【第159回 芥川賞受賞作】送り火

著者 :
  • 文藝春秋
2.86
  • (14)
  • (45)
  • (89)
  • (52)
  • (26)
本棚登録 : 605
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163908731

作品紹介・あらすじ

第159回芥川賞受賞作!

東京から山間の町に引っ越してきた中学三年生の歩。場所に馴染み、生徒数が少ない中学校で、すぐにクラスに溶け込んだはずだった。けれどもその閉鎖的な空間で、驚くべき陰湿ないじめ、暴力が秘められていることを悟る……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 久しぶりに凄い作品だと感じた!やっぱり才能ありますねぇ。前回の高橋さんの作品では若いのによくまあ微細な部分まで知悉した文章が書けるものだなぁと感心したけど、この作品ではガラリと異なる印象を受けた。都会から 転勤の多い家庭の所為で東北の中学校3年に転校してきた主人公が廃校直前の生活に持ち前の人懐こしさで上手く馴染んで、のんびり来るべき次の都会へのUターンする積もりがいきなりの凄惨悲惨な渦中に❗このゆったりした流れと 途端な激しい終章の落差が凄いね。やっぱり並みの作家ではない♪

  • 暴力シーンの迫力ある描写に圧倒されました。
    凄惨で理不尽な暴力を、一切の感情を交えずに、微細に描く。
    時に眼を背けたくなるほどの迫真性を帯びています。
    いや、見事というほかありません。
    東京から青森に越してきた中3の歩が主人公。
    クラスには、リーダー格の晃を筆頭にやんちゃな男の子たちがいます。
    歩はすぐに打ち解けますが、物語はここから不穏さをまとっていきます。
    その不穏さの火元は、男の子たちが興じる遊び。
    不良の先輩たちから受け継いだらしい遊びには常に暴力の影が付きまとい、時にその片鱗を現します。
    物語は単線的に進みますが、読者はこの不穏さに憑りつかれて、ページを繰る手が止まらなくなります。
    そしてラスト。
    ついにその暴力があられもない姿を現し、歩をはじめ登場人物たちを喰うのです。
    もちろん、これは比喩。
    ただ、飼いならしていたはずの暴力が、当の飼い主に襲いかかることもあるのだと。
    私はそのように読みました。
    それにしても、作者の描写力は半端ではありません。
    いくつかインタビューを読んだ限りでは、著者は大学時代の一時期に読書に夢中になった程度とのこと。
    読書量は並以下ではないでしょうか。
    それでも、これだけ豊富な語彙を持ち、言葉を的確に運用できるのですから、これこそまさに天性の才能というものでしょう。
    芥川賞選評で島田雅彦が「言葉にコストを掛けている」と述べていました。
    言い得て妙。
    ショートピース並みのガツンと来る小説を読みたい方は、ぜひ。

  • 救いのない暴力を描き切ったと賞賛された受賞作。

    以下はネタバレあります。

    選考委員で唯一受賞に反対したのが高樹のぶ子氏です。

    その選評では「作者の的確な文章力は、鋭利な彫刻刀として見事に機能している。その彫刻刀が彫りだしたものに、私はいかなる感動も感嘆も覚えず、むしろ優れた彫刻の力を認める故、こんな人間の醜悪な姿をなぜ、と不愉快だった。文学が読者を不快にしてもかまわない。その必要があるかないかだ。読み終わり、目を背けながら、それで何?と呟いた。それで何?の答えが無ければ、この暴力は文学ではなく警察に任せれば良いことになる」

    選考委員の中に普通の感覚を持った人がいたことが唯一の救いですが、それにしてもこの作品が伝えたいメッセージって何だったんだろうという疑問が私にも最後までわかりませんでした。

    堀江敏幸氏は「では、主人公の受難と陰惨な場面の先に何があるのか。それを問うことは、この作品においてあまり意味がない。異界のなかで索敵を終えた主人公の、血みどろになって遠のいていく意識の中で、シャンシン、シャンシンというチャッパの音を聴きとることができれば、それでいいのだ」と都合よく賛美しています。

    小川洋子氏に至っては、「(納屋で見つかった木槌に彫られていた言葉)豊かな沈黙という一言が本作についてのすべてを語っているといっていい。語り手の視線には豊かな沈黙が満ちている。あらかじめ用意された言葉ではなく、純粋な無言によって世界があぶりだされていく。ラストの暴力シーンでさえ、奥底に沈む沈黙の方がより明らかな響きを持っている。言葉を発することと無言でいることが、この小説では矛盾しない。作者の言葉は、言葉の届かない場所へ読者を運ぶ。そこは小説でしかたどり着けない場所なのだ」と自己流の勝手な発見に喜んでいる始末。

    そもそもラストシーンでの、なぜいじめっ子ではなく主人公に殺意を抱いていたのかという肝心な説明さえ省略されているのでは、言葉の届かない無意味な場所に読者は右往左往するばかり。

    小説がどんなメッセージを読者に伝えたいのかという最低限の務めを放棄したら、それは「散文」であって「小説」ではないと思う。

    いつから芥川賞は、選考委員の思い入れだけで起承転結のない小説の方をより評価するようになったのだろう?

    これ以上、芥川賞を貶めないためにも、選考委員の総入れ替えも検討してほしいものです。

  • 芥川賞受賞おめでとうございます!
    読み進めてすぐに、その不穏な空気感と緻密な情景描写に惹きつけられました。
    高橋弘希さんは小説執筆のとき、まず鮮明な映像が頭に浮かびそれをただ文字に起こしていく、っておっしゃっているのを聞いてたので「作者本人と同じ景色をみている」という感慨が強かった。

    東京から青森にひっこしてきた中学3年生の歩。これまでに何度も転校してきたが、今回は過疎により次年度での廃校がきまっている中学校で、最後の卒業生となる学年だった。
    クラスにはリーダー格の晃がおり、燕雀(えんじゃん)という花札のようなゲームで負けた者が罰を受けるという遊びがあった。
    歩は持ち前の処世術でそれらを切り抜けるが、標的になるのはいつもどんくさい稔であることに気付く。
    夏休み、集落の"習わし"が行われるその日、グループのみんなでカラオケに出かけようと誘われた歩だったが、連れていかれたのは、暗い森の中を進んだ先にある錆びたトタン小屋で……。

    圧倒的なほどの暴力。読み終えて動悸がしていた。
    意識が朧ろで生死の境をさまよっているようなラストのつくりかたは「指の骨」を思い出した。好き。
    トタン小屋の数日前、晃と歩が銭湯でバッタリ会ってそのまま川沿いの道を村外れまで散歩するシーンもやけに印象に焼き付いている。
    まさに孵化せんとしている蝉の幼虫。エメラルド色の柔らかな薄翅。静止。二つの小豆色の複眼。晃の変貌。
    たまらなく純文学!でした。

  • 第159回芥川賞受賞作。転勤族の父、青森に引っ越してきた中学3年生、歩。ひたひたと感じる悪、最後に圧倒的な暴力。青森の風景、数少ないクラスメートとのやりとり、遊び、文化、無駄なく、緊張を孕んででよく書かれている。読んでて決して気持ちの良いものではないけれど流れは素晴らしい。緊張感持続で読了。純文学だねえ。

  • 芥川賞とは相性悪し。

    田舎に転校した中学生と、そのクラスメイトがする結構危ない遊びの話。
    ちょっと暴力的で最後もやり過ぎ感があった。

    正直、何を表現したいのかさっぱりわからず、ほぼ読み飛ばし。
    全く面白くない。

    こういう本に賞をあげるから、読者が減るんだよなー。

    あまり読む価値はないと思います。

  • 美しい田園風景や、昔話の中から出て来たかのような老人、四季の移ろいと
    日本の故郷を絵に描いたような美しい描写が続く。
    東京からそんな土地へと転校をした主人公は、
    新しい生活にもすぐ馴染み、学校でも居場所を見つけることができた。
    しかし読み進める心の中にはどんどん不安が広がっていく。
    途中からは漂う不穏な空気で、息苦しささえ感じるくらいに。

    中学生男子特有の危機的な心理状態と
    決して綺麗ごとでは済まされない閉鎖された過疎の村の実態。
    一時の田舎暮らしをうまくこなしている主人公の
    人付き合いの旨さと、鳥瞰的な視点。
    まるで無関係と思われたその二つが、実は一枚のコインの裏表であったことを理解した頃には
    もう事態は取り返しのつかないことになっている。
    油断も隙も救いもない物語なのである。

  • 何者も人生の傍観者ではいられない

  • 芥川賞ってこんなに面白かったんだ
    スコップで顔を叩いた部分だけ泥が落ちて化粧みたいだった
    的な描写、実際に見た経験なしで書いてたとしたらマジで信じられない
    実際に見ていたとしても信じられない
    凄すぎる

  • ちょっと意味がわからなかった。
    一人称でありながらどこか他人事のように田舎の観察描写がひたすら続く。それはそれはひたすら続く。もういい加減いいんじゃない?と言いたくなるほどひたすら続く。のどかな田舎の風景にも見えるし、閉じた社会の閉塞感にも見える。
    たった6人の男子中学生の関係性は理解不能で、晃も理解不能なら稔も理解不能。
    そして追い打ちをかけるかのような終盤の急展開もまったくもって理解不能。
    これは日常の脆弱性を描いたつもりなのか??
    頑張って最後まで読んだものの、全然意味がわからなかった。

全139件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

「指の骨」で新潮新人賞を受賞しデビュー。若手作家の描いた現代の「野火」として注目を集める。同作にて芥川賞候補、三島賞候補。「日曜日の人々(サンデー・ピープル)」で野間文芸新人賞受賞、「送り火」で芥川賞受賞。

「2019年 『日曜日の人々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋弘希の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
宮下奈都
伊坂 幸太郎
柚木麻子
三浦 しをん
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

【第159回 芥川賞受賞作】送り火を本棚に登録しているひと

ツイートする
×