風と共にゆとりぬ

著者 :
  • 文藝春秋
4.21
  • (167)
  • (144)
  • (60)
  • (6)
  • (5)
本棚登録 : 1501
レビュー : 164
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163906683

作品紹介・あらすじ

ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR 2015 1位!(エッセイノンフィクション部門)『時をかけるゆとり』に続く、待望の第二弾。「別冊文藝春秋」「日本経済新聞 プロムナード」掲載分に大量の書き下ろしを加え、計500枚の大ボリュームでおくる傑作エッセイ集!・レンタル彼氏との騙し合い対決・担当税理士の結婚式にて炸裂させた渾身の余興・初めてのホームステイにてマル秘パンデミック勃発・ファッションセンス完全外注の経緯・特別収録!痔瘻の発症、手術、入院――著者の肛門にまつわるすべてをしたためた100枚超の手記「肛門記」……読んで得るもの特にナシ!! 立派な感想文なんて書けっこない、ひたすら楽しいだけの読書体験をあなたに。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 朝井さんのエッセイ集第2弾。
    今回もしっかり笑わせてもらった。
    朝井さんの日常も面白いけれど、やはり今回の見処は『肛門記』でしょう。
    かつて読者から「もっと真剣に生きて下さい」と感想が届いたことがあるらしいけれど、こんなに真剣に肛門に取り組んでいるのに!!
    なんてこと!!
    自らの肛門に「ど肛門ガエル」と可愛い名前を付け、そっと寄り添って(痛すぎるから…)生活する様は涙(笑い過ぎて)なくしては読めまい。
    私は幸運にも肛門付近の手術は未体験だけれど、今回の手術・術後の経過・入院生活は出産に似ている気がした。
    共に下半身だし…。

    退院後も通院を余儀なくされている朝井さんの「ど肛門ガエル」が、再びグレないよう祈るばかりである。
    そして踊りとバレーが好きな朝井さん、バレー仲間の方が朝井さんの本をいつか読んでくれるといいですね。

  • あまりにも自分をさらけ出す朝井リョウ、好きです。

    肛門記は、この症状に悩む人必須本ですね。病院に置いて欲しいくらい。いやもう置いてあるかも。

    第一部、第三部が面白過ぎたので、ちょっと真面目な第二部は寝かかってしまった。ごめんなさい。

    ネガティブっぽいけど、心の中はテンション高めな朝井さん。これからも応援します!

  • とにかく楽しかった。
    何も考えさせられない、何も学ばない。読書ってこんなに楽しくて良いんだなあと思えた。

    ふざけたタイトルと素敵過ぎる装丁、そして朝井リョウの名前を書店で見たときに、この人なら何かやってくれるなと思い購入した。なにが今野にマネー・バックだコノヤロウとか、痔にだけは気をつけようとか、人生にそこまで役立たない知識を吸収できて楽しかった。

    「人生には必要なことと不要なことがあって、大人になると必要なことにしか目が向かなくなる。それだけで生きていけるから。でも大人になったからこそ不要なことをしてみる。新しく新鮮なことが受動的に受け取れた子供の頃と違って、能動的じゃなきゃ新しい体験なんてできないけど、そうしなきゃ窮屈な自分になってしまう。広がりのない自分になってしまう」
    という感じのかっこいい文章も書いてあった。まだ私は子供なんだなと感じた文章だった。

    帯通りの本。大満足。是非ともオススメしたい一冊。

  • 「マーガレット・ミッチェルに捧ぐ」という献辞から始まるエッセイ集。
    読後、まず頭に浮かんだのは「朝井リョウは本当にこの本捧げていいんかいっ!」という心からのツッコミでした。
    1冊丸々読者を笑わせにかかっているのですが、著者の思惑どおり、涙がにじむくらい笑かされました。

    3部構成で、第一部は日常のエッセイ。
    こんなギャグマンガみたいな日常…すてきすぎ。
    特に応援している俳優への手土産を選ぶエピソードは、笑いすぎて悶えてしまいました。
    日本経済新聞の「プロムナード」の連載を集めた第二部は、掲載媒体を考慮して少し控えめなのですが、ここでためたものを一気に爆発させるかのような第三部がすごい。
    タイトルからして『肛門記』だもの。
    入院・手術も伴う症状の治療は大変だったと思うのですが、もう全部笑いに変えてやる…という著者の思いが迸っています。
    今後の朝井さんの人生において、バーベルを持ち上げる機会が訪れないことを祈っておりますw

    以前読んだ『学生時代にやらなくてもいい20のこと』(文藝春秋)もめちゃめちゃ笑った記憶があるので、未読の『時をかけるゆとり』にも期待大。
    とにかく細かいこと考えずに笑い倒したいときに読もうと思います。

  • 読んでいたら思わず吹き出してしまって、家族から気味悪がられました。でも、その部分を家族に読ませたらやっぱり笑ってた(笑)
    レンタル彼氏とホームステイのエピソードが特に好きです。肛門記も面白かった。病気をネタに、面白おかしく文章にできるって、やっぱり才能なんだろうな〜。
    第3弾も期待して待ってます!

  • 朝井リョウ2作目のエッセイ。
    前回の『時をかけるゆとり』が面白かったので今回も期待して読んだ。文庫になるのを本当は待っていたのだが気になりすぎてハードカバーで買ってしまった。この感想を著者に見られればしめしめと思われるだろう。
    帯に「電車の中で読めない本No.1」「1冊で100回笑える、腹筋崩壊エッセイ」と書いてあったのでとてもハードルを高くして読んだが、前回から変わらずこの人の世の中の見方はとてもおもしろかった。

  • あーおもしろかった!
    何も考えずに読んで楽しめる!

    表現や比喩が秀逸だからこそ、笑わせてくれる。
    著者の才能が光るエッセイだと思う。

  • じろう。。。
    初めて聞く病名と症状でした。
    なんでもネタにできて、すごい作家力でした。

  • 朝井リョウ好きなあまり、エッセイにも手を出してみた
    ゲラゲラ笑ってしまった
    人を傷つけず、自分だけで笑いを提供できるってすごい
    同じスットコドッコラーとして、事件を書き残しておきたい

  • 著者初読み。
    名前も作品も知っているけど、若い人向けの作品を自分のような年齢の人間が読んでも…と今まで避けてきた。
    でも、本屋で見かけた「ひたすら楽しいだけの読書時間」と言う帯に惹かれ、小説を1冊も読んでいないのに、いきなりエッセーから手を付けてしまった…
    結果。
    まんまと作者の罠に引っかかってしまった。
    テレビでもたまに見かける作者は、繊細なイメージなのに、日常的にくだらないことを考えている様子に笑いをこらえろ、と言う方が無理。初めて、群よう子の作品を読んだ時の楽しさが頭をよぎった。
    普通の人ならば、ひらすら隠すだろう痔の話も、ここまでせきららに綴られると「気の毒」を通り越して、笑うしかなくなる。きっと、何でもない日常をストーリーに変えられる、とんでもない才能の持ち主なのだろう。
    こんな風に生きてみたいな。
    読後の感想はそれに尽きる。
    多分、小説はまだ読まない。

全164件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

'朝井リョウ
一九八九年岐阜県生まれ。二〇〇九年『桐島、部活やめるってよ』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。一一年『チア男子!!』で高校生が選ぶ天竜文学賞、一三年『何者』で直木賞、一四年『世界地図の下書き』で坪田譲治文学賞を受賞。その他の著書に『星やどりの声』『もういちど生まれる』『少女は卒業しない』『スペードの3』『武道館』『世にも奇妙な君物語』『ままならないから私とあなた』『何様』、エッセイ集『時をかけるゆとり』『風と共にゆとりぬ』などがある。

「2020年 『夜ふかしの本棚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

朝井リョウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

風と共にゆとりぬを本棚に登録しているひと

ツイートする
×