こんな家に住んできた 17人の越境者たち

著者 :
  • 文藝春秋
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163909714

作品紹介・あらすじ

自らの「家」について語ることは、「人生」そのものを語ることだ。あなたはどんな家に住んできましたか――?作家、詩人、医師、研究者、音楽家、レーシングドライバー……彼らはなぜあらゆる境界を乗り越え続けられるのか。道なき曠野を切り拓いてきた17人が家の来歴を通して語る、生き方の極意。「彼らは自身を取り巻く境界や、そうあるべきとされる社会の常識を軽やかに乗り越え、ときには徒手空拳で新たな町や国に飛び出していきます。その姿の一つひとつは、どんな時代にもある生きづらさや閉塞感を突破するヒントにもなるはずです。」(まえがきより)●水俣で 石牟礼道子(作家) 魂のひっとんだ子●物語が生まれるとき 角野栄子(児童文学作家) 玄関を飛び出して 東山彰良(作家) いつか祖父のように●新宿に流れ着いて リービ英雄(作家) 日本語を書く部屋 佐々木美智子(新宿ゴールデン街バーのママ) 屋台を引いた日々●アメリカから日本へ マーティ・フリードマン(ミュージシャン) 輝いていたJポップ アーサー・ビナード(詩人、エッセイスト) 日本語に導かれて●人生の原点 ベニシア・スタンリー・スミス(ハーブ研究家) 京都の古民家 高中正義(ミュージシャン) 雀荘とバハマ 鷺巣詩郎(作編曲家) 父のスタジオで●ヨーロッパへ 田中未知(作曲家) ここが約束の地 原田哲也(元オートバイレーサー) モナコの海の見える家 井原慶子(レーシングドライバー) セナが住んでいた部屋●崩壊する国で 金平茂紀(キャスター) テレビの力を信じたい 中村哲(医師、ペシャワール会現地代表) 蝶を追いかけて●科学のフロンティア 江崎玲於奈(物理学者) エジソンになりたい 利根川進(生物学者) 研究者の本来の姿

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この家があったから
    こんな人生になってきた
    というよりも
    こんな人生を送ってきたから
    この家は
    こんな意味があったのだ
    に読み取れました

    どの「人」にも
    いえることだけれど
    「逆境」とか「マイナス」を
    きちんととらえて
    それを「好機」、「チャンス」に
    変えてしまう
    その着想、エネルギーに圧倒されてしまう

    稲泉さんの
    聞き取り方が素晴らしい

  • 280

全4件中 1 - 4件を表示

こんな家に住んできた 17人の越境者たちのその他の作品

稲泉連の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
村田 沙耶香
塩田 武士
佐藤 雅彦
エラ・フランシス...
恩田 陸
今村夏子
佐藤 正午
トーン テレヘン
夏目漱石
植本 一子
武田砂鉄
新保 信長
中島 京子
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする