あなたがひとりで生きていく時に知っておいてほしいこと ひとり暮らしの智恵と技術

著者 :
  • 文藝春秋
3.25
  • (3)
  • (3)
  • (10)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 119
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163909585

作品紹介・あらすじ

生涯に渡り「自立」の大切さを訴え、不慮の事故で急逝した著者が最後に我が子にむけて綴った「ひとり暮らし」のバイブル 2000年の『「捨てる!」技術』(宝島社)のミリオンセラーでシンプルライフブームの先駆けとなり、多くの女性に影響を与えてきた辰巳渚さん。 本書は、辰巳さんのご子息が大学に入学し、地方でひとり暮らしを始められるにあたって、“親から子へと伝えたいひとり暮らしの心構えとノウハウ”をまとめられたもので、2017年の夏から2018年の春にかけて執筆されました。 ところが、お原稿も完成間近の2018年6月26日、辰巳渚さんは不慮の事故のため、52歳の若さで帰らぬ人となられました。 まるで、ご自身の運命を予期されていたかのようなタイミングで書かれた本書は、はからずも、彼女が生涯に渡って訴え続けた「自立すること」や「家事」への想いやノウハウを、遺された息子さんと娘さん、そして多くの次世代の読者に伝える集大成ともいえる遺作となりました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はじめに――自立して生きていくあなたに第1章 はじめの3週間 あなたが生き延びるために必要なこと◆あなたを支える「食」について◆心と身体を休められるようにすること◆身なりを清潔に保つということ◆健康を保つということ◆お金を管理するということ◆安全に暮らすということ第2章 つぎの3か月 生活に慣れてきたら始めてほしいこと◆家事のパターンについて◆時間のパターンについて◆お金のパターンについて◆近所付き合いのパターンについて第3章 これからの6か月 季節や環境に合わせて暮らすということ◆季節の変化に合わせた部屋のしつらえ◆冬の家事で注意したいこと◆日本の季節の行事を楽しむ暮らし◆生活環境について検討する最終章 1年経ったら 生活しながら未来に向かって生きていくあとがき――母・辰巳渚のこと 長男・加藤寅彦・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひとり暮らしの知恵と技術を期間を区切って解説


    はじめの3週間
    つぎの3か月
    これからの6か月
    1年経ったら

    自立とは
    1生活の流れを意識すること
    2他者を頼りにできること
    3親が守り、子が守られていた関係が変わること


    はじめの3週間
    あなたが生き延びるために必要なこと

    心と身体を休める
    身なりを清潔に保つ
    健康を保つ
    お金を管理
    安全に暮らす

    つぎの3か月
    生活に慣れたら始めてほしいこと
    家事のパターン
    時間のパターン
    お金のパターン
    近所付き合いのパターン

    これからの6か月
    季節や環境に合わせて暮らすということ
    季節の変化に合わせた部屋のしつらえ
    冬の家事の注意
    日本の季節を楽しむ暮らし
    生活環境について検討する

    1年経ったら
    生活しながら未来に向かって生きていく

    あとがきは、辰巳さんの息子さん、これは泣ける




  • 良い本だと思いました。辰巳さんの本は何冊か今までも読んできましたが、語りに、若い方、お子さんへの愛が感じられます。もっと厳しい、完ぺきを求める内容を想像していましたが、口うるさいと感じられ、本を閉じられては意味がないという、母の経験値も感じられると言うか、それでも伝えたいことを優しく説いてくれています。辰巳さんの本で一番好きになりました。寂しいです。いつか子どもたちが独り立ちする時にはそっと勧めたい本です、それまでの間には、参考にして子育てしていきたいです。

  • 辰巳渚さん、「捨てる技術」、あまりにも有名ですね。1965.11.27に生まれ、2018.6.26バイク事故で急逝、享年52。「あなたがひとりで生きていく時に知っておいてほしいこと」、2019.1発行です。2017年の夏から執筆を始めた作品、長男の加藤寅彦氏が大学に入学し、一人暮らしを始めてちょうど3ヶ月の時期だったそうです。自立して生きるための知識や技術、それが「はじめの3週間」「次の3ヶ月」「これからの半年」「1年経ったら」の4つの章立てでまとめられています。遺作です。

  • この本は、親元を離れて初めてのひとり暮らしをしている若者に贈りたい本です。

    なぜなら、その経験がない方には全く響かない本だからです。

    でも、初めてひとり暮らしをし、ひとり暮らしの楽しさも寂しさも同時に知った時、この本はそんなあなたの気持ちに寄り添ってくれます。


    ひとり暮らしをする上で、必要な知識の乗っているノウハウ本のようでいて、
    その語り口はときに厳しくときに優しく
    こどもの自立を応援する「母親」そのものです。

    あとがきで息子さんが語られていますが、
    著者の辰巳さんはこの本をほぼ執筆後、
    不慮の事故で永眠されました。

    辰巳さんが息子さんに
    本という形で最期に伝えた
    愛情がつまっています。

    読み終えて、ちょっと涙ぐんでしまいました。


    私はこどもがひとり暮らしをするときには
    この本を持たせたいと思います。

    困ったり
    寂しくなったり
    でも、親には頼りたくない、
    そんな複雑な心境なときに
    この本を開いて欲しいです。

  • ちょっと泣けた。

  • 「捨てる!技術」の辰巳渚さんが亡くなっていたとこの本で知りました。ムスコとムスメが一人暮らしを始めるとき、この本を渡したいと思います。辰巳渚さんの息子さんに向けた愛がたくさん詰まった本でした。ご冥福をお祈りします。

  • 自立することは周囲のありがたさや大切さを感じることなのだ

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

一般社団法人生活哲学学会代表理事

「2017年 『女子力アッププリンセスマナーレッスン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あなたがひとりで生きていく時に知っておいてほしいこと ひとり暮らしの智恵と技術のその他の作品

辰巳渚の作品

あなたがひとりで生きていく時に知っておいてほしいこと ひとり暮らしの智恵と技術を本棚に登録しているひと

ツイートする