世にも危険な医療の世界史

制作 : 福井 久美子 
  • 文藝春秋
3.60
  • (5)
  • (17)
  • (9)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 450
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (427ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163910178

作品紹介・あらすじ

◆先生、本当にこれで治るんですか?◆生まれる時代が違ったら、あなたも受けていたかもしれない――。科学を知らない人類が試みた、ぞっとする医療の数々!・リンカーン……水銀入りの頭痛薬を服用、重金属中毒になって症状はさらに悪化・ダーウィン……強壮剤としてヒ素を飲み続け、肌が浅黒くなるもやめられない・ヒトラー……猛毒ストリキニーネでできた整腸剤を9年間服用し、危うく致死量に・エジソン……コカイン入りワインを愛し、ハイになりながら徹夜で実験を重ねる・モーツァルト……体調不良の最中2リットルもの血を抜かれ意識喪失、翌日死亡・ルイ14世……生涯に2000回も浣腸を行ない、フランスに浣腸ブームをもたらす現代医療を生み出した試行錯誤、その〝危険な〟全歴史!【目次】■第一部 元素第1章 水銀――始皇帝に愛された秘薬第2章 アンチモン――嘔吐で強制デトックス第3章 ヒ素――パンにつけて召し上がれ第4章 金――輝かしい性病治療第5章 ラジウムとラドン――健康〝被曝〟飲料ブームトンデモ医療1 女性の健康編■第二部 植物と土第6章 アヘン――子どもの夜泣きはこれで解決第7章 ストリキニーネ――ヒトラーの常備薬第8章 タバコ――吸ってはならない浣腸パイプ第9章 コカイン――欧州を席巻したエナジードリンク第10章 アルコール――妊婦の静脈にブランデーを注射第11章 土――死刑囚が挑んだ土食実験トンデモ医療2 解毒剤編■第三部 器具第12章 瀉血――モーツァルトは2リットル抜かれた第13章 ロボトミー――史上最悪のノーベル賞第14章 焼灼法――皮膚を強火であぶる医師第15章 浣腸――エジプト王に仕えた「肛門の守り人」第16章 水治療法――それは拷問か、矯正か第17章 外科手術――1度の手術で3人殺した名医第18章 麻酔――一か八か吸ってみたトンデモ医療3 男性の健康編■第四部 動物第19章 ヒル――300本の歯で臓器をガブリ第20章 食人――剣闘士の生レバー第21章 動物の身体――ヤギの睾丸を移植した男たち第22章 セックス――18キロの医療用バイブレーター第23章 断食――飢餓ハイツへようこそトンデモ医療4 ダイエット編■第五部 神秘的な力第24章 電気――内臓を刺激する感電風呂第25章 動物磁気――詐欺医師が放ったハンドパワー第26章 光――光線セラピーで何が起きるか?第27章 ラジオニクス――個人情報ダダ漏れの〝体内周波数〟第28章 ローヤルタッチ――ルイ9世の白骨化した腕トンデモ医療5 目の健康編トンデモ医療6 がん治療編

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実にスリリングな歴史ノンフィクション。歴史上実際にあったトンデモ治療をタイプ別にまとめている。これで病気が治る、と信じた昔の人たちは、ラジウム飲料を飲み、血液をバクバク抜き、ペスト治療として粘土を食べ、精力をつけるためにヤギの睾丸を陰嚢に埋め込んだ。笑いながら読み進められる(文章と翻訳も実に面白いのだ)のだが、やがて笑えなくなる。現代の治療だっていずれ否定されるのかも、と思うと恐ろしくなってくるのだ。精神病治療として脳にメスを入れたロボトミー手術だって、つい最近まで普通に行われ、その提唱者がノーベル賞を受章しているのだから。

  • 事実自体興味深いし、著者のユーモアのセンスもよくて、面白く読めるのだが、一気読みしようとすると気持ち悪くなるので少しずつ読み進めることをオススメします。

    とんでもない治療を施す者は医者とも限らず、盲信や無知からくるものならまだしも、金儲け目当ての詐欺も多く、その時代にいきていた患者の苦しみは如何許りかと。
    殺人と病死の境がこれだけ曖昧だと、ミステリーとかいう以前の問題。いや、怖いです。痛そうだし。

    後半はいささか失速、というかネタ切れかな。

  • タイトル通り、なぜこんなことがと思える、危険でおぞましい医療行為の数々。
    中にはあからさまな詐欺によるものもあるが、その多くは科学とはかけ離れた思い込みや無知によるもの。現代でも誤った治療があるだろうが、このような犠牲の上に今の医療があることに感謝せざるを得ない。
    本を閉じなくなるような悲惨で気味の悪い事例が続くが、著者のちょっとしたユーモアに救われる。

  • とても面白かった。すごく好みで読みやすかった。
    インチキ医療から、当時の医者たちが本気で患者を治そうと試行錯誤(人体実験的な)を繰り返した結果のえげつない治療方法まで。色々な「危険な」医療の歴史を紹介してくれる。
    インチキ医療だけ、昔のトンチキな治療法だけと限定せずにどちらもほどよい(ブラックな)ユーモアを交えた紹介で読みやすくてとても楽しい。
    本気にせよ金儲け目当てのインチキにせよ、現代の医療行為を受けられることに感謝すること間違いなしの一冊。

  • ふむ

  • 医学史におけるインチキな治療法について書いてある本。麻酔のある現代に生まれて良かった。

  • 誰もが病気になる。
    しかし病気にはなりたくない。
    だから新しい治療法が発見されればそれを試したいと思うし、効くと言われれば試したくなるのが人間の性だ。

    現代の私たちは、本書を読んで過去に生まれなくてよかったと思うに違いない。
    なぜなら本書に扱われている医療行為は、医療行為とは思えないものばかりだからだ。
    とは言え、私たちが受けている治療法も、あと50年後、100年後にはとんでもない治療法だと言われるかもしれないが。

    子供の夜泣きにはいつもゲンナリさせられる。
    ちゃんと寝てくれればいいのに!
    それは過去であっても同じこと。
    さぁ、そんなうるさい子供を黙らせるためにはどうする? 
    100年前ならこうした。
    鎮静シロップ万能薬!テッテレー
    子供に飲ませる、その原材料はモルヒネ、アヘン。
    親たちは、あの騒々しい子供たちの鳴き声から永遠に解放されるのだ!
    なぜなら、二度と子供たちは目覚めないから。

     今でもたまに酸素水・水素水なる若干怪しげな水が売られている。
    それは200年前も同じ。
    どんな病も治す、泥水!テッテレー
    いやいや、おかしいでしょ。
    200年前のことでしょと笑っているあなた方!
    なんと1992年には飲水療法としてベストセラーになっている。
    痛みを伴う多くの変性疾患アレルギー高血圧肥満さらにはうつ病まで治る!
    そんな怪しげな療法について筆者は、水から酸素を抽出する事は人間にはできないと断言する。
    それでも酸素をもっと取り込みたい人のために簡単な方法を本書では紹介している。
    それは、深呼吸。

    他にも発汗ダイエットや断食療法その他関連風呂などとんでもない治療法ばかりが載っている。
    実は人間は今でも大して変わっていないのではないだろうか。
    今までの医療に対して全く効果がないと思い込んでしまえば、民間療法や怪しげなカルト宗教に簡単にはまってしまう。
    本書を笑い話として読むのではなくて、理性を保つこと焦らないこと、インターネットの書かれていることを安易に信じ込まないこと、それが大事なのではないだろうか。
    しかしそうはいっても自分自身が不治の病におかされてしまったら、簡単にこういった怪しげな情報に引っかかってしまうかもしれない。
    危険な医療を妄信することは、誰もがあり得ることなのだ。

  • これは面白かった。医療の現在がいかに多くの屍を乗り越えてきているかということがよくわかるし、いつの時代にもトンデモ医療が人々の希望につけこむ形で流行し多くの命を奪ってきたという事実もわかる。現在の医療を享受するにもこれらの事実を知る必要があるし享受しないという選択はこれらの犠牲になった人たちへの非礼にあたる。

  • Twitterで大きな話題に!引き寄せられる帯!
    かつて「常識」だった偽医療の歴史を探る、
    私たちの知性にも反省を投げかける一冊!

全19件中 1 - 10件を表示

世にも危険な医療の世界史のその他の作品

世にも危険な医療の世界史 (文春e-book) Kindle版 世にも危険な医療の世界史 (文春e-book) リディア・ケイン

リディア・ケインの作品

世にも危険な医療の世界史を本棚に登録しているひと

ツイートする