いのち愛しむ、人生キッチン 92歳の現役料理家・タミ先生のみつけた幸福術

著者 : 桧山タミ
  • 文藝春秋 (2017年7月28日発売)
3.75
  • (2)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 81人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163906904

作品紹介

タミ先生の言葉は「人生のお守り」です!九州地方で活躍する92歳の現役料理家タミ先生の初の著書。台所に立つ女性の心の拠りどころになるお話が一冊にまとまりました。タミ塾の愛情レシピも収録。◎◎タミ塾の50年の教えが詰まった人生の教科書◎◎◆年を重ねても健やかに生活する術に触れたいとき…… 1章 [大らかなれ] わたしの生活習慣、心とからだの養生◆自然に寄りそった食の大事を思い返すとき…… 2章 [賢くあれ] 自然とからだを結ぶ旬材、学び方と選び方◆調理道具や調味料の知恵を知りたいとき…… 3章 [健やかなれ] 五感に心地良い、基本の道具と調味料◆子育てや家族のつながりに心を寄せたいとき…… 4章 [やさしくあれ] 子ども・家族、命を思いやる家庭料理迷いや悩みがあるとき、この本を開いてみてください。ふと心に触れるタミ先生の「ほんとう」の言葉が生きる力につながるお守りになるはずです--。

いのち愛しむ、人生キッチン 92歳の現役料理家・タミ先生のみつけた幸福術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あれもこれも心に留めておきたい言葉がたくさん。あぁ、出会えて良かった。

    土井先生の「一汁一菜でよいという提案」、稲垣さんの「もうレシピ本はいらない」に続く(私にとっての)食のバイブル3冊目。家族の命を預かる者として、タミ先生の言葉を胸に好奇心のアンテナはって、自然に生かされているということに感謝して、年を取っても元気で生き生きと暮らしたい。

    また、膨大な情報に溢れている現代。どれが本物でどれが嘘なのか、なかなか見分けがつかないことも多く。知りたい情報がすぐ分かるというのは便利なことではあるけれど、それが本物なのかどうなのか、鵜呑みにせず、まずは「自分の頭で考える」。それもまた忘れずにいたいこと。

    巻末に載ってる厚揚げの三味煮。簡単で美味しいので何度もリピートしています。旦那さんにも大好評♪

  • 情報が盛りだくさんのいま、本物に似せたウソも混ざっている。だから授けられた情報や知識も一度
    「自分の頭で考える」ことが大事
    「考える力」「選ぶ力」を養うには、自分の経験を蓄積するしかない。気になること、知りたいことに、自分から歩み寄って実感することが大事

    知っているとやっているは違う
    問うだけの学問より、学びをなりわいとする学業をしなくては。
    暮らしに屋う立ててこそ。

    知りたいことは自分の目で見るのが一番。教えてもらったことも他人任せにせずにもう一度自分で考えることよ

    料理は科学
    食材が教えてくれる自然の理(ことわり)がわかってくると料理が自由になっておもしろくなる

    手に勝る道具なし

    不確かな世の中
    だからこそせっせと手を働かせよう
    便利に頼り過ぎると気働きの感覚を失うし、かえって不便になる

  • 御年90歳を越える料理研究家である桧山タミさんが、生きる力になるお守りのような本になればと著した作品。健康に生きるための秘訣や、自然に寄り添った食の大切さ、調味料や調理器具の知恵、子育てや家族のつながりへのアドバイス等、迷いや悩みを救ってくれそうな一冊。

    日本の料理研究家の草分けとして知られていた江上トミさんの愛弟子として、戦前戦後を過ごし、20代だった戦後には料理旅行としてヨーロッパで料理を学び帰国。その後も世界中の料理の歴史や食材を研究し、料理教室を始めることに。

    日本では馴染みのなかった海外の料理ということもあり、料理教室は人気になるが、素材へのこだわりや愛情、自然の恵みを大切にする心を全面に出し、昔ながらの日本の家庭料理教室に転向する。

    当初は生徒が激減してしまうが、現在も20代から70代まで幅広い層が通う「桧山タミ料理塾」で今日も台所にたっている。

    本文中に「女性はもともと強く、男はもともとやさしい。だから、強さを学ぶために男性は生まれた。女性は強いからこそ、やさしさを学ぶために生まれてきた。やさしくなるというのは、ただ他人任せに甘えるのではなく、人にやさしくするためには自分の心身の強さを持って、そばにいる大事な人たちを温かく応援できるということ。」とあった。

    そのために、目には見えない思いを日々「料理」にこめることで、命を愛おしむことことが大切で、楽しく豊かでいつもおいしい匂いのするキッチンから健康や愛情が生まれてくるのだと思った。

  • もうなんていうか、ほんとに読めてよかった。
    お年寄りの方とどんどん触れ合う機会がなくなり、昔はひとからひとへ受け継がれたにんげんとして大事なものを受け取れたような気がします。
    大事なものがたくさんつまった、素晴らしい本です。

  • Kindleで読みました。

    この本を読むと、野菜にもお魚やお肉にも命があることを教えられます。

    私たちは、その命をいただきながら、日々を生かされている…そのことを感じずにはいられません。

    食べることは生きること、料理するという過程もまた尊い行為であると思いました。

  • 家族においしいと言ってもらえる。それだけでも、私が生きている意味がある。

    と、思うことができた。大切な一冊。

全7件中 1 - 7件を表示

いのち愛しむ、人生キッチン 92歳の現役料理家・タミ先生のみつけた幸福術のその他の作品

桧山タミの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中島 京子
辻村 深月
三浦 しをん
本谷 有希子
宮下 奈都
村田 沙耶香
塩田 武士
佐藤 雅彦
池井戸 潤
恩田 陸
平野 啓一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

いのち愛しむ、人生キッチン 92歳の現役料理家・タミ先生のみつけた幸福術はこんな本です

ツイートする