生涯投資家

著者 : 村上世彰
  • 文藝春秋 (2017年6月21日発売)
4.14
  • (65)
  • (87)
  • (29)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :525
  • レビュー :73
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163906652

生涯投資家の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 著者の行動の裏にある非常にロジカルな考えがよく理解できた。また、それぞれのエピソードがドラマチックで、短編の小説のような面白さあり。

    また、エピソードのなかでは著者の悩みや弱さも自ら明らかにしており、人間味を感じられる。強くてまっすぐな思いと行動力とが、多くの日本を代表する経営者に応援したいと思わせたのだと思う。

    一方で、コーポレートガバナンスを重視することにここまで身を投じて取り組んできた筆者の原動力とは何か。また、アメリカ式のガバナンスを日本企業にそのまま取り入れることのデメリットはないのか。このあたりを更に勉強したいと思った。

  • 村上ファンドの村上氏がどの様な思考と考えで投資を行なっているのか?

    全くもって至極もっともな内容。尊敬に値する判断と価値基準を持たれている。現役を引退するには早すぎると思うが、ある意味彼はお金儲けよりも、もっと価値のある事を見つけたのだろう。

    ところで、あの村上バッシングは何だったんだろうか?投資(当時世間は「投資」という言葉をハッキリと理解していたのだろうか?」)という、“不労”行為でお金を儲けるのはけしからん!という事だったのか?

    もしそうだったとして、この本で説明してある通りの事を説明出来ていれば(何度もそうしていたとの事だが)、または、村上氏にもっと優れたコミュニケーション・スキルがあったならば、全く違う展開になつていたのではないかと思ったりもする。





  • 面白かった。著者近影みると、事件の後のほうが100倍位いけてる気がする。そういうのって、なんなんだろうね。あと、国策捜査対象になっちゃったらどうすればいいんだろう。ちょっと敵わない気がする。そして、国策捜査をする側もたぶん世の中のためと思ってやっていると思うとやるせないね。

  • 企業にコーポレートガバナンスを根付かせて、きちんとM&Aや自社株買いを行うか株主に配当を出すなどして内部留保を吐き出し、自社の価値を高めていく努力をしてほしい。
    それが、日本という国に資金が循環し景気が良くなることへの正しいサイクルになる。
    村上さんの想いがとてもよくわかりました。
    伝え方や立場が違えば人気者になっていたかも。

    期待値などの考え方はとても勉強になりました。

  •  モノ言う株主で一世を風靡した作者が、表舞台から姿を消した今になって、言いたいことや言いたかったことを書いたと称する本である。
     確かに作者の主張が述べられており、それは多分正しいと思うのだが、どこか上滑りしている感がある。多くの著名なビジネスマンや会社が登場し、作者の名を高めた事件を振り返っても、その説明に終始しているようで何か新しいことが書かれている気がしない。
     唯一、最後のほうで家族のことに触れたところで、そんなことがあったのね、と初めて作者の心情の深いところに触れたように思った。どうも弁が立つせいか、なかなか信じきれないキャラクタの作者は、一皮向けるともっと面白くなると思う。作者は、そんなことで名を売るのは不本意かもしれないが、あと2-3作書いたらもっと良くなると思うけど、どうだろうか。
     

  • 村上世彰氏の思いを率直に記したもの。高いエネルギーと不屈の精神に感服。

  • 村上ファンドが関わった様々な案件について、内容的には当時週刊誌などに書かれていたとおりで目新しいものはないが、当時を思い出しながら懐かしく読めた。
    ただ、自分は日本にコーポレート・ガバナンスの浸透と徹底をはかることであちこちに滞留している資金の循環を再開させ、日本経済を再生することが目的だった、世直しのための活動だった、というのはちょっと偽善にすぎるのでは。

    やはり投資家であったという父親に鍛えられた幼少期からの思い出を語っている部分はとても興味深く読めた。氏の子息もやはり同じ道を歩んでいるようで、今後は長女がマスコミを賑わすことに成るのだろうか???

  • 村上ファンドの責任者で、フジテレビをめぐるニッポン放送株取得、阪神鉄道株取得などでマスコミに取り上げられた村上世彰氏と言えば、ほとんどの人がご存知かと思います。それら一連の騒動を通して村上氏が何を考えて行動しておられたのかをご自分の言葉で語る自叙伝的な本です。
    当時のマスコミ報道から受ける印象としては「株式売買でがめつく稼ぐことだけに執着する人」みたいなマイナスイメージが大半だったのでは。この本を通じて感じるのは村上氏がアメリカ市場に比べて閉鎖的だった日本の株式市場を何とか改善しようと最初はルール作りの官僚として、次にプレーヤーの投資家として働きかけてこられた様子です。
    ただ儲けるだけを目的に手段を選ばず投資するのではなく、企業をあるべき姿に近づけるための働きかけというルールを設けた中での行動であったという首尾一貫した主張は理解できます。
    ただ、私は未だに「企業は株主の物」、「株主利益の最大化が企業の目的」と言い切るには何かしっくりこない部分が残っています(それが正しいかどうかは分かりませんが)。
    当時の村上氏の話し方が結構高圧的で主張の内容云々に関係なく反感を買ったのはご本人も認めておられますが、本書は村上氏の言いたい事が”冷静に”まとめてある本だと感じました。ただ、その主張に共感できるかどうかは読者によって異なると思います。

生涯投資家のその他の作品

生涯投資家 (文春e-book) Kindle版 生涯投資家 (文春e-book) 村上世彰

村上世彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
國重 惇史
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする