• Amazon.co.jp ・本 (523ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163907574

作品紹介・あらすじ

世紀の奇書『熱帯』に惹かれ、秘密を解き明かさんと集まった“学団”によるソウダイなる追跡劇。世界の中心に横たわる謎、その正体は――? 読み出したら止まらない、ロマン溢れる冒険譚。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりに物語の世界に没入できた作品。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

森見登美彦(もりみ・とみひこ)
1979年奈良県生まれ。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。
2003年、『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。2006年に『夜は短し歩けよ乙女』で本屋大賞2位、山本周五郎賞などを受賞し注目を集める。2010年『ペンギン・ハイウェイ』で2010年日本SF大賞、2014年『聖なる怠け者の冒険』で第2回京都本大賞、2017年『夜行』で第7回広島本大賞をそれぞれ受賞。
2010年に『四畳半神話大系』がTVアニメ化、2018年8月に『ペンギン・ハイウェイ』が劇場アニメ化された。
『きつねのはなし』『新釈 走れメロス 他四篇』など、京都を舞台にした作品が多い。
2018年11月16日、『熱帯』を刊行。

熱帯のその他の作品

熱帯 (文春e-book) Kindle版 熱帯 (文春e-book) 森見登美彦

森見登美彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする