込んで来たかという事で、彼の努力は素晴らしいと思う。反面、コーポレートガバナンスの考えって当たり前の事で正しいのだから、彼がそんな一生懸命にならずとも社会は少しずつ原理原則正しい方向に修正されていくものではかなかろうかとも思った。

  • コーポレートガバナンスの徹底を求めることで株式会社の経営のあり方に変革をもたらす。投資と株主還元に努めるようになれば日本経済の活性化に資する。自身の一挙手一投足の根底はこれだという。出版にあたってのメイクアップ(化粧直し)の部分もあるだろう。でも、この人の考え方ややり方、嫌いじゃない。マスコミ対応が下手なことは罪じゃないし、それより自分を貫こうとする方がいい。

  • 村上氏が本当は何を考えて、何がしたかったのかがよくわかります。投資や株に興味がなくても、丁寧に説明してあるので、難解に感じることはありません。

    企業は株主のもの、株主価値を最大化することが正義、とそれだけが全てではない、と今は言えるかもしれません。でも、村上さんが戦っていたころ、一握りの経営者たちが好き勝手に企業を私物化していたことも確かです。
    時代を動かす時、動く側、とめようとする側、それぞれに闘いがおきます。そして、その闘いの代償を誰かが払ったあと、新しい時代が、さも昔から必然だったかのように訪れます。

    上場するのは何のためなのか。
    そして、企業を経営する責任とは、誰に対してあるものなのか。

    堤氏時代の西武グループのトップだった方々の態度と言葉から、「サラリーマンの頂点」とはどこなのか、時代とともに答えが変わっていくことを実感させられました。

  • 本人談なので多少脚色はあるかもしれないが、今となっては至極当たり前のことを主張してきたわけで、それについていけなかった日本の企業やマスコミや国民が未熟だったのかなという印象。

    上場企業はこうあるべき、という考えにあらためてはっとさせられた。

  • 著者の行動の裏にある非常にロジカルな考えがよく理解できた。また、それぞれのエピソードがドラマチックで、短編の小説のような面白さあり。

    また、エピソードのなかでは著者の悩みや弱さも自ら明らかにしており、人間味を感じられる。強くてまっすぐな思いと行動力とが、多くの日本を代表する経営者に応援したいと思わせたのだと思う。

    一方で、コーポレートガバナンスを重視することにここまで身を投じて取り組んできた筆者の原動力とは何か。また、アメリカ式のガバナンスを日本企業にそのまま取り入れることのデメリットはないのか。このあたりを更に勉強したいと思った。

  • 世の中がガバナンスに向いてきたところで、うまく出してきたガバナンスに関する村上さんの半生記。父親からして投資家であり、娘たちも投資家になるという流れを述べ、その中で彼が生涯日本式経営をいかに株主を中心としたステークホルダーに向いて合理的な経営にするかに執心した経緯を述べた本であり、投資家として日本で黎明期に生まれたという難しさを示す悔しさも漂う。

  • 村上ファンドの村上氏がどの様な思考と考えで投資を行なっているのか?

    全くもって至極もっともな内容。尊敬に値する判断と価値基準を持たれている。現役を引退するには早すぎると思うが、ある意味彼はお金儲けよりも、もっと価値のある事を見つけたのだろう。

    ところで、あの村上バッシングは何だったんだろうか?投資(当時世間は「投資」という言葉をハッキリと理解していたのだろうか?」)という、“不労”行為でお金を儲けるのはけしからん!という事だったのか?

    もしそうだったとして、この本で説明してある通りの事を説明出来ていれば(何度もそうしていたとの事だが)、または、村上氏にもっと優れたコミュニケーション・スキルがあったならば、全く違う展開になつていたのではないかと思ったりもする。





  • 面白かった。著者近影みると、事件の後のほうが100倍位いけてる気がする。そういうのって、なんなんだろうね。あと、国策捜査対象になっちゃったらどうすればいいんだろう。ちょっと敵わない気がする。そして、国策捜査をする側もたぶん世の中のためと思ってやっていると思うとやるせないね。

全80件中 11 - 20件を表示

生涯投資家のその他の作品

生涯投資家 (文春e-book) Kindle版 生涯投資家 (文春e-book) 村上世彰

村上世彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國重 惇史
ブラッド・ストー...
デール カーネギ...
伊賀 泰代
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする