正しい女たち

著者 :
  • 文藝春秋
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163908533

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正直あまり期待していなかったのだけど、良かった!!
    本当に誰もが話題にしたくないけど,
    最大の関心事が丁寧にいやらしくも率直に描かれていて良かった。
    「正しい姿」なんてのは幻想で本当はないのだろうけど、誰もがそのありもしない「正しい姿」の幻想に囚われている。
    どのお話もチクチクと痛かったり胸をざわつかせるのだけど、なぜか読んでいて幸福だった。
    一番好きなのは「幸福な離婚」。別れを決めたから穏やかに過ごせるのかもだけど、ミヤとイツキには別れて欲しくないなー。
    「偽物のセックス」の主人公が玉木宏に思え、「描かれた若さ」の胸くそ悪い主人公はとろサーモンの久保田に思えてしまった笑

  • 正しい、正しい、正しい(リフレイン)

    文藝春秋のPR
    日常には、空洞になっているものがある

    容姿、セックス、離婚、老い…。みんな本当は興味津々なのに、はっきりとは言葉にしないもの。女性の隠し事の正しい姿を描いた物語。
    http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163908533?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=201805tan

  • 【日常には、空洞になっているものがある】容姿、セックス、離婚、老い…。みんな本当は興味津々なのに、はっきりとは言葉にしないもの。女性の隠し事の正しい姿を描いた物語。

全3件中 1 - 3件を表示

正しい女たちのその他の作品

千早茜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする