0から学ぶ「日本史」講義 古代篇

著者 :
  • 文藝春秋
3.52
  • (4)
  • (9)
  • (9)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 162
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163907710

作品紹介・あらすじ

世界史を題材に数々のベストセラーを生んだ著者が初めて日本史に挑戦。世界史の中の日本という視点で、分かりやすく面白く解説。はじめに第一章 日本人の起源1 原始、太陽は敵だった2 大量絶滅とホモサピエンスの登場3 「言葉」は、肉食から生まれた?4 DNAが証明した日本人の多様な起源5 稲作と鉄器がすべてを変えた第二章 統一国家の誕生6 漢の崩壊後に確立した倭の王権7 巨大古墳ができたわけ8 いまの天皇家は西暦六世紀から9 「仏教伝来」のインパクト10 「聖徳太子」はいなかった?第三章 大国との対決と敗北11 “乙巳の変”(大化の改新)のウラに、大唐世界帝国あり12 白村江の戦い前夜13 唐から来たマッカーサー14 アンチ唐派の巻き返し―壬申の乱15 持統天皇が目指した中国の女帝第四章 弱い男・強い女・賢い補佐16 国の「かたち」を整えた飛鳥時代17 「日本」が本当に始まった18 女性が動かした奈良時代19 女帝のブレーンたちⅠ 皇位をめぐる暗闘20 女帝のブレーンたちⅡ 相次ぐ反乱第五章 鎮護国家か唐風化路線か21 大仏建立と聖徳太子22 道鏡の真実23 未完の唐風化政策24 平安京は大きすぎた25 天皇の権威、分裂す第六章 摂関政治と熾烈な権力闘争26 兄弟げんかで生まれた「摂政」「関白」27 平将門の乱の意味するもの28 僧界のプリンス・最澄と政僧・空海29 「延喜・天暦の治」の舞台裏30 藤原氏のバトルロワイヤル第七章 日中交流が育んだ平安文化31 宋の建国32 末法の世に流行る浄土信仰33 唐物 珍重される輸入品34 後宮の情報戦と王朝文学35 日記は貴族の財産第八章 古代篇まとめ 世界史の中の日本36 東アジアの年表を並べて眺めよう37 日本のグランドデザイン38 小さな国・日本

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 週刊文春に昨年1月~10月連載したものを加筆修正。
    さすが売れる週刊誌のやることはすごい。

    出口さん、ネットライフ辞めて、今年1月から立命館アジア太平洋大学(APU)の学長をされているんですね!
    私、今回読み終わったところで突然、小学校のある時期短期間だけど教頭先生の歴史の授業を受けた、という記憶が蘇った。
    今思うとたぶん研究授業で、最後の授業の時たくさんの知らない大人たちが見学していたような?

    その教頭先生の授業というのがめちゃ面白くて、
    たぶん私の小学校から短大までで一番面白かったんだと思う。
    「今日は教頭先生の授業がある」と思うと朝からワクワクして、一時間があっという間。
    私だけじゃなくてクラス中のみんながそうでした。
    だってテストの平均点があり得ないほど高かったのだから。
    ただ、ごめんなさい、内容は全く覚えていません。
    面白かったという感情だけ。

    教頭先生も出口さんと同じ、歴史好きの一市民だったのかも。
    でも、そういう人の話ほんと面白すぎ。

    この本は、まあ、そういう面白い本。
    であると同時に「歴史は変化している」から、完璧にマスターしているつもりの人も読んだほうがいいと思います。

    今頃週刊文春には、出口さんの中世篇が連載されているのでしょう。
    単行本になってから、また一気に読ませていただきます♪

  • 専門家としてではなく、一歴史ファンとしての出口治明氏が語る日本史。もちろん知識も見識も膨大でとても及ばないので、こういうのもおこがましいのだが、強いて言えば、歴史好きの先輩に色々教えてもらいながら一緒に学ぶような気持ちになった。紹介されている本もどれも面白そう。幅が広がる。そして歴史を知ると、改めて中国には敵わないなぁと思い知る。中国が科挙のシステムで徹底した能力主義を貫いている時代に、天皇に娘嫁がせて自分の孫を産んでもらうように画策して、生まれさえよければどんどん出世できて、子孫にも家業として受け継がせて、世襲化していって。今の日本の政治構造のあえて言ってしまえば、ダメな部分はこんなころからあるのだなと、少々暗澹たる気持ちになった。

  • 中国大陸で何が起きているかを基準に全てが決まる日本の古代。現代の教科書では大和朝廷ではなくヤマト政権、大化の改新ではなく乙巳の変、聖徳太子は摂政をしない。

  • 真新しい考えは少ない。内容が素直に頭に入ってこない。

  • 通史といってもかなり筆者の色が強く、興味が惹かれるほどのものではない。

  • <目次>
    第1章  日本人の起源
    第2章  統一国家の誕生
    第3章  大国との対決と敗北
    第4章  弱い男・強い女・賢い補佐
    第5章  モデルは中国「唐風化路線」
    第6章  摂関政治と熾烈な権力闘争
    第7章  日中交流が育んだ平安文化
    第8章  世界史の中の日本

    <内容>
    出口節全開!週刊文春連載のコラムを本にしたもの。しかし、APUの学長になってもその読書量が落ちない。巻末にこの本をまとめるのに読破した本が載っているが、膨大な量であるし、それをちゃんと自分の中で咀嚼してから本にしている。経済人でしたから、そういう視点の文や世界史の方がお好きなので、その視点からの日本史が斬新!

  • 全編に渡る関西弁の台詞が「講義」の堅苦しさを除去している。古代日本における女性権力者のプレゼンスが強調されているのが特徴的。特に奈良期には武則天の余波が及んでいたとする点、世界史とのリンクが見られて面白い。最新の研究成果を多く取り入れているので、従来の日本古代史観を見つめ直す手引きとしても有用。無論それを鵜呑みにするのでなく、本書で度々紹介される参照本を紐解いてより関心を深めれば、それこそ(必ずしも専門の学者ではない)著者冥利に尽きるだろう。続編以降で、日本史の有名人や事件がどのように書き表されるか、今から待ち遠しい。

  • 【ビッグバンから平安まで】世界史を題材に数々のベストセラーを生んだ著者が初めて日本史に挑戦。世界史の中の日本という視点で、分かりやすく面白く解説。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

立命館アジア太平洋大学(APU)学長学校法人立命館副総長・理事ライフネット生命保険株式会社創業者1948年、三重県美杉村(現・津市)生まれ。1972年、京都大学法学部卒業後、日本生命入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年退職。同年、ネットライフ企画(株)を設立し、代表取締役社長に就任。2008年、ライフネット生命保険に社名を変更。12年上場。10年間社長、会長を務める。2018年1月より現職。『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『全世界史(上、下)』(新潮文庫)、『人類5000年史(I~III)』ちくま新書)、『0から学ぶ「日本史」講義(古代篇/中世篇)』(文藝春秋)、『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)など著書多数。

「2020年 『ここにしかない大学 APU学長日記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

出口治明の作品

0から学ぶ「日本史」講義 古代篇を本棚に登録しているひと

ツイートする
×